和のデザイン(その3)

| トラックバック(0)
  

ようやく暑かった今年の夏も峠を越したようです。
今回は初夏から盛夏にかけてのデザインをご紹介いたします。
このほかにも和のデザインは少し「季節を先取る」ことが粋(いき)だとされますので
秋草など初秋のモチーフを涼しげにデザインすることもよくあります。

▼ 藤  オリジナル和紙(生成色)にスクリーン印刷



▼ 笹舟  オリジナル和紙(水浅葱色)にスクリーン印刷



▼ 胡蝶蘭  オリジナル和紙(生成色にベタ1色)にスクリーン印刷



▼ 白鷺(しらさぎ)  オリジナル和紙(水浅葱色)にスクリーン印刷



▼ 葡萄  オリジナル和紙(すみれ色)にスクリーン印刷




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.karafuneya.com/mt5/mt-tb.cgi/260

からふね屋

株式会社からふね屋は大正10年創業の印刷会社です。

からふね屋が運営している「紙と印刷」製品のショップです。

からふね屋の自費出版部門です。

1本からオリジナル扇子をつくることができます

アーカイブ

プロフィール

堀尾武史
株式会社からふね屋 代表取締役

昭和36年生まれの丑年
京都生まれ京都育ちの印刷屋四代目社長。
小学1年から大学4年まで剣道にひたすら明け暮れ、一応各年代で全国大会には出場、入賞なども果たす。
同志社大学卒業と同時に親戚の印刷会社で修行、ここで大いにしごかれ現在に至る。
自社にあった活版印刷から写植、フィルム時代を経て現在のDTPまでひと通り印刷については経験、美しい印刷を愛す。
趣味はお酒とアート鑑賞、読書、音楽(JAZZ・ROCK・POP・REGGAE・CLASSICなどオールランド)、TV鑑賞(ガイアの夜明け・カンブリア宮殿・たけしアートビートなどがお気に入り)、ウォーキング。