紙のプロダクトの最近のブログ記事

tsugaruuchiwa001.jpg

京都は7月で祇園祭は終わりましたが、今全国各地ではそれぞれの地域で夏祭りが真っ盛りの季節です。
夏祭りにはうちわが欠かせないアイテムですが、今年も弊社では夏に向けてオリジナルうちわの制作をいくつか承りました。

その中で今年の確かゴールデンウィーク前後だったと思いますが、青森の方からオリジナル団扇についてのお問合わせの電話を1本いただき、その後何回か電話とメールでやりとりをさせていただき、最終的に上の写真の千鳥うちわを制作させていただきました。

ただ、いつもと少し違ったのは、最初のお問合わせのときまず尋ねられたのが、和紙を支給して印刷からお願いしたいが可能か、という質問で、聞けば、最終クライアントの要望で、青森特産のりんごの搾りかすから作った和紙を使いたいとのことでした。

実際に紙を見てみないと何とも言えないが、紙質によってはオンデマンド印刷機では印刷できないので、シルクスクリーン印刷での対応になる旨をお伝えしたところ、実際に使用したい紙のサンプルを送っていただくことになりました。

送っていただいた紙サンプルをみたところ、その前の電話でのやりとりから大体想定はしていたのですが、やはりオンデマンド印刷機では難しいとの判断を下し、シルクスクリーンで印刷可能なデザインであることを確認した上で、別途お見積りを提出してご承認いただきました。

tsugaruuchiwa007.jpg

もうひとつ驚いたことに、うちわの持ち手の柄の部分をうちわに組み込まずに、先に送ってもらえるか、と聞かれ、どうするのかお尋ねしたところ、送った柄に漆塗りを施してからうちわに組み込むということでした。

弊社が扱っている千鳥うちわの柄の部分は焼杉でできているのですが、本当にそんなことが出来るのですか?とお尋ねしたら、過去に実績もあるとのことでしたので、言われるままに先に柄を送らせていただきました。

tsugaruuchiwa006.jpg

その後、本番の紙を送っていただき、シルクスクリーンで印刷後、千鳥うちわ(の柄無し)に仕立て、簡易団扇立てを添えて無事納品したところ、後日ご丁寧に化粧箱に収められた漆塗りの柄もついた見本をお送りいただきました。

こうして、京都の伝統工芸である京うちわと、青森で江戸時代から伝わる「津軽塗」、さらには特産のりんごの搾りかすを活かした和紙のコラボから生まれたオリジナリティ溢れるうちわが出来上がりました。

tsugaruuchiwa002.jpg

tsugaruuchiwa003.jpg

tsugaruuchiwa005.jpg

------------------------------------------------------------------
仕様
サイズ:約210×300mm(柄部分含む)
印刷:シルクスクリーン印刷 (表2色/裏1色)
加工:千鳥型 京団扇仕立
柄 :津軽塗(杉)=クライアントにて加工
付属品:簡易団扇立て

製作
デザイン:クライアント支給(テンプレートデータ使用)
印刷・団扇加工管理:株式会社からふね屋
-------------------------------------------------------------------


関連エントリー
【まとめ】オリジナル扇子&団扇の製作について
和紙来歩×唐船屋コラボ商品オリジナル団扇からかみシリーズ発売開始!
オリジナル豆うちわを作ろう!
千鳥型うちわ オーダーメイドの手引き


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

small-shikishi-02.jpg

今回の【制作実績紹介】は、寸松庵(すんしょうあん)サイズというミニサイズの色紙のオンデマンド印刷による複製作品をご紹介します。

ご依頼いただいた五条一馬様は、

"54歳で眼病で失明し、孤独と絶望の中で色々な人に支えられながら支えてもらう中で2頭の馬に出会い、生きる勇気と感動と喜びをもらい、自分自身のこれからの人生の中でこれからの自分の人生の学びとして障害者うまっこの会「心に花を咲かせようプロジェクト21」を設立"(五条一馬HPより引用)

そんな中、日々の生活の中、ふと感じた事を自分の言葉で 伝えられたらいいなと思い色紙を作られ、誰にでも分かりやすい 短い文で癒しや励まし、四季折々の言葉 ユーモアあふれる、など絵と共に表現されています。

そしてこれまでも

  • 五条一馬ことばのアート展(平成26年1月22日~26日)京都市中京区万華鏡ミュージアムにて
  • 平成26年4月26,27日 草津駅前 ギャラリー風の門にてご友人の作品展に特別参加

などで発表の機会をもたれてきたほか ご家庭やカフェ・旅館・ホテルなど様々な場所にインテリアとして好評を得られているそうです。

ことばの花工房:http://kazuma5.net/hana/

small-shikishi-03.jpg

この案件ももともと依頼主のお知り合いのデザイナーの方が弊社のホームページをご覧になりお問合わせをいただいたのがきっかけでいただいたご縁です。

実際にはご依頼主からお預かりした寸松庵サイズ(121×136mm)の原画色紙からスキャニングしたデータに色補正を施したのち、弊社のオンデマンド機で「竹ドーザ紙」という色紙で一般的な紙に印刷し、その後色紙仕立てを専門の業者さんにお願いして仕上げました。

仕様
サイズ:寸松庵(121×136mm)
紙:竹ドーサ紙
印刷:オンデマンド印刷 


製作
原画:五条一馬
印刷・色紙加工管理:株式会社からふね屋

small-shikishi-01.jpg

因みに寸松庵とは通常の色紙の1/4の大きさで、1/4色紙とかミニ色紙とも呼ばれていますが、もともと「寸松庵色紙」とは、『古今和歌集』四季の歌を抜き書きした粘葉装冊子を、分割して色紙形になったもので、織田信長の家臣で茶人の佐久間実勝の塔頭寸松庵の旧蔵にあったことからこの名があり、「継色紙」、「升色紙」とともに平安時代屈指の「かな書」の名筆(古筆)である三色紙のひとつに数えられています。

この他にも色紙のサイズには一番ポピュラーな大色紙をはじめ、小色紙、短冊並巾、短冊広巾など多様な大きさにも対応し、各種タトウ紙も既成品を併せて取り揃えていますので色紙制作をお考えの方はお気軽にご相談ください。

f0111623_15221954.gif
電話      075-761-1166  
FAX       075-771-8539


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

tamazusi-uchiwa03.jpg

季節は晩秋から初冬へ差し掛かったところですが、意外と季節を問わずオリジナル製作の扇子やうちわのご注文をよく頂いています。

今回ご紹介する築地玉寿司様から頂いたオリジナル豆うちわのご注文も少し前の話になりますが、お盆前後あたりの時期のご注文で、秋口に入ってからの納品でした。

tamazusi-uchiwa02.jpg

今回は両面カラー印刷の豆うちわを2種類製作のご依頼をいただきました。

ちなみに豆うちわの場合は、下記のように6丁付で印刷をしますので、1回の製作ロットで、2種類、3種類、6種類のデザインを同時に製作することも可能です。(但し数量は均等になります)

tenplate-6_02.jpg ※6種付合せ例

また、紙質はあまりつるつるしていなくてどちらかと言えば和っぽいイメージだけど商品の写真やイラストの発色が良い物をご希望でしたので、弊社のオンデマンド用常備在庫用紙のなかから今回はヴァンヌーボをお薦めしてご採用いただきましたが、デザインの白場を生かしたものでしたので、上品な紙質と相まってピッタリの選択だったと思います。

柄は、これも下記のように2種類用意している材質の中から溜塗(竹)をお選びになりました。

130-mame-01-01.jpg←溜塗(竹)130-mame-03-01.jpg←杉


-------------------------------------------------------------------
仕様
サイズ:約185×115mm(柄部分含む)
印刷:オンデマンドカラー印刷 (両面プロセス4色)
加工:合紙・トムソン型抜・団扇仕立
柄 :溜塗(竹)

製作
デザイン:クライアント支給(テンプレートデータ使用)
印刷・団扇加工管理:株式会社からふね屋
-------------------------------------------------------------------


なお、豆うちわのオリジナル製作についての価格については下記をご参照ください。
また、表記以外の数量につきましては、お問合せください。

  片面印刷 両面印刷
600本 200円 230円
1200本 180円 200円
1800本 170円 185円

※上記の金額は豆うちわ1本あたりの価格(単価)で、消費税は含まれていません。
※上記の金額はテンプレートを使用したデータ入稿の場合の価格です。
 弊社にてデザインやレイアウトを別途有料で請け負うこともできます。
※送料は別途頂戴いたします。(北海道・沖縄以外は700円+消費税)

別途オプションにて透明ビニール封筒にセットして納品も可能です。
この封筒セットを直接ポストに投函して郵便で送ることができます。(切手代80〜90円)

mameuchiwa2013-01.jpg mameuchiwa2013-02.jpg
ビニール封筒+和紙+台紙(セット費含む)
@30円+消費税
(左画像のラベルは含まれません)

納期は、データ入稿後、約1ヶ月頂戴しています。
特に4〜8月の繁忙期はうちわの製作工程が非常に混み合いますのでお早めにご注文いただくことをお薦めいたします。

その他不明な点など、くわしくは下記までお問合わせください。

f0111623_15221954.gif
電話      075-761-1166  
FAX       075-771-8539

関連エントリー
デザイン扇子入稿マニュアル
オリジナル扇子入稿用テンプレート
【制作実績紹介】「立春」色紙
【制作実績紹介】両面印刷オリジナル扇子
【制作実績紹介】サントリー様「山崎京扇子」
オンデマンドで、オリジナル扇子を1本から【価格・仕様編】
オンデマンドで、オリジナル扇子を1本から
扇子について
オンデマンド扇子 【制作実績part1】
【製作実績紹介】丸久小山園様 茶席用扇子
オンデマンド扇子 【制作実績part1】

オリジナル豆うちわを作ろう!
千鳥型うちわ オーダーメイドの手引き


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

kyoka-sensu02.jpg

季節は秋になってもいつもでも暑い日が続くかと思えば、いきなり肌寒くなったりと相変わらず最近の気候は不安定ですが、おかげさまでオリジナル扇子製作のご注文は、秋に入ってもコンスタントにいただいています。

今回の実績紹介は、京都市中央卸売市場で中心的役割を担っておられる京都青果合同株式会社様からご発注いただいた、来客の方への粗品用としてお使いになられる扇子です。

京都青果合同様からの扇子のご注文はこれで3回目で、毎回デザインをご相談しながら製作しているのですが、今回はデザインも含めクライアント様のほうでご用意され、レイアウトデータをご支給いただきました。

kyoka-sensu01.jpg

図柄の印刷方式は、ご発注数がある程度まとまった数量でしたので、コスト面から判断して、小ロット向けのオンデマンド印刷ではなく、オフセット印刷で対応しました。

kyoka-sensu03.jpg

また、粗品用としてご利用されるということでしたので、箱に入れ、名入りののし紙を巻き、包装紙で梱包した状態で納品いたしました。


仕様
サイズ:7寸5分/35間
扇面:オフセット印刷 (表面プロセス4色/裏面特色1色)
扇骨:白木

製作
デザイン:京都青果合同株式会社
京野菜イラスト提供:公益社団法人京のふるさと産品協会
印刷・扇子加工管理:株式会社からふね屋

関連エントリー
デザイン扇子入稿マニュアル
オリジナル扇子入稿用テンプレート
【制作実績紹介】「立春」色紙
【制作実績紹介】両面印刷オリジナル扇子
【制作実績紹介】サントリー様「山崎京扇子」
オンデマンドで、オリジナル扇子を1本から【価格・仕様編】
オンデマンドで、オリジナル扇子を1本から
扇子について
オンデマンド扇子 【制作実績part1】
【製作実績紹介】丸久小山園様 茶席用扇子
オンデマンド扇子 【制作実績part1】

オリジナル豆うちわを作ろう!
千鳥型うちわ オーダーメイドの手引き


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

DSC_0100.jpg

ここのところ肌寒い気候が続きましたが、今日あたりからようやく穏やかな春の陽気が感じられるようになりました。
これからは徐々に気温も上がってゆき、初夏と呼べる頃を迎えるのもそう先の話ではなさそうです。

さてこの夏はどんな風になるかはわかりませんが、少なくともエコや節電というトレンドは今年も変わりそうにもありませんので、引き続き扇子や団扇の人気も続きそうです。
というわけでからふね屋では、今年もオリジナル扇子をはじめ、団扇や豆うちわのご注文をお受けしています。

DSC_0069_2.jpg 婦人用扇子(弊社オリジナルデザイン)

2011-image03.jpg 千鳥型団扇(弊社オリジナルデザイン・スクリーン印刷)

mameuchiwa01.jpg 豆うちわ(弊社オリジナルデザイン)


いずれのアイテムもオンデマンド印刷に対応していますので、オリジナル扇子や団扇は1本から、豆うちわは600本(6柄各100枚も可)という小ロットからの注文にも対応いたしております。

ただし、弊社で扱っている扇子や団扇は、すべて京都の扇子職人さんや団扇職人さんが、1本ずつほぼ手作りで制作していますので、印刷後、約1ヶ月ほどの製作期間が必要です。
特に4月後半以降お盆ぐらいまでは、最繁忙期のためさらに納期が必要な場合があります。

昨年も特に梅雨明け以降にお問合せをいただいた案件は、すべて納期が折り合わず、お断りさせていただきました。
弊社といたしましても、出来る限りご希望の納期に間に合わせさせていただきたいのですが、紙や竹などの自然素材を使っているのでそれぞれの工程で乾燥などに時間が必要な上、職人さんの減少や高齢化といった問題から人手に限りがあり、どうしても時間がかかってしまいます。

ですので、扇子や団扇を作ってみたいとお考えの皆さまは、まだ時間があるからと先延ばしせず、是非今からご検討いただき、お早めにご注文いただくことをお薦めいたします。

詳しくはお気軽に下記までお問合せください。

f0111623_15221954.gif
電話      075-761-1166  
FAX       075-771-8539

なお、オリジナル扇子の製作については、下記の記事に詳しく述べていますので、ご参照ください。

オンデマンドで、オリジナル扇子を1本から【価格・仕様編】

また、昨年の製作実績のうち、ご了解いただいたものを下記で紹介しています。

【制作実績紹介】両面印刷オリジナル扇子

【制作実績紹介】サントリー様「山崎京扇子」

オンデマンド扇子 【制作実績part1】

【製作実績紹介】丸久小山園様 茶席用扇子



関連エントリー
オンデマンドで、オリジナル扇子を1本から
祇園祭と扇子
2011年オリジナル団扇 好評販売中!
オリジナル団扇(うちわ)2010 好評発売中
【新発売】京の豆うちわ


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

shikishi.jpg

早いもので来週末は節分で、その翌日が「立春」、暦の上では春がやってきます。
そんなわけで、今回の製作実績として紹介させていただくのは、瑞々しい墨跡で「立春」と書かれた書をオンデマンド印刷で製作した色紙作品です。

この色紙作品は、サンレイドという簀の目の入った和紙風の用紙に弊社のオンデマンド印刷機FUJI XEROX DocuColor 1450 GAで印刷出力し、その後表具屋さんで色紙に仕立ててもらっています。

余談ですが、サンレイドは昔からある定番商品ですが、ソフトな風合いの上、簀の目が薄く入っていて洋紙ながらも和紙の雰囲気をもっていて、しかも価格も比較的こなれているので、弊社でも便箋や一筆箋、封筒、包装紙など幅広く使っています。

話は色紙に戻りますが、色紙印刷の場合、既成の色紙に直接印刷する方法もありますが、その場合印刷技法が、スクリーン印刷か、UVインクジェット出力ぐらいに限られます。
シルクスクリーンの場合、白黒二階調の原稿には適していますが、グレースケールやカラーの原稿だと階調が正確に再現できません。
一方インクジェットの場合、階調表現は問題ありませんが、やはり原稿に忠実な再現を求める場合、若干精度が落ちる傾向は否めません。
そこで、弊社では小ロットの色紙印刷の場合は、DocuColor 1450 GAによるレーザーカラー出力を選択しています。

また、後からの色紙加工の場合、印刷する用紙も選択肢の幅が拡がり、上記のサンレイドや本当の和紙からコート紙、マットコート紙、さらにはヴァンヌーボなどのファンシーペーパーなども四六判換算で110kg前後の厚みであれば対応できますので、絵画や写真などの色紙も製作でき、サイズも短冊型などさまざまな大きさが可能です。

さらには既成品によるオプション対応とはなりますが、色紙を包むたとう紙などもご用意できますので、ご検討中の方はお気軽にお問い合わせください。

f0111623_15221954.gif
電話      075-761-1166  
FAX       075-771-8539

関連エントリー

【制作実績紹介】東京ますいわ屋様2011年版カレンダー
昭和7年の南座顔見世プログラムと芸事番組の弊社製作実例
【制作実績紹介】KAVC 1floor フライヤー&ポスター
【制作実績紹介】サントリー様「山崎京扇子」
オンデマンドで、オリジナル扇子を1本から【価格・仕様編】
オンデマンドで、オリジナル扇子を1本から
扇子について
オンデマンド扇子 【制作実績part1】
【製作実績紹介】丸久小山園様 茶席用扇子
【制作実績紹介】画集刊行記念「瀧下和之展」in 京都髙島屋
オンデマンド扇子 【制作実績part1】
【制作実績紹介】第15回笠井季美個展「顔彩で描く心の彩」
【製作実績紹介】山岡多美子様 絵はがき
笠井季美個展「顔彩で描く心の彩」in 岡山
水墨わんこ展
【ゆあぶっく】第14回笠井季美個展「顔彩で描く心の彩」


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

t_0001.jpg
表面
t_0002.jpg
裏面


今回の制作実績紹介は、T様からご注文をいただいた婦人用サイズの両面印刷のオリジナル扇子です。
T様からのデザインデータ入稿でしたが、非常に扇子らしい素敵なデザインでした。

ところで、まだまだ暑い日が続く一方、朝夕などには秋の気配がそこはかとなく感じられるようになりました。今年の夏はかなり暑さが厳しかった上、節電を求められ、なかなか大変でしたね。

そんな中、弊社では新たにオリジナル扇子の受注を始めて最初の夏を迎えたわけだったのですが、おかげさまで、オリジナル豆うちわともども多くの方からご注文をいただきました。
他にもお問合わせも多数いただき、誠にありがとうございました。この場を借りて改めてお礼申し上げます。

ただ残念なことに、せっかく前向きにお考えいただきながら、扇子も団扇も納期の問題で断念されたケースも多々ありました。
といいますのも、どうしてもお問合わせが増えるのが梅雨入りごろからで、ピークも今年は梅雨の真っ最中ぐらいでした。

ところが印刷はオンデマンドで対応しているので入稿即日もしくは翌営業日には出来上がるのですが、その後の工程はそれぞれ京扇子・京団扇の職人さんにお願いしていて、仕立てに通常で3〜4週間、夏の繁忙期(4〜8月)だと5〜6週間近く掛かります
そうすると、たとえば7月初めに注文をいただいても、納品はお盆明けになってしまいます。

扇子も団扇もその製作工程は専門性の高い手仕事であり、その上今では職人さんの数も限られ、さらに後継者不足に悩まされているところに、夏の季節商品ゆえこの時期に注文が集中してしまうため、どうしても時間がかかってしまうのです。

そのため夏のイベント用など、納期がきっちり決まっているものは、具体的には遅くとも2ヶ月前にはお問合わせをいただくことをお勧めいたします。

また、扇子や団扇は夏の代表的な季節商品であるとともに、昔から装飾品や贈答品、また扇子は茶席などでは必需品として年中を通して親しまれてきました。
ですので、ご自身の作品を扇子や団扇に仕立ててみたり、プレゼントしてみたりと、季節を問わず扇子づくりや団扇づくりにチャレンジしていただければと思います。

関連エントリー
【制作実績紹介】サントリー様「山崎京扇子」
オンデマンドで、オリジナル扇子を1本から【価格・仕様編】
オンデマンドで、オリジナル扇子を1本から
祇園祭と扇子
扇子についてオンデマンド扇子 【制作実績part1】
【製作実績紹介】丸久小山園様 茶席用扇子



にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

さる5月16日にサントリーさんのウイスキーブランドのオリジナルグッズが買えるオンラインショップ「サントリーグッズバー」がオープンしました。

「SUNTORY GOODS BAR」はこちら

suntorygoodsbarsite.jpg

このサイトでは、響、山崎、白州、角、トリスなどサントリーさんのウイスキーブランドがもつ世界観を体現したオリジナルグッズを販売されているのですが、実は山崎ブランドのオリジナルグッズとして、弊社が製作を携わったオリジナル扇子も販売されています!

山崎京扇子はこちら

suntorygoodsbar_sensu.jpg

サントリーさんを代表するウイスキーブランドのひとつである山崎が、京都の「山崎蒸溜所」でつくられていることから、京都をイメージさせるアイテムをお探しだったところへ、たまたまご縁があって弊社から京扇子をご提案したところご採用いただき、「山崎京扇子」として商品化の運びとなりました。

今回商品化されたのは全部で3種類で、すべて紳士用サイズです。
図案は、サントリーさんの広報誌やカレンダーでご活躍のアーティスト・甘酢ユキオ氏の切り絵をデザインされたデータを入稿、東京からわざわざ校正のために足を運んでいただき、サントリーさん立ち会いのもと色調整やデザインバランスの調整を経たのち、弊社で印刷、そして職人さんの手によって扇子に仕立て上げました。
それぞれのデザインに合わせて扇骨の色も選ばれています。

suntory-01.jpg寄せ絵

suntory-02.jpg引き絵

suntory-03.jpgちらし絵

また扇子単品だけでなく、同じデザインで商品化された「山崎京ふろしき」との組合せで、ギフトセットとしても販売されていますので、ちょうど父の日のプレゼントとしても最適です!!

その他にもファッションブランド「TAKEO KIKUCHI」の、菊池武夫氏が手がけた「山崎×タケオキクチ クリスタルショットグラス」や「響」のラベルに使われている手漉き和紙を手がけた、和紙デザイナーの堀木エリ子氏とのコラボレーションで生まれた「響×堀木エリ子 WA-SHIKIMONO」など注目のアイテムが目白押しです。
是非みなさん一度サイトを覗いてみてください。

関連エントリー
オンデマンドで、オリジナル扇子を1本から【価格・仕様編】
オンデマンドで、オリジナル扇子を1本から
祇園祭と扇子
扇子についてオンデマンド扇子 【制作実績part1】
【製作実績紹介】丸久小山園様 茶席用扇子


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

mameuchiwa01.jpg


昨年からの原発事故のおかげで、今年の夏も電力不足が懸念されており、そのため日本全国で節電が求められています。
特に関西の状況は深刻のようで、一説によれば原発が再稼働しなければ15%もの電力が不足するとも言われています。

そこで様々な節電対策が出てきた中で、日本伝統のエコ製品である扇子や団扇も見直されています。
弊社の小売販売部門であるGALLERY&SHOP唐船屋でも少し前からオリジナル団扇を製品化して販売していましたが、今年の夏は第2弾として「京の豆うちわ」を商品化しました。

mameuchiwa02.jpg※クリックで拡大できます。

「京の豆うちわ」は、京団扇の特徴をそのまま生かしながらもカワイイ手のひらサイズのうちわで、しかも定型郵便サイズのビニール封筒とセットにしましたので、そのまま封をして、切手を貼れば郵便として送れます。

また、メッセージが書き込めるように、和紙も1枚同封されていますので、暑中見舞いなど、夏のメッセージを送るのに最適なアイテムです。
今回はオンデマンド印刷を使いデザインバリエーションも豊富に揃えました。

mameuchiwa_2012.jpg  
※PDFダウンロード→mameuchiwa_2012.pdf

もちろん絵柄はすべてからふね屋オリジナル、おなじみの伝統的な和柄はもちろん、レトロモダンなデザインや活字シリーズも加わり、今年の夏に涼を届けます。

唐船屋オリジナル「京の豆うちわ」
------------------------------------------------------
サイズ/タテ185×ヨコ114㎜
柄/溜塗もしくは杉
印刷/オンデマンド印刷
加工/合紙・打ち抜き加工

透明ビニール封筒・和紙・台紙付
------------------------------------------------------
希望小売価格 1本525円(税込)

こちらの商品はGALLERY&SHOP唐船屋の店頭で現在販売中です。またオンラインショップでも準備ができ次第販売いたします。

また、新たにオリジナルデザインからの製作やデザインご提供による豆うちわの製作も承ります。
ロットは600本からとなりますが、その中で絵柄の種類はいろいろ混ぜることができます。
くわしくは下記までお問合わせください。

f0111623_15221954.gif
電話      075-761-1166  
FAX       075-771-8539


関連エントリー
2011年オリジナル団扇 好評販売中!
オリジナル団扇(うちわ)2010 好評発売中
オンデマンドで、オリジナル扇子を1本から【価格・仕様編】
オンデマンドで、オリジナル扇子を1本から
祇園祭と扇子
扇子についてオンデマンド扇子 【制作実績part1】



にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

koyamaen_wako.jpg


今週は日によっては日中の気温が25度を超えて「夏日」を観測するなど、春から初夏へと季節は移りはじめ、扇子や団扇の出番がいよいよやって来ました。
オリジナル扇子や団扇の製作の方は、この時期、扇子、団扇、いずれもメーカーさんが大量の注文を抱えられ、大変忙しくされているため、通常より納期がかかります。
具体的には、普段なら印刷後3〜4週間ぐらいで扇子や団扇に仕立上がってくるのですが、4〜8月は5〜6週間ぐらいかかります

したがって、今扇子や団扇のオーダーをお考えの方は、ゴールデンウィーク明けにすぐご注文いただいても、梅雨の半ばから梅雨明け近くの出来上がりになるかと思いますので、出来るだけ早くご注文されることをお勧めいたします。

さて、今回【製作実績紹介】は、宇治の老舗茶製造・販売の丸久小山園様からご発注いただいたお茶席用の扇子です。
今回の扇子は、これまで紹介してきたオンデマンド印刷ではなく、職人さんの手で金・銀の下絵を施された地紙に、文字と落款を型摺りした、あらたまった席にふさわしい高級感あふれる仕上がりです。


仕様
サイズ:6寸5分/15間
扇面:下絵地紙に書・落款型摺り(裏面:シケ引き)
扇骨:親黒染め仲黒染め


オンデマンド印刷とは違って、型代が必要となりますが、比較的小ロットから対応は可能です。
詳しくは弊社までお問合わせください。

f0111623_15221954.gif
電話      075-761-1166  
FAX       075-771-8539

関連エントリー
オンデマンドで、オリジナル扇子を1本から【価格・仕様編】
オンデマンドで、オリジナル扇子を1本から
祇園祭と扇子
扇子についてオンデマンド扇子 【制作実績part1】

【製作実績紹介】画集刊行記念「瀧下和之展」 in 京都髙島屋
【制作実績紹介】第15回笠井季美個展「顔彩で描く心の彩」
【製作実績紹介】山岡多美子様 絵はがき
笠井季美個展「顔彩で描く心の彩」in 岡山
水墨わんこ展
【ゆあぶっく】第14回笠井季美個展「顔彩で描く心の彩」



にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

からふね屋

株式会社からふね屋は大正10年創業の印刷会社です。

からふね屋が運営している「紙と印刷」製品のショップです。

からふね屋の自費出版部門です。

1本からオリジナル扇子をつくることができます

アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

堀尾武史
株式会社からふね屋 代表取締役

昭和36年生まれの丑年
京都生まれ京都育ちの印刷屋四代目社長。
小学1年から大学4年まで剣道にひたすら明け暮れ、一応各年代で全国大会には出場、入賞なども果たす。
同志社大学卒業と同時に親戚の印刷会社で修行、ここで大いにしごかれ現在に至る。
自社にあった活版印刷から写植、フィルム時代を経て現在のDTPまでひと通り印刷については経験、美しい印刷を愛す。
趣味はお酒とアート鑑賞、読書、音楽(JAZZ・ROCK・POP・REGGAE・CLASSICなどオールランド)、TV鑑賞(ガイアの夜明け・カンブリア宮殿・たけしアートビートなどがお気に入り)、ウォーキング。