和のデザイン(その4)

| トラックバック(0)
  

今年もいつまでも暑さが続き、一向に秋の気配がみえませんね。
最近は気候も極端から極端へ移っていくようで、なんだか趣(おもむき)が感じづらくなってきました。
本来であれば季節は穏やかに巡ってゆき、私たち日本人は草花の移り変わりや、空の高さや雲の形、吹く風の感触や虫の音などほんの些細なことから、五感で秋の訪れを感じ取り、風雅を楽しんできました。
今回は、そんな初秋の彩りを写したデザインをご紹介いたします。

▼ なでしこ  オリジナル和紙(ふじ色)にスクリーン印刷



▼ 扇面に月と時鳥草(ほととぎす)  オリジナル和紙(柿渋色)にスクリーン印刷



▼ 雪輪に萩  オリジナル和紙(百緑色)にスクリーン印刷



▼ 花かご  オリジナル和紙(あんず色)にスクリーン印刷



▼ すすき  オリジナル和紙(もも色)にスクリーン印刷



▼ 虫かご  オリジナル和紙(やまぶき色)にスクリーン印刷



▼ 松虫草  オリジナル和紙(あんず色)にスクリーン印刷



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.karafuneya.com/mt5/mt-tb.cgi/262

からふね屋

株式会社からふね屋は大正10年創業の印刷会社です。

からふね屋が運営している「紙と印刷」製品のショップです。

からふね屋の自費出版部門です。

1本からオリジナル扇子をつくることができます

アーカイブ

プロフィール

堀尾武史
株式会社からふね屋 代表取締役

昭和36年生まれの丑年
京都生まれ京都育ちの印刷屋四代目社長。
小学1年から大学4年まで剣道にひたすら明け暮れ、一応各年代で全国大会には出場、入賞なども果たす。
同志社大学卒業と同時に親戚の印刷会社で修行、ここで大いにしごかれ現在に至る。
自社にあった活版印刷から写植、フィルム時代を経て現在のDTPまでひと通り印刷については経験、美しい印刷を愛す。
趣味はお酒とアート鑑賞、読書、音楽(JAZZ・ROCK・POP・REGGAE・CLASSICなどオールランド)、TV鑑賞(ガイアの夜明け・カンブリア宮殿・たけしアートビートなどがお気に入り)、ウォーキング。