今さら聞けない印刷用語集 その24「プリフライトチェック」

| トラックバック(0)
  
image_prefly.jpg

プリフライトチェックとは
オフセット印刷でせっかく入稿したデータに問題があった場合、データが差し戻されてしまい、余分な時間や手間がかかったリ、印刷した結果文字化けや画像の問題が起こってしまって刷り直しになる、など費用がかかってしまうケースも出てきます。

そこで事前にデータに問題がないかをチェックする作業、「プリフライトチェック」を行うことによってトラブルなくスムーズに印刷工程を進むことができます。

プリフライトでチェックすべき項目は

  • フォントが出力側の環境に適合しているか(もしくはアウトライン化されているか)
  • 適切な画像形式になっているか(PSD、EPS、TIFFなど)
  • 画像のリンク切れがないか(もしく は埋め込まれているか)
  • 解像度が低すぎないか(逆に必要以上に高すぎないか)
  • カラー形式はCMYKになっているか
  • 罫線が細すぎないか
  • オーバープリントが適切に指定されているか

などを調べて、出力に問題ないかどうかを確認します。

では、具体的にはどうするかというと、印刷会社や製版会社などには高価なプリフライト用のソフトウェアが用意されている場合があるのですが、入稿側でも簡単にチェックする方法がありますので紹介したいと思います。

InDesignでプリフライト
まず、InDesign(インデザイン)でデータ作成した場合は、InDesignに付属しているプリフライトチェック機能を使うことができます。

手順としては、まずチェックしたいドキュメントを開いて、「ファイル」メニューから「パッケージ」を選択します。(CCバージョンの場合)

indesign_001.jpg

するとドキュメントをチェックした概要が表示されます。

indesign_002.jpg

さらに、左側のメニューから「フォント」を選択すると、使用しているフォントの一覧が表示され、「問題だけを表示」にクリックをいれると、問題のあるフォントだけが表示されます。

indesign_004.jpg

次に、「リンクと画像」メニューを選択すると、リンクされている画像の一覧が表示され、こちらも「問題だけを表示」にクリックをいれると、問題のある画像だけが表示されます。

indesign_003.jpg

さらに「カラーとインキ」メニューで正しくプロセスカラーのみでデータが作成されているか(プロセスカラー印刷の場合)を確認します。

indesign_005.jpg

これだけをチェックしておくだけでも、その後の工程が非常にスムーズに進めることができます。

■Illustratorでプリフライト
次にIllustrator(イラストレーター)でデータを製作した場合ですが、残念ながらIllustrator(イラストレーター)にはInDesign(インデザイン)のようにプリフライト機能は付属していません。

ただその代わりに、「ウィンドウ」メニューから「ドキュメント情報」パネルを開き、

Illustrator_001.jpg

そして「ドキュメント情報」のオブジェクト画面を選ぶと、不適切なカラーオブジェクトやフォントの有無や、画像のリンク状況などが確認できます。

Illustrator_002.jpg

またIllustratorのデータをチェックするもうひとつの方法として、InDesignの新規ドキュメントにIllustratorのデータを直接貼り込み、前述のInDesignのプリフライト機能を使ってチェックする方法もあるようです。

Acrobat Proでプリフライト
と、ここまでInDsignやIllustratorでのプリフライト機能を紹介してきましたが、現状で入稿側が行えるもっとも確実なプリフライトチェック方法は、前回のブログで紹介したやり方でInDsignやIllustratorで作ったデータをPDFデータに変換したうえで、そのPDFをAcrobat Pro(アクロバットプロ)でプリフライトチェック方法なのです。

実際には、まずチェックしたいPDFデータをAcrobat Proで開き(Acrobat Readerにはプリフライト機能はありません)、「編集」メニューから「プリフライト」を選択(Acrobat ProDCバージョンの場合)して

pdf_001.jpg

「PDF/X準拠」の中の「PDF/X-1aへの準拠を確認」を選び、一番下の「解析」ボタンを押します。

pdf_002.jpg

すると、解析結果が表示され、特に問題がなければ「問題は検出されませんでした」と表示されます。

pdf_003.jpg

これらのフライトチェックの方法によって完全に出力エラーがなくなるわけではありません(例えば罫線の太さの問題や不適切なオーバープリントはチェックできません)が、それでもプリフライトチェックを必ず出稿前に行う習慣をつけるだけでミスの起こる可能性は非常に小さくなりますので、是非みなさんも実行してみてください。

関連エントリー
今さら聞けない印刷用語集 その1「くわえ」
今さら聞けない印刷用語集 その2「ダブルトーン 」
今さら聞けない印刷用語集 その3「版下」
今さら聞けない印刷用語集 その4「取り都合」
今さら聞けない印刷用語集 その5「付け合わせ」
今さら聞けない印刷用語集 その6「トンボ」
今さら聞けない印刷用語集 その7「塗り足し」

今さら聞けない印刷用語集 その8「オーバープリント」
今さら聞けない印刷用語集 その9「ピンホール」
今さら聞けない印刷用語集 その10「経済ロット」
今さら聞けない印刷用語集 その11「クレーム」
今さら聞けない印刷用語集 その12「Mインキ・Sインキ」
今さら聞けない印刷用語集 その13「オンデマンド印刷」
今さら聞けない印刷用語集 その14「デザイナーとDTPオペレーター」
今さら聞けない印刷用語集 その15「ヤレと予備紙」
今さら聞けない印刷用語集 その16「DICカラーガイド」
今さら聞けない印刷用語集 その17「 色校正」
今さら聞けない印刷用語集 その18「束見本」
今さら聞けない印刷用語集 その19「入稿」と「出稿」
今さら聞けない印刷用語集 その20「罫線」
今さら聞けない印刷用語集 その21「データ入稿」
今さら聞けない印刷用語集 その22「UV印刷」
今さら聞けない印刷用語集 その23「PDF入稿」

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.karafuneya.com/mt5/mt-tb.cgi/1031

からふね屋

株式会社からふね屋は大正10年創業の印刷会社です。

からふね屋が運営している「紙と印刷」製品のショップです。

からふね屋の自費出版部門です。

1本からオリジナル扇子をつくることができます

アーカイブ

プロフィール

堀尾武史
株式会社からふね屋 代表取締役

昭和36年生まれの丑年
京都生まれ京都育ちの印刷屋四代目社長。
小学1年から大学4年まで剣道にひたすら明け暮れ、一応各年代で全国大会には出場、入賞なども果たす。
同志社大学卒業と同時に親戚の印刷会社で修行、ここで大いにしごかれ現在に至る。
自社にあった活版印刷から写植、フィルム時代を経て現在のDTPまでひと通り印刷については経験、美しい印刷を愛す。
趣味はお酒とアート鑑賞、読書、音楽(JAZZ・ROCK・POP・REGGAE・CLASSICなどオールランド)、TV鑑賞(ガイアの夜明け・カンブリア宮殿・たけしアートビートなどがお気に入り)、ウォーキング。