【制作実績紹介】築地玉寿司様 豆うちわ

| トラックバック(0)
  
tamazusi-uchiwa03.jpg

季節は晩秋から初冬へ差し掛かったところですが、意外と季節を問わずオリジナル製作の扇子やうちわのご注文をよく頂いています。

今回ご紹介する築地玉寿司様から頂いたオリジナル豆うちわのご注文も少し前の話になりますが、お盆前後あたりの時期のご注文で、秋口に入ってからの納品でした。

tamazusi-uchiwa02.jpg

今回は両面カラー印刷の豆うちわを2種類製作のご依頼をいただきました。

ちなみに豆うちわの場合は、下記のように6丁付で印刷をしますので、1回の製作ロットで、2種類、3種類、6種類のデザインを同時に製作することも可能です。(但し数量は均等になります)

tenplate-6_02.jpg ※6種付合せ例

また、紙質はあまりつるつるしていなくてどちらかと言えば和っぽいイメージだけど商品の写真やイラストの発色が良い物をご希望でしたので、弊社のオンデマンド用常備在庫用紙のなかから今回はヴァンヌーボをお薦めしてご採用いただきましたが、デザインの白場を生かしたものでしたので、上品な紙質と相まってピッタリの選択だったと思います。

柄は、これも下記のように2種類用意している材質の中から溜塗(竹)をお選びになりました。

130-mame-01-01.jpg←溜塗(竹)130-mame-03-01.jpg←杉


-------------------------------------------------------------------
仕様
サイズ:約185×115mm(柄部分含む)
印刷:オンデマンドカラー印刷 (両面プロセス4色)
加工:合紙・トムソン型抜・団扇仕立
柄 :溜塗(竹)

製作
デザイン:クライアント支給(テンプレートデータ使用)
印刷・団扇加工管理:株式会社からふね屋
-------------------------------------------------------------------


なお、豆うちわのオリジナル製作についての価格については下記をご参照ください。
また、表記以外の数量につきましては、お問合せください。

  片面印刷 両面印刷
600本 200円 230円
1200本 180円 200円
1800本 170円 185円

※上記の金額は豆うちわ1本あたりの価格(単価)で、消費税は含まれていません。
※上記の金額はテンプレートを使用したデータ入稿の場合の価格です。
 弊社にてデザインやレイアウトを別途有料で請け負うこともできます。
※送料は別途頂戴いたします。(北海道・沖縄以外は700円+消費税)

別途オプションにて透明ビニール封筒にセットして納品も可能です。
この封筒セットを直接ポストに投函して郵便で送ることができます。(切手代80〜90円)

mameuchiwa2013-01.jpg mameuchiwa2013-02.jpg
ビニール封筒+和紙+台紙(セット費含む)
@30円+消費税
(左画像のラベルは含まれません)

納期は、データ入稿後、約1ヶ月頂戴しています。
特に4〜8月の繁忙期はうちわの製作工程が非常に混み合いますのでお早めにご注文いただくことをお薦めいたします。

その他不明な点など、くわしくは下記までお問合わせください。

f0111623_15221954.gif
電話      075-761-1166  
FAX       075-771-8539

関連エントリー
デザイン扇子入稿マニュアル
オリジナル扇子入稿用テンプレート
【制作実績紹介】「立春」色紙
【制作実績紹介】両面印刷オリジナル扇子
【制作実績紹介】サントリー様「山崎京扇子」
オンデマンドで、オリジナル扇子を1本から【価格・仕様編】
オンデマンドで、オリジナル扇子を1本から
扇子について
オンデマンド扇子 【制作実績part1】
【製作実績紹介】丸久小山園様 茶席用扇子
オンデマンド扇子 【制作実績part1】

オリジナル豆うちわを作ろう!
千鳥型うちわ オーダーメイドの手引き

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.karafuneya.com/mt5/mt-tb.cgi/832

からふね屋

株式会社からふね屋は大正10年創業の印刷会社です。

からふね屋が運営している「紙と印刷」製品のショップです。

からふね屋の自費出版部門です。

1本からオリジナル扇子をつくることができます

アーカイブ

プロフィール

堀尾武史
株式会社からふね屋 代表取締役

昭和36年生まれの丑年
京都生まれ京都育ちの印刷屋四代目社長。
小学1年から大学4年まで剣道にひたすら明け暮れ、一応各年代で全国大会には出場、入賞なども果たす。
同志社大学卒業と同時に親戚の印刷会社で修行、ここで大いにしごかれ現在に至る。
自社にあった活版印刷から写植、フィルム時代を経て現在のDTPまでひと通り印刷については経験、美しい印刷を愛す。
趣味はお酒とアート鑑賞、読書、音楽(JAZZ・ROCK・POP・REGGAE・CLASSICなどオールランド)、TV鑑賞(ガイアの夜明け・カンブリア宮殿・たけしアートビートなどがお気に入り)、ウォーキング。