今さら聞けない印刷用語集 その17「色校正」

| トラックバック(0)
  
calibration001.jpg

昨日は久しぶりにクライアントの方と写真家の方を交えて、ある印刷物の本紙色校正を観ていただきました。
ところで昨今は印刷・製版作業工程のデジタル化による恩恵と景気低迷による予算削減のため、本紙色校正を出す機会がずいぶん減ってきました。

アナログ時代の印刷・製版工程では、実際の印刷の色を事前に確認するためには、必ず印刷機で印刷する必要がありました。
ただし、本機(本番の印刷を刷る印刷機)で校正のために印刷するには現在よりも時間も手間も掛かり過ぎたので、校正印刷専用の平台印刷機を使うことがほとんどでした。
この平台印刷機は10枚程度の極小枚数の印刷に特化されている手動もしくは半自動の機械で、昔は校正印刷を専門にしている印刷会社がありました。(今でもなくなった訳ではありませんが、都心部に辛うじてわずかだけ残っている程度だと思います)

ですので、昔の印刷のワークフローは、

デザイナーや版下屋さんが版下を作成

版下をコピーして何回か文字・レイアウト校正

製版屋さんで製版し、分色フィルムを仕上げ

校正用の刷版を作成

校正機で校正刷り

色校正

修正指示に従い、版下や製版フィルムを修整

青焼き校正などで修整を確認

本番用の刷版を制作

本番印刷

というもので、場合によっては、色校正が再校、三校、四校と繰り返されることもあり、またフィルム製版の後半期には「コンセ」と呼ばれるフィルムを色付きで直接プリントする簡易校正もありました。(現在のデジコンの原型です)

また、このワークフローでは、どうしても平台校正と本番の印刷機では機械の構造の違いから印刷網点のゲイン値(太り具合)が変わってしまい、厳密には印刷結果が変わってしまうため、本番の印刷では刷版の焼き込み具合を微妙に変えるなど、製版・印刷職人さんの経験と技がものを言いました。

そのため最終的には本番の印刷機から出てくるまでほんとうの意味でどんな色味になるかわからない部分があったので、今よりも印刷工場での刷り出し立会の機会も多かったものです。

ところが現在では、まずモニタ画面でもある程度色が最初から確認できますし、校正も最初からカラーで出すことが当たり前になり、その上、インクジェットやレーザープリンタでもある程度いろいろな紙に印刷の色再現が可能になったため、色調再現の忠実さをよほど必要としない限り、本紙での色校正の必要性が求められなくなってきました。

そして、校正刷りをする場合もCTPの時代になってほとんど本機で校正を印刷することが当たり前になったので、校正と本番の印刷条件がまったく同じになり、本紙校正の精度も格段によくなりました。

現在の主な色校正の方法としては

・校正用インクジェットやレーザープリンタで専用紙に出力
 本番の印刷結果を使用する紙ごとに予めシミュレーションしてあるプリンタで近似色を出力
 レーザープリンタの場合はA3ノビサイズまで対応、インクジェットの場合は大判も可能

・校正用インクジェットやレーザープリンタで本紙に出力
 本番で使用する印刷用紙を使って、実際の印刷近似色をシミュレーションして出力
 レーザープリンタの場合はA3ノビサイズまで対応、インクジェットの場合は大判も可能

・校正用デジタルコンセンサスシステムで専用紙に出力
 本番の印刷結果を使用する紙ごとにシミュレーションして近似色を出力
 特徴としては網点まで再現できますので、モアレなどもほとんど確認できます

・本紙で本機で印刷
 本番と同じ印刷機で、本番と同じ面付で本紙に印刷するためほぼ本番と同じ結果が得られる
 本番と同じ刷版を焼き、100枚程度の本番と同じ紙が必要なため、費用は他に比べ割高

どの色校正を選ぶかは、予算の都合と、あとはそれぞれの校正方法の「一長一短」を踏まえた上で、印刷会社の担当とご相談されたらよいかと思います。

さて、このように校正作業が以前にくらべて非常に簡単に行えるようになった反面、いつでも直せるという意識がクライアント側にも、現場側にも蔓延してしまい、そのため事前の準備やチェックが疎かになり、その結果、必要以上に校正の回数を重ねて、多大な時間と労力がかかってしまうケースも多々見受けられます。
そのため当然経費面への影響も避けられないものがありますので、入稿前にはしっかりと原稿を揃えて、校正の段階ごとに押さえるべきチェックポイントをしっかりとクリアしていくことが、結果的に安くて、早くて、美しい印刷物の完成への近道になります。

また、例えば画集・写真集・美術本・図録・ポスターや各種PR販促制作物など写真やビジュアル、デザインにこだわりを求める印刷物の場合、特殊な紙に印刷する場合、金・銀や特色で印刷する場合は、やはり本紙色校正で確認することによって完璧にイメージをつかむことができて、最終印刷物の精度はさらに大きく向上させることができると思います。

関連エントリー
今さら聞けない印刷用語集 その1「くわえ」
今さら聞けない印刷用語集 その2「ダブルトーン 」
今さら聞けない印刷用語集 その3「版下」
今さら聞けない印刷用語集 その4「取り都合」
今さら聞けない印刷用語集 その5「付け合わせ」
今さら聞けない印刷用語集 その6「トンボ」
今さら聞けない印刷用語集 その7「塗り足し」

今さら聞けない印刷用語集 その8「オーバープリント」
今さら聞けない印刷用語集 その9「ピンホール」
今さら聞けない印刷用語集 その10「経済ロット」
今さら聞けない印刷用語集 その11「クレーム」
今さら聞けない印刷用語集 その12「Mインキ・Sインキ」
今さら聞けない印刷用語集 その13「オンデマンド印刷」
今さら聞けない印刷用語集 その14「デザイナーとDTPオペレーター」
今さら聞けない印刷用語集 その15「ヤレと予備紙」
今さら聞けない印刷用語集 その16「DICカラーガイド」

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.karafuneya.com/mt5/mt-tb.cgi/860

からふね屋

株式会社からふね屋は大正10年創業の印刷会社です。

からふね屋が運営している「紙と印刷」製品のショップです。

からふね屋の自費出版部門です。

1本からオリジナル扇子をつくることができます

アーカイブ

プロフィール

堀尾武史
株式会社からふね屋 代表取締役

昭和36年生まれの丑年
京都生まれ京都育ちの印刷屋四代目社長。
小学1年から大学4年まで剣道にひたすら明け暮れ、一応各年代で全国大会には出場、入賞なども果たす。
同志社大学卒業と同時に親戚の印刷会社で修行、ここで大いにしごかれ現在に至る。
自社にあった活版印刷から写植、フィルム時代を経て現在のDTPまでひと通り印刷については経験、美しい印刷を愛す。
趣味はお酒とアート鑑賞、読書、音楽(JAZZ・ROCK・POP・REGGAE・CLASSICなどオールランド)、TV鑑賞(ガイアの夜明け・カンブリア宮殿・たけしアートビートなどがお気に入り)、ウォーキング。