【ゆあぶっく】第14回笠井季美個展「顔彩で描く心の彩」

| トラックバック(0)
  
4月12日(火)から弊社にほど近い神宮道の仁王門を下がったところにあるギャラリー唯さんで第14回笠井季美(すえみ)個展「顔彩で描く心の彩(こころのいろ)」が開かれます。

kasai_DM.jpg
 〈クリックで拡大できます〉


平成8年からほぼ毎年1回個展を開催されている笠井さんですが、昨年からご縁が生まれ、弊社で印刷をご発注いただいています。
今回も個展の案内はがきや絵はがきセットをご注文いただいたほか、笠井さん自身2冊目となる画集も、この個展に間に合わせて制作させていただきました。
それぞれの絵の題材となった対象物への笠井さんのやさしく温かな眼差しや想いが感じられる素敵な作品集に仕上がりましたので、ここでご紹介させていただきます。

kasai_book_0002.jpg
 【笠井季美画集 心の彩Ⅱ】

  A4横型 本文104P オールカラー 並製アジロ綴じ製本

  ■表紙:レザック80つむぎ うすずみ
  ■見返:タントP-50
  ■本文:ケナフGA100


笠井さんの作品は俳画からスタートされた顔彩を用いた淡彩画で、輪郭線をほとんど用いず、彩色によってフォルムを表現されており、ぼかしやにじみ、かすれが大きな魅力なので、今回はできるだけそれらの再現に注意して制作させていただきました。

また紙質も原画の和紙のイメージにできるだけ近くということでケナフGA100という非木材系のエコペーパーを用いましたが、この紙は嵩高で独特の温かみがあり、笠井さんの作品の雰囲気とよくマッチしたと思います。


kasai_book_0001.jpg

kasai_book_0003.jpg

kasai_book_0004.jpg

kasai_book_0005.jpg

kasai_book_0006.jpg

kasai_book_0007.jpg

kasai_book_0008.jpg

kasai_book_0009.jpg

この画集は個展期間中、会場でお求めになれます。

また展示される作品も販売するのですが、今回は売上の一部を東日本大震災のチャリティーにされるとお聞きしています。
ちょうど岡崎公園の桜も見頃を迎えています。散策がてらにでも、是非この機会に足をお運びください。

関連エントリー

【ゆあぶっく】あなたの「本」、つくります。

【ゆあぶっく】facebookページ開設

【ゆあぶっく】本のよもやま話 その1「本のサイズ」

【ゆあぶっく】本のよもやま話 その2「製本」

【ゆあぶっく】本のよもやま話その4 5月25日「納本制度の日」

自費出版作品集 セミオーダー価格表その1

自費出版作品集 セミオーダー価格表その2

自費出版作品集 セミオーダー価格表その3

自費出版作品集 セミオーダー価格表その4

オリジナル写真集・画集製作の流れ

自費出版Q&A

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.karafuneya.com/mt5/mt-tb.cgi/523

からふね屋

株式会社からふね屋は大正10年創業の印刷会社です。

からふね屋が運営している「紙と印刷」製品のショップです。

からふね屋の自費出版部門です。

1本からオリジナル扇子をつくることができます

アーカイブ

プロフィール

堀尾武史
株式会社からふね屋 代表取締役

昭和36年生まれの丑年
京都生まれ京都育ちの印刷屋四代目社長。
小学1年から大学4年まで剣道にひたすら明け暮れ、一応各年代で全国大会には出場、入賞なども果たす。
同志社大学卒業と同時に親戚の印刷会社で修行、ここで大いにしごかれ現在に至る。
自社にあった活版印刷から写植、フィルム時代を経て現在のDTPまでひと通り印刷については経験、美しい印刷を愛す。
趣味はお酒とアート鑑賞、読書、音楽(JAZZ・ROCK・POP・REGGAE・CLASSICなどオールランド)、TV鑑賞(ガイアの夜明け・カンブリア宮殿・たけしアートビートなどがお気に入り)、ウォーキング。