【制作実績紹介】京都青果合同株式会社 粗品用扇子

| トラックバック(0)
  
kyoka-sensu02.jpg

季節は秋になってもいつもでも暑い日が続くかと思えば、いきなり肌寒くなったりと相変わらず最近の気候は不安定ですが、おかげさまでオリジナル扇子製作のご注文は、秋に入ってもコンスタントにいただいています。

今回の実績紹介は、京都市中央卸売市場で中心的役割を担っておられる京都青果合同株式会社様からご発注いただいた、来客の方への粗品用としてお使いになられる扇子です。

京都青果合同様からの扇子のご注文はこれで3回目で、毎回デザインをご相談しながら製作しているのですが、今回はデザインも含めクライアント様のほうでご用意され、レイアウトデータをご支給いただきました。

kyoka-sensu01.jpg

図柄の印刷方式は、ご発注数がある程度まとまった数量でしたので、コスト面から判断して、小ロット向けのオンデマンド印刷ではなく、オフセット印刷で対応しました。

kyoka-sensu03.jpg

また、粗品用としてご利用されるということでしたので、箱に入れ、名入りののし紙を巻き、包装紙で梱包した状態で納品いたしました。


仕様
サイズ:7寸5分/35間
扇面:オフセット印刷 (表面プロセス4色/裏面特色1色)
扇骨:白木

製作
デザイン:京都青果合同株式会社
京野菜イラスト提供:公益社団法人京のふるさと産品協会
印刷・扇子加工管理:株式会社からふね屋

関連エントリー
デザイン扇子入稿マニュアル
オリジナル扇子入稿用テンプレート
【制作実績紹介】「立春」色紙
【制作実績紹介】両面印刷オリジナル扇子
【制作実績紹介】サントリー様「山崎京扇子」
オンデマンドで、オリジナル扇子を1本から【価格・仕様編】
オンデマンドで、オリジナル扇子を1本から
扇子について
オンデマンド扇子 【制作実績part1】
【製作実績紹介】丸久小山園様 茶席用扇子
オンデマンド扇子 【制作実績part1】

オリジナル豆うちわを作ろう!
千鳥型うちわ オーダーメイドの手引き

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.karafuneya.com/mt5/mt-tb.cgi/824

からふね屋

株式会社からふね屋は大正10年創業の印刷会社です。

からふね屋が運営している「紙と印刷」製品のショップです。

からふね屋の自費出版部門です。

1本からオリジナル扇子をつくることができます

アーカイブ

プロフィール

堀尾武史
株式会社からふね屋 代表取締役

昭和36年生まれの丑年
京都生まれ京都育ちの印刷屋四代目社長。
小学1年から大学4年まで剣道にひたすら明け暮れ、一応各年代で全国大会には出場、入賞なども果たす。
同志社大学卒業と同時に親戚の印刷会社で修行、ここで大いにしごかれ現在に至る。
自社にあった活版印刷から写植、フィルム時代を経て現在のDTPまでひと通り印刷については経験、美しい印刷を愛す。
趣味はお酒とアート鑑賞、読書、音楽(JAZZ・ROCK・POP・REGGAE・CLASSICなどオールランド)、TV鑑賞(ガイアの夜明け・カンブリア宮殿・たけしアートビートなどがお気に入り)、ウォーキング。