入稿の手引きの最近のブログ記事

nyuko_image.jpg

少し前に「入稿」と「出稿」の言葉の違いについて当ブログで言及しましたが、今回のテーマは「データ入稿」、つまりお客様から弊社に印刷用にデータを持ち込まれる場合の話をしてみたいと思います。

データの入稿方法は?

昔からデータ入稿の方法として一般的なのが、メディアにコピーして渡す方法です。
古くはフロッピーディスクやMOデイスクからはじまり、現在ではCDやDVDディスクで入稿することが主流になりました。
それと同時にインターネット環境の発達により、ネットを通じてデータを手渡す方法も一般化してきました。
軽いデータは以前からメール添付で送っていましたが、今では多くの印刷会社が自社サーバでFTP入稿できる態勢を用意していますし、無料で大きなデータを送ることができるファイル転送サービスを利用する場合も非常に増えてきました、

印刷用データに適したレイアウトソフトは?

データ入稿で一番よくあるパターンが、デザイナーさんなどからアドビイラストレータやインデザインというレイアウトソフトで制作された印刷用のデータが持ち込まれる場合です。

この場合も、以前は写真原稿がポジフィルムの場合が多く、ポジフィルムを分解してデータ化する高解像度のスキャナーが製版会社などにしかないことが多く、持ち込まれるデータも画像に関してはアタリ(トリミングやサイズ・位置などを示す低解像度のデータ)が配置されていて、印刷会社側で、スキャンして色補正した本データと入れ替えて作業を進めることが多かったのですが、現在では高解像度の撮影が可能なデジタルカメラが非常に普及しているため、デザイナーさんの側でいわゆる「完全データ」を作られてくる場合が増えてきました。

イラストレータやインデザインを使って作られたデータについては、印刷会社も通常同じソフトを使って業務を行っているので、一番都合のよい入稿データなのですが、ただし気を付けなければならない点が2つほどあります。

ひとつは、フォントの互換性の問題です。
データを制作した側で使ったフォントが印刷会社で作業するマシンにない場合、預かったデータを開くと意図したフォントと違う書体に化けてしまいます。
そのため、お互いのフォント環境がわからない場合や、印刷側に同じフォントがないことが分かっている場合は、イラストレータやインデザインの機能を使ってフォントはアウトライン化しておくことが一般的です。

もうひとつは、イラストレーターやインデザインのバージョンの互換性の問題です。
データを出稿する側の制作ソフトのバージョンと、入稿を受け入れる側のソフトのバージョンが本来は同じであることが望ましく、もしくは出稿側より入稿側のほうのバージョンが高い(新しい)場合はほぼ問題はありませんが、その逆の場合は出稿側で入稿側のバージョンまでダウンバージョンして引き渡すことが望まれます。

オフィス系ソフトは印刷用データには適さない!?

ところで、デザイナーさんなどは仕事道具としてイラストレータやインデザイン、それに画像ソフトのフォトショップは必ずと言っていいほどお持ちですが、一般の企業や個人の方は、印刷用データの作成には、マイクロソフトワードやエクセル、それにパワーポイントなどのオフィスソフトを使われます。
実際に会社や家庭のプリンターなどではこれらのソフトで問題なくプリント出力ができるのですが、印刷用の入稿データとして使うにはかなり高いハードルをクリアする必要があります。

まず最初の問題が、イラストレーターなどのいわゆるプロ用のソフトと同じくフォントの互換性です。
特にWindowsOSでもMacOSでも標準搭載のフォントのみを使われている場合は問題は少ないのですが、それ以外のフォントが使われている場合、オフィス系のソフトではフォントのアウトライン化機能もないので文字化けが起こってしまいます。

もしお客様の方でオフィス系のソフトで制作したデータを印刷用PDFに変換していただければ、ほぼフォントの問題もクリアするのですが、PDFの保存形式(PDF X準拠)の選択や印刷用の塗り足しを付けておくなど気をつける点があります。
また、入稿されたデータにあとから印刷会社の方で、例えば文字を直すとか、色を変えるとか、画像を補正するなどの作業は一切できません。

さらにオフィス系ソフトで制作したデータが印刷データに適しなかった場合は、印刷会社のほうでお客様で作られたデータからテキストと画像を一旦引っ張りだして、もう一度イラストレータやインデザインなどのソフトを使って再レイアウトをする必要があります。
したがってコスト面でも時間面でも大きく膨らんでしまうことになってしまいます。

ですので、オフィス系のソフトを使って印刷のレイアウト・デザインをお考えの方は、データ作成の前に一度印刷会社などにご相談されることをお奨めいたします。ほとんどの印刷会社が無料で相談に乗ってくれて見積もりもしてくれるはずですので、お気軽にお尋ねください。

但し、あくまでもオフィス系ソフトは印刷用のレイアウト・デザインには向かないだけで、例えばワードでテキストデータを入稿するなどの使い方にはまったく問題はありません。

関連エントリー
今さら聞けない印刷用語集 その1「くわえ」
今さら聞けない印刷用語集 その2「ダブルトーン 」
今さら聞けない印刷用語集 その3「版下」
今さら聞けない印刷用語集 その4「取り都合」
今さら聞けない印刷用語集 その5「付け合わせ」
今さら聞けない印刷用語集 その6「トンボ」
今さら聞けない印刷用語集 その7「塗り足し」

今さら聞けない印刷用語集 その8「オーバープリント」
今さら聞けない印刷用語集 その9「ピンホール」
今さら聞けない印刷用語集 その10「経済ロット」
今さら聞けない印刷用語集 その11「クレーム」
今さら聞けない印刷用語集 その12「Mインキ・Sインキ」
今さら聞けない印刷用語集 その13「オンデマンド印刷」
今さら聞けない印刷用語集 その14「デザイナーとDTPオペレーター」
今さら聞けない印刷用語集 その15「ヤレと予備紙」
今さら聞けない印刷用語集 その16「DICカラーガイド」
今さら聞けない印刷用語集 その17「 色校正」
今さら聞けない印刷用語集 その18「束見本」
今さら聞けない印刷用語集 その19「入稿」と「出稿」
今さら聞けない印刷用語集 その20「罫線」


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

RGB-CMYK.jpg

以前、「入稿の手引き」というトピックスで、印刷入稿用のデータを作るのに際して注意するべきことをいろいろ説明させていただきましたが、それから5年ほど経ちました。
基本的には当時の記事はいまでも有効なのですが、時間が経って記事が埋もれ気味になっているのと、補足説明も加えて、改めて少し解説したいと思います。

さて、現在では、写真画像と言えば、ほぼ100%デジタルカメラで撮影されており、携帯電話やスマートフォンで撮られたものでも解像度的には充分印刷用データとして耐えうるものになりました。
またプロのカメラマンも自らRAWデータを「現像」して、データ入稿されるのが普通の状況になりました。

さらに年々PCなどのスペックもどんどんアップし、大容量のデータを移動するのもほぼコストがかからずスピーディーに行えるようになりました。

しかし、これらのデジタルデータを美しく印刷するためには、さらに手を施して「印刷用データ」に変換する必要があります。
今回はデジタルカメラで撮影されたデータを印刷用に変換する上での注意点を述べさせていただきます。

1.保存形式
通常デジカメで撮影された画像は、JPEG形式(拡張子.jpg)で保存されています。
JPEGは圧縮をかけることによって画像の容量を小さくしていますが、保存を繰り返すたびに画像の劣化が進んでいき、元の状態に戻すことはできません。
ですので、予め印刷用として使用する前提で撮影するときは、TIFF(拡張子.tif)形式など圧縮の掛かっていない画像形式で保存されることをお薦めします。
そして、Photoshopなどを使って画像補正やリサイズ作業をした後は、Photoshop形式(拡張子.psd)やEPS形式(拡張子.eps プレビュー:Macintosh(8bit/pixel)、エンコーディング:ASCII85)などに保存してください。
特にPhotoshop形式は加工用のレイヤーも含めて保存できますので、再補正や修正が必要になった場合に大変便利です。
ただ、JPEG形式でも解像度が充分にあり、撮影後に再保存をしていなければ、ほぼ問題はありません。

2.カラー設定とプロファイル
デジタルカメラで撮影した画像や一般的なスキャナーで読み込んだデータのカラー形式はRGBです。
写真画像だけを印刷会社に入稿される場合は、RGBのままでもよいのですが、IllustratorやIndesignなどのレイアウトソフトを使って完全データとして入稿される場合は、写真画像もCMYK形式に変換する必要があります。

このRGBからCMYKに変換するのに一番よく使われるのが、Photoshopではイメージ<モード<CMYKカラー(下図)ですが、

colormode.jpg

この際気を付けなければいけないのが、RBGとCMYKそれぞれのカラープロファイルです。
といいますのも、カラープロファイルによっては同じRGB、同じCMYKでも色の見え方は大きく変わる可能性があり、さらにRGBからCMYKへの変換の結果にも大きな違いがでます。

カラープロファイルの設定は、印刷を中心に考えればRGBはAdobeRGB、CMYKはJapan Color 2001 Coatedに設定されていることが望まれます。

つまり、撮影した画像は通常カメラが採用しているRGBカラープロファイルになっていますので、まずPhotoshop上ではAdobeRGBに設定し直し、画像補正を施し一旦保存した後、Japan Color 2001 CoatedのプロファイルでCMYKに変換します。

colormode02.jpg

画像補正はCMYKに変換してから行なっても問題はないのですが、昨今は写真画像を印刷用のほかWEB用にも兼用することが多いので、RGBの段階で色補正や加工を施しておけば、作業の二度手間が省けるわけです。

ちなみにCMYKカラーはRGBカラーに比べて表現できるカラー領域が狭い(特にオレンジなど)ので、一旦CMYKに変換したデータは再度RGBに戻しても当初のRGBに比べて鮮やかさが落ちてしまいます。

3.リサイズとシャープマスク
CMYKにカラー変換した際に、画像のリサイズとシャープマスク加工も行いましょう。
昔はPCマシンのスペックが低かったので、快適かつスピーディーな作業のためには必要以上に大きな画像は、必ず印刷用サイズまでリサイズしたものですが、最近はすごくマシンパワーが上がったので元画像は撮影した大きさのままで、レイアウトソフト上で大きくリサイズすることが多いのですが、印刷でのシャープで精度の高い表現のためには、適正サイズへのリサイズ作業とシャープネス加工が欠かせません。
特にアンシャープマスクは用途と画像サイズによって適正な値は変わってきますので、常にサイズごとに調整する必要がありますので、印刷サイズごとに設定する必要があります。

さらにCMYKに変換してから画像を保存する際は、下図のように保存ダイアログで「カラープロファイルの埋め込み」にはチェックを入れないでください。

save.jpg

プロファイルが埋め込まれていると、印刷会社が出力する際に使っているカラープロファイルと2重にプロファイルが掛かってしまい、色調に影響が出るのを防ぐためです。
また、必ずRGB保存したものとは別名で保存することも忘れないように気をつけましょう。


関連エントリー
入稿の手引き 文字(テキスト)編 その1
入稿の手引き 文字(テキスト)編 その2
入稿の手引き 画像編 その1
入稿の手引き 画像編 その2
入稿の手引き 完全データ編 その1
入稿の手引き 完全データ編 その2
入稿の手引き 完全データ編 その3
入稿の手引き 完全データ編 その4


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

uchiwa-ondemand02.jpg

好評いただいているオリジナルデザイン扇子や豆うちわのオーダーメイドと併せて、千鳥型うちわのお問合せもよくいただいています。
そこで今回は、千鳥型うちわのオーダーメイドについてご紹介いたします。

千鳥型うちわも、扇子と同様にオンデマンド印刷を利用することによって、1本からの小ロットでもご注文を承っています。
具体的なロットと価格は以下のとおりです。

price.gif

※2015年3月1日より団扇加工費値上げのため、価格を改訂させていただきました。

本数 片面カラー 両面カラー
10 1500円 2000円
50 700円 950円
100 685円 900円
200 660円 865円
300 655円 860円
500 650円 855円
1000 640円 850円

※上記の金額に消費税は含まれておりません。

  • 上記の価格に送料も含まれています。(国内のみ)
  • 上記の価格には用紙代団扇仕立代も含まれています。
  • 上記の価格は完全データ入稿の場合です。
  • 弊社でデータを作成する場合、別途デザイン費・レイアウトデータ作成費・スキャニング費・画像色調補正費などが場合によって必要です。
  • 色校正は、1回1,000円(税別)で承ります。


size.gif

chidorigata_size.gif

paper.gif

印刷用紙は、以下の弊社オンデマンド印刷用常備在庫用紙の中からお選びいただけます。



option.gif

本体の団扇の他、以下のオプションをご用意しております。

簡易うちわ立て(箱付) @280円(消費税別途 2014年6月1日改訂)

case.jpg


うちわ立て使用例

uchiwa-ondemand01.jpg


nyuko.gif

弊社ウェブサイト「印刷の悉皆屋」にテンプレートダウンロード用サイトをご用意していますので、そちらからテンプレートデータをダウンロードしてデザインデータをお作りいただき、そのデータを弊社へメール添付やファイル転送サービスなどをご利用いただきご入稿ください。

>からふね屋テンプレートダウンロードサイト

template-uchiwa.jpg


nouki.gif

弊社のオーダーメイド団扇は、老舗京団扇屋の熟練した職人さんが手作業でお作りしています。
従いまして納期はデータ入稿から納品まで約4〜5週間必要です。
特に繁忙期(4〜8月頃)は大変込み合いますので、時間に余裕をもって入稿ください。

その他不明な点など、くわしくは下記までお問合わせください。

f0111623_15221954.gif
電話      075-761-1166  
FAX       075-771-8539


関連エントリー
デザイン扇子入稿マニュアル
オリジナル扇子入稿用テンプレート
オンデマンドで、オリジナル扇子を1本から【価格・仕様編】
オンデマンドで、オリジナル扇子を1本から
【制作実績紹介】両面印刷オリジナル扇子
【制作実績紹介】サントリー様「山崎京扇子」
オンデマンド扇子 【制作実績part1】
【製作実績紹介】丸久小山園様 茶席用扇子
オリジナル豆うちわを作ろう!


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選


今回は特色印刷用のデータの作り方についてご説明いたします。

イラストレータやインデザイン、あるいはフォトショップで特色のデータをつくる場合、スポットカラーで作る方法もありますが、弊社ではプロセスカラーの各版に使いたい特色を割り当ててデータを作る方法をお勧めしています。

モニターやプリント出力で確認する場合は、スポットカラーでデータを作った方が実際の仕上がりイメージはわかり易いのですが、いずれにせよその時モニターやプリント出力で確認した色は擬似的に再現した色に過ぎませんので、実際の印刷結果とはかなりかけ離れていることが珍しくありません。

それに対して、プロセスカラーの各版(CMYK)に使いたい特色を割り当ててつくるメリットは、印刷用の版を出力するときトラブルが少ない、特色同士の掛け合わせの設定が比較的簡単にできる、などが挙げられます。
特に以前のフィルムセッターのRIPではスポットカラーの網点角度を変えることができなかったため掛け合わせの色やダブルトーン、2色分解がそのまま出力するとモアレをおこす危険性が高く、必ずプロセスカラーに置き換えて出力していた経緯があるので、その習性を引き継いでいる部分もあります。

またCMYKの各版に特色を割り当てたデータでしたら、弊社のプルーフ用出力機DocuColor 1257 GAの「2色印刷シミュレーション機能」を使って特色を擬似的にCMYKトナーに置き換えて再現することも簡単にできますので、わざわざ色確認用に別データを用意しなくても簡易的な色確認ができます。(あくまでも疑似表現ですので、実際の印刷とは同じにはなりませんが・・・)

具体的なデータの作り方としては、例えばDIC-100とDIC-200とDIC-300の3色(あくまでも仮定です)を使った特色印刷の場合、DIC-100の版をシアン(C)版に、DIC-200の版をマゼンタ(M)版に、DIC-300の版をブラック(K)版に割当てます。そしてDIC-100の50%の色とDIC-200の30%の掛け合わせを作りたいときはシアン(C)50%+マゼンタ(M)30%に指定します。イエロー(Y)は他の3色に対して網点角度が近いので、出来るだけ使うのは避けた方が良いです。(特色4色の指定の場合は使わざるを得ませんが・・・)

あとはフォトショップのダブルトーンを指定するときは、各色にシアン、マゼンタ、ブラック、という名前を付けます。
出来上がったデータは、プリント出力の際、分色出力機能を使って、間違いなく色がセパレートされているかを確認されることをお勧めします。


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選


以前 入稿の手引き 完全データ編 その3(フォトショップ)で、画像の保存形式はCSシリーズでは統合前のpsd形式で配置しても大丈夫だと解説いたしましたが、先日入稿されてきたデータを見て、問題があるケースの存在に気付きました。

それは、フォトショップデータのレイヤーにフォントを使っている場合です。
この場合、イラストレータやインデザインのフォントをすべてアウトライン化していても、配置したフォトショップデータに文字情報が残っていますので、出力の際に文字化けの可能性があります。

もちろん受注側のデータチェック用のPCや出力機とフォント環境が同じであれば問題はないのですが、そうでない場合はレイヤーを統合した上で(統合すればフォントは画像情報に変換されます)入稿していただいた方が間違いないと思います。



フォトショップ上でテキストを打つ。船のマークは画像。


レイヤーウインドウに「T」(テキスト)のマークが表示されている状態ではフォント情報が入っている。(A1明朝std、60ptなどのフォント情報)



レイヤーウインドウの右上の三角マークから「画像を統合」を選ぶと全てのレイヤーが統合され、テキストが画像化されるため、フォント情報が無くなる。(テキストレイヤーを選択して、『テキストをラスタライズ』してもテキストが画像化されます)



サンプルで作成したフォトショップのデータをイラストレータで配置してみました。
上(SAMPLE01.psd)がテキストレイヤーがあり、フォント情報が残ったもの。
下(SAMPLE02.psd)が全てのレイヤーを統合したもの。
イラストレータ上では全く同じに見える。
でも、同じフォントがインストールされていないマシン環境では文字化けを起こす可能性があるので注意。


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選


アドビシステムズ社のイラストレータと並ぶもうひとつの看板アプリ、フォトショップは現行のCS3でバージョン10を数えます。

フォトショップが発売当時はMac本体も100万円ぐらいしましたし、フォトショップとイラストレータとフォント、さらにスキャナーやモノクロプリンターまで買い揃えれば200万円コースの世界でしたが、それでもそれまで限られた製版会社でトータルスキャナーという何千万円もするシステムでなければ出来なかった画像処理が文字通りデスクトップ上で出来るようになった衝撃はいまでも忘れられません。(ただ当時のマシンスペックは甚だ心許ないものでしたので、保存1つ行うにしても恐ろしいほど時間がかかり、本当によく作業しながら朝を迎えたものです)
ところでフォトショップの場合、他のアプリに比べ、バージョンの違いによるトラブルは、EPS形式にさえ保存しておけばあまり起こらなかったのですが、それでもいくつか注意すべきところはあります。

保存形式
前述の通り基本的にはEPS保存であれば間違いはないのですが、その際EPSオプションというダイアログ画面で、プレビューはMacintosh(8bit/pixel)、エンコーディングは、OS-9ではバイナリ、OS-XではASCII85を選択してください。
よくデータを軽くするためにプレビューをMacintosh(JPEG)、エンコーディングをJPEG-最高画質を選択される場合がありますが、出力環境によってはカラーがモノクロに変換されてしまうケースなどがありますので事前に出力サイドに確認が必要です。
また、CSシリーズでは、PSD形式でレイヤーを統合していない画像もイラストレータやインデザインに配置できるようになりましたので、以前のようにレタッチ用のレイヤーを統合していないファイルと配置・入稿用の統合EPSファイルの2種を用意する必要はなくなりました。したがってpsdデータで入稿いただいても結構です。

カラー設定とカラープロファイルの埋込
カラー設定では作業用スペースはRGBではAdobeRGB(1998)、CMYKではJapan Color 2001 Cotedを選択して、最終的にはJapan Color 2001 Cotedのカラープロファイルを埋め込んだもしくはなにもプロファイルを埋め込まないCMYK形式で保存してください。

画像解像度
カラー及びグレースケールの印刷用のデータとしては、実際に紙に印刷される画像サイズと同比の画像ドキュメントサイズで解像度が350dpi前後必要です。
また白黒2階調の場合は同じく紙に印刷される画像サイズと同比の画像ドキュメントサイズで解像度が1200dpi前後必要です。入稿前に必ず「画像解像度ダイアログ」を開いて確認してください。

シャープマスク
手持ちのスキャナーで分解した画像やデジカメで撮影した画像は、シャープネス加工が施されていませんので、そのままの状態で印刷するとどうしても「眠たい」仕上がりになってしまいます。
前述の画像解像度で適正な解像度に設定した上で、シャープマスクフィルタを使って適当なシャープマスクを掛けてください。
適当なシャープネスとは、モニタ上で少しシャープネスが強すぎるかな・・・と感じるぐらいが良いのですが、もし塩梅がわからなければ、入稿の際に「シャープマスクは掛けていないので、そちらで加工してほしい」と一言お声掛けください。

切り抜き
パスを使って切り抜きは、必ずパス名を保存し、クリッピングパスで平滑度を設定(0.2デバイスピクセル)の上、保存してください。


フォトショップに関しても、また注意点が思いついたら、追々このブログで紹介してゆきます。


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選


アドビシステムズ社のイラストレータは1987年に発売され、現行のCS3はバージョン13をかぞえ、フォトショップと並んでDTPにおけるデファクトスタンダードと呼べるソフトです。
弊社の全入稿データの中でも、イラストレータで製作されたデータは全体の9割を超えます。
ただ2003年にCSシリーズに移行してもう5年が経とうしていますが、まだまだバージョン8で入稿される方もたくさんいらっしゃるのが現状です。
またバージョン8とCSシリーズの間にはバージョン9や10がありましたが、アプリ自体に大きな変更があった直後で不安定な部分が見受けられたのと、ちょうどMacOSも大きく変わったために、安定性が強く求められるデザインや印刷の現場ではバージョンアップが避けられ、結果あまり使われないバージョンで終わりました。

では、以下箇条書きでイラストレータで制作したデータ入稿の注意点を挙げます。

フォント
フォントはできるだけアウトライン化してください。
OS9環境のVer.8・9・10で、CIDやOCFフォントを使用されている場合は必ずアウトライン化して入稿ください。
OS-XとCSシリーズの組み合わせの環境でOTFを使用の場合は、ご使用のフォントが弊社のフォントに対応しているかを事前にご確認いただき、未対応のフォントについてはアウトライン化ください。

不要物の消去
余分なポイントや必要のないオブジェクトは必ず消去してください。

カラーモード
カラーモードは必ずCMYKを選択してください。

スポットカラー
カラー印刷の場合、スポットカラーはスウォッチオプションのカラータイプをプロセスカラーにご指定ください。


線の太さの設定は0.2pt以上をご指定ください。
アミ点指定(たとえばK50%)の線はさらに太くする必要があります。

オーバープリント設定
各フォント・オブジェクトのオーバープリントの設定を確認してください。
時々あるのが意図せずオーバプリントの設定にしていたために重ねた文字やオブジェクトの色が変わってしまったり、消えてしまう(白の場合)ケースです。なお、通常はスミ100%指定のフォントやオブジェクトはイラストレータでのオーバープリント設定の有無にかかわらず、強制的に製版サイドでノセ(オーバープリント)になるように設定してあります。デザイン上スミ100%の文字やオブジェクトをノセにせず、抜き合わせにされたい場合は入稿時にその旨を必ず担当にお伝え下さい。

裁ち落とし
裁ち落としの画像やオブジェクトには必ずヌリ足しをつけてください。

リンク画像
埋め込んだ画像や、イラストレータ上でリサイズしたリンク画像をその後フォトショップで修正した場合やリサイズした場合は、必ず再リンクし直してください。

透明効果
バージョン9以降で透明効果(ドロプシャドウなど)を使った場合、書類設定やドキュメントのラスタライズ設定を高解像度に設定してください。
RIP出力環境によってはイラストレータの設定に関わらず、適切な解像度に変換できる場合もありますが、イラストレータのデフォルト設定は低解像度になっているので、都度再設定することをお勧めします。



データ入稿の注意点は数え出したらそれこそきりがないほどたくさんあります。
ここではとりあえずほんの障りだけ紹介して、また追々思いついたときにでもこのブログで追加していきたいと思います。


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選


これまでは、テキストや画像データを個別に入稿、弊社でデザイン・レイアウトを行うケースについて説明してきましたが、そのほかの入稿方法としては、印刷データ製作用のアプリケーションソフト(Adobe IllustlatorやIndesignなど)でデザイン・レイアウトまで完了したデータによる入稿、いわゆる完全データ入稿があります。
印刷データ製作用のアプリケーションソフトは、価格が高価である上、操作難易度も高く、また印刷の専門的知識も必要なため、一般の方はほとんど使われていませんが、グラフィックデザイナーなどには必須のツールです。
したがってデザイナーの方が発注主である場合や、デザイナーを介して印刷を発注をされる場合は、ほぼレイアウト・デザイン済(≠完全)データ入稿になります。
そこで、今回はこのケースの場合のよくあるデータ不備例や注意点について説明させていただきます。

まず、非常に多いのが、入稿時にデータの製作環境(使用OS,使用アプリケーションとそのバージョン、使用フォントなど)をまったく知らせていただけないケースです。完全データ入稿の場合に一番大事なことは、発注側と受注側のデータ環境が極力同じであることです。
データ環境が違うとフォントの不一致による文字化けや、アプリケーションのバージョン違いによるエラーなど致命的な問題が起こり得ます。もちろん受注側も製作環境の指定がなくても、細心の注意をはらってデータをチェックしますが、デジタルフォントは無数に存在しますし、アプリケーションのバージョンアップも非常に煩雑にありますので、予め製作環境を知っておくことは作業工程の短縮化と無駄なコストの削除に大きく寄与します。
それとアプリケーションのバージョンに関連した話ですが、以前にPCに同じアプリケーションの複数のバージョンがインストールされていて、1つのドキュメントデータを作業のたび違うバージョンで開いては保存を繰り返していたため、入稿していただいたデータが破損していた・・・というようなケースもありました。ドキュメントをダブルクリックして開く癖のある方は十分にご注意ください。

あとOSに関してはMacOS9環境で製作されている方がまだまだたくさんいらっしゃいます。弊社はOS-X環境に完全に移行しているため、IllustlatorのVer.10以下をご使用の場合は、すべてのフォントをアウトライン化していただくようお願いいたしております。またQuarkXPressのVer.4.1以下をご使用の場合は、弊社の残されたOS9環境のPCが作動している間は対応いたしますが、このPCが使用不能になった段階で対応を打ち切らせていただく予定です。

最後に余談ですが、最近デザイナーの方が入稿される際にデータ製作環境の伝達どころか使用する印刷用紙もご指定いただけないケースが増えてきました。
本来なら紙質もデザインの大きな要素の一つですし、紙質によって色指定なども微妙に変わってくる場合もあるはずですが、入稿の際にこちらがお尋ねして初めて考えるケースも多々あります。昔版下で入稿していただいていた頃は主に版下の上にかけられたトレーシングペーパーに色々な指示が事細かに書き込まれていたものですが、これもデジタルツールによる入稿の弊害のひとつでしょうか?

次回からはアプリケーションごとにデータ製作の注意点などを挙げさせていただきます。


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選


前回は、画像サイズについて説明いたしましたが、今回は保存形式についてです。
通常のデジタルカメラでは画像の保存形式は、JPEG形式のみか、JPEG形式とTIFF形式のいずれかから選択、が一般的です。JPEG形式の場合は、拡張子が「.jpg」もしくは「.jpeg」、TIFF形式の場合は「.tif」もしくは「.tiff」が付きます。

どちらもMacOSやWindowsOSを問わず、非常に幅広く使えますが、大きな違いは、JPEG形式は人間の目ではあまり目立たない部分の画像を間引きしてデータを圧縮して保存しているのに対して、TIFF形式は原則として圧縮していない、画像を生成した状態そのものでの保存されることです。また印刷の場合最終的にCMYK色域で作業を行いますが、TIFF形式はRGBとCMYKのいずれにも対応しているのに対して、JPEG形式はRGBのみサポートしています。

したがって印刷入稿用の画像データとしてはクオリティの面から見れば、TIFF形式の方が良いと言えます。ただTIFF形式の難点は、データ容量が非常に大きくなってしまうことです。一方JPEG形式は容量が非常に軽く、メールに添付出来、ブラウザ等で簡単に開いてみることが出来るため、より汎用性が高い形式といえます。また印刷会社ではPhotoshopなどのソフトで簡単にRGBからCMYKに色域を変換できるので、JPEG形式でも入稿方法に注意すれば、十分印刷入稿用データとして使えます。

JPEG形式の画像データを入稿する場合の注意としては、まず同じJPEG形式でも圧縮の度合いが違うモードが用意されているケースもあるので、前回の「画像編 その1」でも述べたようにカメラの持っている"最大の画像サイズ"と"最良の画質モード"を選択してください。圧縮が大きいとデータは小さくなりますが、その分画質は劣化するのに対し、圧縮が小さいと画像の品質は高くなりますので、出来るだけ圧縮の小さいモードをお選びください。

次に注意する点は、撮影した画像を画像加工ソフトなどで開いて、保存を繰り返さないことです。JPEG形式は「非可逆圧縮」方式が採用されているため、保存を繰り返すたびに画像の劣化が進んでいき、元の状態に戻すことはできません。ですから、印刷会社などに渡されるデータは、出来る限り撮影したままのオリジナルデータにしてください。(製作現場では、通常は圧縮しない保存形式で作業をすすめるため、それ以上画像が劣化することはまずありません。)

ところで最近は、手頃な価格になってきたため、一眼レフタイプのデジタルカメラも非常に人気が高いようですが、このクラスのカメラだと大体、TIFFやJPEGのほかにRAWデータ形式も選ぶことができます。
このRAWデータというのは、銀塩カメラに当てはめて言えば、TIFFやJPEGが現像のすんだポジフィルムにあたるのに対して、RAWデータは現像前のポジフィルムやネガフィルムの状態にあたります。つまり、TIFFやJPEGデータはカメラの中で色調補正などが既に施されているのに対して、RAWデータは色の明度差情報だけの生(=RAW)の状態なのです。そのため専用のソフトなどを使って好みの色を作っていくことなどができますが、この場合、以前ならプロのカメラマンと現像所の間でやりとりされていた領域でいろいろと専門性も高いので、もしRAWデータで入稿を希望される場合は、事前に印刷会社と入念に打ち合わせをされることをお勧めいたします。


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選


アナログ製版の時代からDTPが主流になっても、しばらくは画像の入稿はポジフィルムやプリント写真、版下がほとんどでした。
しかし最近はデジタルカメラの急激な普及もあり、デジタルデータでの入稿が非常に多くなりました。デジタルデータで画像を入稿していただくと、こちらでのスキャニングの手間が省かれ、その分のコストもかからず、工程も短縮できるのでお客様にとってもメリットは十分あるのですが、一方デジタルデータ入稿ならではの問題もたくさん出てきています。

一番の問題は画像サイズです。
印刷原稿用データは通常のモニタ表示やプリンタ出力に比べて非常に大きなサイズのデータが必要です。ところが今までのポジフィルムやプリント写真、版下でしたら、こちら側でスキャニングをしましたので、その際に印刷に適正な画像サイズに拡大(縮小)できたのですが、デジタルデータで入稿の場合、縮小は問題ないのですが、いただいた画像サイズより拡大しないといけない場合、印刷に適正な解像度が足らなくなります。

とはいっても、どれぐらいのサイズが印刷に適正なデータかは一般の方にはわかりませんので、印刷用の画像としてデジタルカメラで撮影される場合は、とにかくそのカメラの持っている"最大の画像サイズ"と"最良の画質モード"を選択されることをお勧めします。

ちなみにあくまでも参考程度ですが、印刷に使うサイズが

名刺大の画像の場合→130万〜200万画素
はがき大の画像の場合→300〜400万画素
A4大の画像の場合→800〜1200万画素

程度であれば、印刷適正サイズです。この数字を参考にしてカメラをお選びください。
ただし携帯電話のカメラ機能も最近は多画素数になってきましたが、同じ画素数でもシャッター機能がないので、撮った画像はムービーの静止画像と同等にすぎません。したがってデジカメで撮影したものに比べてピントなども甘いので、印刷入稿用としては向いていません。

ところで、あまり画像サイズが大きいとメール添付することが出来ず、入稿に手間がかかるというお客様もいらっしゃると思います。そこで弊社ではFTPサーバによる入稿も受け付けております。20GBほどの容量を確保しておりますので、大量の印刷データの入稿にも対応できます(3月25日ごろからの予定、それまでは2GBになります)。
また、それぞれのお客様にIDとパスワードをその都度発行させていただきますので、セキュリティの面でも安全に入稿いただけます。
入稿方法などにつきましては、お気軽にお問い合わせください。


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

からふね屋

株式会社からふね屋は大正10年創業の印刷会社です。

からふね屋が運営している「紙と印刷」製品のショップです。

からふね屋の自費出版部門です。

1本からオリジナル扇子をつくることができます

アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

堀尾武史
株式会社からふね屋 代表取締役

昭和36年生まれの丑年
京都生まれ京都育ちの印刷屋四代目社長。
小学1年から大学4年まで剣道にひたすら明け暮れ、一応各年代で全国大会には出場、入賞なども果たす。
同志社大学卒業と同時に親戚の印刷会社で修行、ここで大いにしごかれ現在に至る。
自社にあった活版印刷から写植、フィルム時代を経て現在のDTPまでひと通り印刷については経験、美しい印刷を愛す。
趣味はお酒とアート鑑賞、読書、音楽(JAZZ・ROCK・POP・REGGAE・CLASSICなどオールランド)、TV鑑賞(ガイアの夜明け・カンブリア宮殿・たけしアートビートなどがお気に入り)、ウォーキング。