今さら聞けない印刷用語集 その20「罫線」

| トラックバック(0)
  
keisen_001.jpg

罫線といえばまず思い浮かばるのはノートの「罫線」という人が多いと思いますが、他にも帳票などの表組みをはじめ、印刷物ではいろいろな場面で使うことの多いものです。

今のデザイナーやDTPオペレーターでしたら、Illustratorの直線ツールやペンツールを使って罫線を引くと思いますが、活版印刷時代は、アルミニウムや亜鉛の薄板の側面を利用して組版をつくり、罫線を印刷していました。

keisen_002.jpg

その際、片方の側面は厚みを山型に削って細い罫を(上画像左側)、もう一方はそのままの厚みを使って太い罫(上画像右側)に使い分けて、主に太い方の罫は表組みの場合の枠組みに、細い方の罫は表組みの区分を表すのに使われました。

keisen_004.jpg

それでこの頃から細い方の罫をオモテケイ、太い方の罫をウラケイと呼んでいて、この呼び方は写植時代になっても引続き使われていたので、ある年代から上の方には懐かしい言葉ではないでしょうか?
活版印刷の場合はもともとの亜鉛板の太さが1P(ポイント)なので、ウラケイの太さも結果1Pだったようですが、写植時代にはオモテケイもウラケイの厳密には太さは正確には決まっていなくて、だいたいオモテケイが0.1mm、ウラケイが0.3〜0.4mmとされていました。

因みにアタリケイという言葉も有りますが、これは写植・版下製版時代に、角版の写真のレイアウト位置などを示す罫線のことで実際の印刷では印刷されない罫線のことで、これも主にオモテケイが使われていましたが、現在のDTP時代にはほぼ死語となってしまいましたね。

他にも罫線には、リーダ罫. ミシン罫. 太ミシン罫. 子持ち罫. 双柱罫. 太双柱罫、かすみ罫、無双罫などがあるほか、飾り罫や花罫と呼ばれる装飾のための罫も活版時代からあります。

keisen_005.jpg

keisen_003.jpg
弊社「1927年営業のしおり」より

普段何気なく使っている罫線ですが、意外とデザインでも重要な要素となることもあります。
最近ではオモテケイやウラケイという言葉も久しく耳にしていませんが、たまにはそのルーツに思いを馳せてみるのも良いかもしれませんね。

関連エントリー
今さら聞けない印刷用語集 その1「くわえ」
今さら聞けない印刷用語集 その2「ダブルトーン 」
今さら聞けない印刷用語集 その3「版下」
今さら聞けない印刷用語集 その4「取り都合」
今さら聞けない印刷用語集 その5「付け合わせ」
今さら聞けない印刷用語集 その6「トンボ」
今さら聞けない印刷用語集 その7「塗り足し」

今さら聞けない印刷用語集 その8「オーバープリント」
今さら聞けない印刷用語集 その9「ピンホール」
今さら聞けない印刷用語集 その10「経済ロット」
今さら聞けない印刷用語集 その11「クレーム」
今さら聞けない印刷用語集 その12「Mインキ・Sインキ」
今さら聞けない印刷用語集 その13「オンデマンド印刷」
今さら聞けない印刷用語集 その14「デザイナーとDTPオペレーター」
今さら聞けない印刷用語集 その15「ヤレと予備紙」
今さら聞けない印刷用語集 その16「DICカラーガイド」
今さら聞けない印刷用語集 その17「 色校正」
今さら聞けない印刷用語集 その18「束見本」
今さら聞けない印刷用語集 その19「入稿」と「出稿」

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.karafuneya.com/mt5/mt-tb.cgi/942

からふね屋

株式会社からふね屋は大正10年創業の印刷会社です。

からふね屋が運営している「紙と印刷」製品のショップです。

からふね屋の自費出版部門です。

1本からオリジナル扇子をつくることができます

アーカイブ

プロフィール

堀尾武史
株式会社からふね屋 代表取締役

昭和36年生まれの丑年
京都生まれ京都育ちの印刷屋四代目社長。
小学1年から大学4年まで剣道にひたすら明け暮れ、一応各年代で全国大会には出場、入賞なども果たす。
同志社大学卒業と同時に親戚の印刷会社で修行、ここで大いにしごかれ現在に至る。
自社にあった活版印刷から写植、フィルム時代を経て現在のDTPまでひと通り印刷については経験、美しい印刷を愛す。
趣味はお酒とアート鑑賞、読書、音楽(JAZZ・ROCK・POP・REGGAE・CLASSICなどオールランド)、TV鑑賞(ガイアの夜明け・カンブリア宮殿・たけしアートビートなどがお気に入り)、ウォーキング。