平成29年(2017)年賀状デザイン人気ランキング

| トラックバック(0)
  
IMG_1650.jpg

いよいよ来週から年賀状の投函受付もはじまり、2016年も残すところ半月となりました。
毎年好評いただいている弊社オリジナルデザイン年賀状も、現在順調にご注文をいただいておりますが、何分手摺りのシルクスクリーン印刷による受注生産のため、16日(金)には本年分の受注を締め切らせていただきます。

現在ご検討中の方や、今年のご注文がまだの方はぜひお早めにお申込みください。

それでは、毎年恒例のこれまでの受注人気ランキングの発表です。
このランキングは発注件数と発注数から総合的に算出した順位となっています。(2016.12.10現在 それぞれの画像はクリックで拡大できます。)


■第7位

B1704.jpg

パステルカラーに金のかわいいヒヨコが座っている姿が愛らしいデザインで、女性に人気です。


■第6位

C1704.jpg

五葉の松をイメージした古典的なデザインがランクインしました。


■第5位

B1702.jpg

やさしいパステルピンクに雄鶏のデザイン。こちらも女性に人気です。


■第4位

C1701.jpg


■第3位

C1702.jpg

第4位と第3位には同じ象形文字の「酉」がデザインされた色違いがそれぞれランクインしました。
焦げ茶の方は主に男性の方に人気です。


■第2位

C1705.jpg

第2位は定番の隷書タイプです。
毎年根強い人気のデザインですが、今年は金と朱色の組合せが評判のようです。


■第1位

C1703.jpg

そして現時点での第1位は、切り絵風の雄鶏をシンプルに赤と金色で表したデザインでした。
短冊風のレイアウトが毎年確実にヒットするのに加えて、ビビットな赤の色が人気のポイントのようです。

ランキングの他にも多数のデザインをご用意してます。

IMG_1641.jpg

それではあらためて価格とご注文方法をご案内いたします。

【価格表】
pricelist_2016.gif
※上記価格に消費税は含まれておりません。別途8%頂戴いたします。

  • 上記の金額は、片面文字1色印刷費及び私製はがき(紙)代を含んだ価格です。
  • お年玉付はがきをご希望の場合は、上記価格に加えてはがき代を別途頂戴するか、お年玉付はがきを御支給いただきます。(インクジェットプリント用年賀はがきは不可)
  • 100枚以下の場合は、上記100枚の金額とさせていただきます。
  • 400枚以上のご注文につきましては、別途お見積もりさせていただきます。


【ご注文方法】

  1. サンプルの中から図案を選んでいただきます。
  2. 注文枚数をお決めいただきます。
  3. 挨拶の文章・住所・お名前・電話等の記載事項の原稿(手書きでもデータでもなんでもOKです)を弊社にメール・電話・FAXなどでお送り下さい。また、挨拶の文章は当方お任せでも結構です。
  4. 受注後文字校正を一度おくります。ご確認いただきましたら印刷にかかります。
  5. 校正時にご請求金額と入金先の口座をご連絡いたしますのでお振込みください。入金確認後、改めて納品日をご連絡いたします。


尚、お年玉付はがきの場合、一番いいのはお客様から印刷分の数量のはがきをご支給いただいて印刷する方法です。
またご希望によっては弊社のお立替でお年玉付はがきを用意して印刷代と一緒にご請求することもできますが、後半になってくると数に限りが出てくる可能性があります。
納期は、時期によって前後しますが、概ね受注後10日~2週間ぐらいです。
尚、この商品は受注生産ですので、オンラインショップでは取り扱っておりません。

現物サンプルをご覧になりたい方は、弊社までご連絡ください。
サンプルをお送りいたします。
ただし数に限りがありますので、品切れの節はご容赦ください。

f0111623_15221954.gif
電話      075-761-1166  
FAX       075-771-8539

【関連記事】
平成29年(2017)オリジナル年賀状 好評受注中

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.karafuneya.com/mt5/mt-tb.cgi/1074

からふね屋

株式会社からふね屋は大正10年創業の印刷会社です。

からふね屋が運営している「紙と印刷」製品のショップです。

からふね屋の自費出版部門です。

1本からオリジナル扇子をつくることができます

アーカイブ

プロフィール

堀尾武史
株式会社からふね屋 代表取締役

昭和36年生まれの丑年
京都生まれ京都育ちの印刷屋四代目社長。
小学1年から大学4年まで剣道にひたすら明け暮れ、一応各年代で全国大会には出場、入賞なども果たす。
同志社大学卒業と同時に親戚の印刷会社で修行、ここで大いにしごかれ現在に至る。
自社にあった活版印刷から写植、フィルム時代を経て現在のDTPまでひと通り印刷については経験、美しい印刷を愛す。
趣味はお酒とアート鑑賞、読書、音楽(JAZZ・ROCK・POP・REGGAE・CLASSICなどオールランド)、TV鑑賞(ガイアの夜明け・カンブリア宮殿・たけしアートビートなどがお気に入り)、ウォーキング。