GA010_L.jpg

新年あけましておめでとうございます。

弊社は本日1月5日が2016年(平成28年)の仕事始めとなりました。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

さて会社は今日から営業ですが、昨日は一足早く東京方面に新年の挨拶に出かけ、いつものように、そのついでと言ってはなんですが、初詣も済ませてきました。

atagojinjya001.jpg

今回は、東京虎ノ門近くの愛宕神社にお詣りしてきたのですが、この神社は京都の愛宕神社が総本社で、江戸に幕府を設く時に徳川家康の命により防火の神様として祀られました。

なぜ京都の愛宕神社があるのにわざわざ東京でお詣りしてきたかと言いますと、この東京の愛宕神社さんは火に関するもの、すなわち防火・防災のほか、商売繁盛、なかでも印刷・ITコンピュータ関係に御利益があると謂われているからでした。

因みに印刷・コンピュータ関係との繋がりは、昔から機械を起動することを「火を入れる」と云ったことにまつわる(大型電力を使うからという説もある)そうです。

それだったら他の機械を使う製造業全般にあてはまるじゃないか、というツッコミはさておき、東京23区内で自然の地形としては一番標高の高い(26メートル)愛宕山の参道を登ると、境内はちょうど仕事始めの会社が多い日とあって、ビジネスマンらしき参拝待ちの人々で溢れかえっていました。

atagojinjya002.jpg

atagojinjya003.jpg

atagojinjya004.jpg

基本的は並ぶのが大嫌いな私ですが、ここは会社のためと思い我慢して長いこと行列に並び、一年の無事と繁盛を祈願してようやく無事帰路に着きました。



にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

GA192_L.jpg


いろいろあった2015年も残すところあと3日。

おかげさまで弊社もなんとか今年も1年を無事終えることができました。

これもひとえに、常日頃よりご愛顧いただいておりますお客様と、いつもご支援いただいているお取引先様のお蔭と、あらためて御礼申し上げます。

来る年も社員一同創意工夫を重ね、少しでも皆様のお役に立てるよう努力、精進してまいる所存ですので、何卒ご贔屓のほどよろしくお願い申し上げます。

さて、本日28日(月)にて年内の営業は終了させていただき、

12月29日(火)〜1月4日(月)

の間、休業させていただきます。

なお、GALLERY&SHOP唐船屋もこの期間は閉店いたしておりますが、オンラインショップは休まず営業しています。

但し、上記の期間にいただいたご注文商品の出荷は1月5日(火)以降となります。
予めご了承ください。

それでは、皆様良いお年をお迎えください。


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

おかげさまでこのブログ「印刷見聞録」も年内で開始以来丸9年を迎えます。

今年からこの「印刷見聞録」と並行して、「うぇぶ事始め」というブログも始めたので、年間の記事数が例年の約半分になりましたが、「いいね」を今年もたくさんいただくことができました。

そこで、この「印刷見聞録」でいただいた今年の「いいね」数ベスト5を発表したい思います。

第5位 29いいね!  平成28(2016)年オリジナル年賀状 受付開始 
(2015年10月29日)

2015_nengajyo_002.jpg

今年も年賀状の記事にはたくさんの「いいね」をいただき、またそれに伴って新規のご注文もたくさんいただきました。


第5位 29いいね! 遅ればせながら明けましておめでとうございます。 
(2015年1月9日)

01.jpg

なぜか新年一番のご挨拶記事にも「いいね」を今年はたくさんいただきました。


第4位 30いいね! 今さら聞けない印刷用語集 その20「罫線」
(2015年3月1日)

keisen_001.jpg

今年は「今さら聞けない印刷用語集」シリーズは計4本の記事を掲載しましたが、いずれも多くの「いいね」をいただきました。
来年も引続き「ネタ」を考え出していきたいと思います。


第3位 38いいね! 近鉄百貨店上本町店「第36回全国和紙展」出展のお知らせ 
(2015年4月11日)

washiten.jpg

急なお話だったのですが、今年の春近鉄百貨店上本町店様からお声がけをいただき、はじめて百貨店催事にGALLERY&SHOP唐船屋として出店させていただきました。


第2位 56いいね! 今さら聞けない印刷用語集 その19「入稿」と「出稿」
(2015年2月14日)

IMG_3572.jpg

こちらの記事は2月に掲載したものですが、いまでもGoogleなどのキーワード検索からの流入も多数あり、「いいね」の数も伸びました。


第1位 502いいね!  平成28年(2016)からふね屋オリジナル年賀状
(2015年11月15日)

image-nenga2016.jpg

今年の1位は、昨年の倍近い数の「いいね」を集めた弊社オリジナル年賀状の告知記事です。
約2週間Facebookページを広告に出したおかげで非常にたくさんの「いいね」をいただくことができました。

来年は1,000「いいね」を目指して、さらに良い記事が書けるよう精進してまいりたいと思いますので、皆様よろしくお願いいたします。

関連エントリー
2014年ブログ「いいね!」ランキングBEST10発表
2013年ブログ「いいね!」ランキングBEST10発表
2012年ブログ「いいね!」ランキングBEST10発表
2011年からふね屋10大ニュース


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

2015_nengajyo_004.jpg

いよいよ師走に突入しましたが、おかげさまで、今年もからふね屋のオリジナルデザイン年賀状は、先日アップしたブログ記事に500以上の「いいね」をいただくなどご好評をいただき、ご注文も順調にいただいております。

ところで15日(火)からは郵便局で年賀状配達の受付もはじまります。
また、弊社の注文受付もなにぶん手摺りのシルクスクリーン印刷ということもあって制作に時間がかかるため16日(水)には本年分は終了させていただきます。

今年はまだ注文をされていないお客様や、ご検討中の皆様は締切まであと10日ほどですので、ぜひお急ぎください。

それでは、まだご準備中の皆様にもご参考になるよう毎年恒例の、ここまでの今年の年賀状のデザイン人気ランキングを発表いたします。(2015.12.05現在 それぞれの画像はクリックで拡大できます。)

■第7位

A1601.jpg
A1601

もっとも色数の多い4色タイプの土鈴のおさるさんが現時点では7位です。


■第5位

B1603.jpgB1603 B1604.jpg B1604

同じデザインの色違いが仲良く5位に並びました。


■第4位

C1602.jpg C1602

毎年定番デザインの隷書タイプは安定的な人気があり、今年も4位に入りました。


■第3位

B1607.jpg B1607

3位には干支のサルではなく縁起物デザインの青海波の扇子が選ばれました。


■第2位

B1601.jpg B1601


■第1位

B1602.jpg B1602

1位と2位は今年は圧倒的な人気で能人形がモチーフのおサルさんのデザインが選ばれています。

それでは、改めて価格とご注文方法をご案内いたします。

【価格表】
pricelist_2016.gif
※上記価格に消費税は含まれておりません。別途8%頂戴いたします。

  • 上記の金額は、片面文字1色印刷費及び私製はがき(紙)代を含んだ価格です。
  • お年玉付はがきをご希望の場合は、上記価格に加えてはがき代を別途頂戴するか、お年玉付はがきを御支給いただきます。(インクジェットプリント用年賀はがきは不可)
  • 100枚以下の場合は、上記100枚の金額とさせていただきます。
  • 400枚以上のご注文につきましては、別途お見積もりさせていただきます。


【ご注文方法】

  1. サンプルの中から図案を選んでいただきます。
  2. 注文枚数をお決めいただきます。
  3. 挨拶の文章・住所・お名前・電話等の記載事項の原稿(手書きでもデータでもなんでもOKです)を弊社にメール・電話・FAXなどでお送り下さい。また、挨拶の文章は当方お任せでも結構です。
  4. 受注後文字校正を一度おくります。ご確認いただきましたら印刷にかかります。
  5. 校正時にご請求金額と入金先の口座をご連絡いたしますのでお振込みください。入金確認後、改めて納品日をご連絡いたします。


尚、お年玉付はがきの場合、一番いいのはお客様から印刷分の数量のはがきをご支給いただいて印刷する方法です。
またご希望によっては弊社のお立替でお年玉付はがきを用意して印刷代と一緒にご請求することもできますが、後半になってくると数に限りが出てくる可能性があります。
納期は、時期によって前後しますが、概ね受注後10日~2週間ぐらいです。
尚、この商品は受注生産ですので、オンラインショップでは取り扱っておりません。

現物サンプルをご覧になりたい方は、弊社までご連絡ください。
サンプルをお送りいたします。
ただし数に限りがありますので、品切れの節はご容赦ください。

f0111623_15221954.gif
電話      075-761-1166  
FAX       075-771-8539


また、干支以外であれば、特設サイドの下の方に掲載している過去の年度のデザインをご注文いただくことも可能です。

2015_nengajyo_001.jpg

過去のデザインは、下記の関連エントリー記事からもご覧いただけます。


関連エントリー
  平成28年(2016)からふね屋オリジナル年賀状
  平成28(2016)年オリジナル年賀状 受付開始
  平成27(2015)年 からふね屋オリジナル年賀状 販売中
  60年前の年賀状
【歳時記】年賀状と寒中見舞い



にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

image-nenga2016.jpg

おかげさまで、今年もからふね屋オリジナルデザインの年賀状を好評販売中です。
来年の干支は丙申(ひのえさる)歳、おサルさんの図柄を中心に6柄10種のデザインを用意いたしました。

現在弊社の特設ウェブサイトでも図柄の紹介とご注文方法をお知らせしていますが、このブログでもあらためてお知らせいたします。

まずはそれぞれの図案から紹介します。(それぞれの画像はクリックで拡大できます。)

■Aタイプ(4色刷り)

A1601.jpg
A1601
土鈴の申をあしらった図案です。
スクリーン印刷独特の厚みのある金と白色の発色がデザインを引き立てています。

■Bタイプ(3色刷り)

B1601.jpg
B1601
少しユーモラスな申の能人形がモチーフのお目立たい図案です。


B1602.jpg
B1602
上の図柄の色違いです。
落ち着きのある金色が格調ある雰囲気を醸し出しています。


B1603.jpg
B1603
見ざる、聞かざる、言わざるの三猿(さんざる、さんえん)が
モチーフになっています。
可愛らしい薄ピンクの地色と金・銀色の取り合わせもたいへんきれいです。


B1604.jpg
B1604
同じく三猿をモチーフに爽やかなペパーミントグリーンが
金と銀の発色を華やかに引き立てます。


B1605.jpg
B1605
土鈴のサルの図柄を可愛くあしらいました。
地色のクリーム色はスクリーン印刷独特のボリューム感があり
赤縁(あかふち)が引き締めています。


B1606.jpg
B1606
上と同じ図案で、薄桃色がやさしい雰囲気で女性向きの配色です。


B1607.jpg
B1607
青海波柄の扇子をあしらった如何にもお目出度い
新春のご挨拶ににふさわしい図柄です。


■Cタイプ(2色刷り)

C1601.jpg
C1601
毎年定番の篆刻風の隷書体文字のデザイン。
今年はお正月らしい爽やかなブルーと組み合わせました。


C1602.jpg
C1602
こちらも篆刻風の隷書体文字タイプ。
明るい珊瑚色に重厚な金色が映えます。


【価格表】
pricelist_2016.gif
※上記価格に消費税は含まれておりません。別途8%頂戴いたします。

  • 上記の金額は、片面文字1色印刷費及び私製はがき(紙)代を含んだ価格です。
  • お年玉付はがきをご希望の場合は、上記価格に加えてはがき代を別途頂戴するか、お年玉付はがきを御支給いただきます。(インクジェットプリント用年賀はがきは不可)
  • 100枚以下の場合は、上記100枚の金額とさせていただきます。
  • 400枚以上のご注文につきましては、別途お見積もりさせていただきます。


【ご注文方法】

  1. サンプルの中から図案を選んでいただきます。
  2. 注文枚数をお決めいただきます。
  3. 挨拶の文章・住所・お名前・電話等の記載事項の原稿(手書きでもデータでもなんでもOKです)を弊社にメール・電話・FAXなどでお送り下さい。また、挨拶の文章は当方お任せでも結構です。
  4. 受注後文字校正を一度おくります。ご確認いただきましたら印刷にかかります。
  5. 校正時にご請求金額と入金先の口座をご連絡いたしますのでお振込みください。入金確認後、改めて納品日をご連絡いたします。


尚、お年玉付はがきの場合、一番いいのはお客様から印刷分の数量のはがきをご支給いただいて印刷する方法です。
またご希望によっては弊社のお立替でお年玉付はがきを用意して印刷代と一緒にご請求することもできますが、後半になってくると数に限りが出てくる可能性があります。
納期は、時期によって前後しますが、概ね受注後10日~2週間ぐらいです。
尚、この商品は受注生産ですので、オンラインショップでは取り扱っておりません。

現物サンプルをご覧になりたい方は、弊社までご連絡ください。
サンプルをお送りいたします。
ただし数に限りがありますので、品切れの節はご容赦ください。

f0111623_15221954.gif
電話      075-761-1166  
FAX       075-771-8539


また、干支以外であれば、特設サイドの下の方に掲載している過去の年度のデザインをご注文いただくことも可能です。

2015_nengajyo_001.jpg

過去のデザインは、下記の関連エントリー記事からもご覧いただけます。


関連エントリー
  平成28(2016)年オリジナル年賀状 受付開始
  平成27(2015)年 からふね屋オリジナル年賀状 販売中
  60年前の年賀状
【歳時記】年賀状と寒中見舞い


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

2015_nengajyo_002.jpg

本日より日本郵便でお年玉付年賀はがきの発売が開始されます。
弊社でも来る丙申(ひのえさる)歳のオリジナルデザインの年賀状の販売を開始しています。

来年の干支の申(さる)の図案を中心に今回も6柄10種のサンプルを用意いたしました。

2015_nengajyo_003.jpg

官製のお年玉年賀はがきも本日入荷予定ですので、今からでもすぐご注文をお受けいたします。

なお弊社では、ご注文をいただいてから図柄も含めて印刷いたしますので、納期は10日〜2週間ほどかかります。
また、12月15日の年賀状投函の受付開始前後は非常に注文が混み合いますので、できるだけ早目のご注文をおすすめいたします。

価格や発注方法など詳しくは弊社ウェブサイトに特設サイトを用意しておりますので、下記リンクからご参照ください。

からふね屋2016年オリジナル年賀状特設サイト

尚、この商品は受注生産品ですので、オンラインショップでは取り扱っておりません。

若干数ですが、現物見本もご用意しております。
現物見本をご覧になりたい方は下記までお問合せください。
但し、品切れの節はご容赦ください。

f0111623_15221954.gif
電話      075-761-1166  
FAX       075-771-8539

関連エントリー
平成27(2015)年 年賀状デザイン 人気ランキング発表!
平成27(2015)年 からふね屋オリジナル年賀状 販売中
平成27(2015)年 からふね屋オリジナル年賀状
平成27(2015)年オリジナル年賀状 受付開始
60年前の年賀状
【歳時記】年賀状と寒中見舞い


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

20151021rune_001.jpg

前回のブログで紹介した伊勢丹新宿本店で開催中のRoots of Kawaii「内藤ルネ」〜過去・現在そして未来へ 初日の21日に行ってきました。

20151021rune_002.jpg

伊勢丹新宿本店の道路の面したウィンドディスプレイも大きく「内藤ルネ」がフィーチャーされています。

さっそく店内に入り、1階のザ・ステージに向うと、京都在住・プティ・タ・プティのイラストレーターのナカムラユキさんがプロデュースする架空空間「内藤ルネの部屋」の正面入口に、弊社で製作したステーショナリーグッズが展示されていました。

20151021rune_007.jpg

20151021rune_008.jpg

このスペースには、ほかにも京都と内藤ルネの世界観をミックスしたナカムラユキさんプロデュースのオリジナルコラボレーション商品が並んでいます。

ちなみにこの中から、オリジナルコラボの一筆箋とレターセット、それにポチ袋は、イベント開催中(27日まで)伊勢丹オンラインショップでもお求めいただけます。
是非こちらも覗いてみてください。

20151021rune_011.jpg  伊勢丹オンラインストア「内藤ルネ」特設サイト

その後、4階でプティ・タ・プティの販売スペースにいらっしゃったナカムラユキさんにご挨拶した後6階に上がり、Roots of Kawaii  「内藤ルネ」展 ~夢をあきらめないで~で創作初期から晩年までのイラスト原画、デザイン原画のほか約200点の原画・原作作品などを観て、

20151021rune_009.jpg 20151021rune_010.jpg

同じく6階催事場に特設された、人形をこよなく愛し続けコレクションしていた内藤ルネに捧ぐ、というコンセプトのRUNE PARLOURへ、

20151021rune_003.jpg

イベント初日のオープン直後の午前中のため、お客様の姿はまだ見当たりません(汗)
ウエイトレスやウエイターのユニフォームやパフェプレートまで、これもナカムラユキさんがプロデュースされた店内はまさにkawaii ルネテイストに溢れています。

思わず後ずさりしそうになる心を抑え(苦笑)、あらん限りの勇気を振り絞って店内に入り、

20151021rune_005.jpg

新宿高野、内藤ルネ、伊勢丹のトリプルコラボにより誕生した期間限定パフェを注文しました。

20151021rune_004.jpg

肝心のところでピンぼけ写真になってしまいましたが、ランチョンマットの上には、弊社が製作した紙コースターとナプキンがサーブされ、

20151021rune_006.jpg

特製フルーツパフェが登場、おししくいただきました。

伊勢丹新宿本店の「内藤ルネ」展は10月27日(火)まで開催、その後三越伊勢丹グループの国内外各店を巡回する予定だそうです。

その後、地下鉄で日本橋三越本店に移動して、ウェブサイト製作などでお世話になっている利茶土ミルグリムさんの利茶土窯30周年記念展 ーPART2ー 利茶土の茶陶 還暦展に伺いました。

richard_mitsukoshi2015.jpg

この展覧会の図録は、弊社で制作した電子カタログ(ベースのPDFデータはクライアントよりご支給)でご覧いただけます。

richard_mitsukoshi2015_02.jpg 陶芸家利茶土ミルグリムの茶陶ウェブサイト 今月の逸品2015年10月

展覧会の会場では、利茶土さんと奥様にご挨拶して、作品を拝見、呈茶席では利茶土さんの茶碗でお茶を美味しくいただき、帰途につきました。

なお、利茶土さんは、この後京都の野村美術館で、利茶土窯30周年 記念展 −PART 3−  利茶土の茶陶 "EAST MEETS WEST in KYOTO" の開催が予定されています。


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

main.jpg

来週21日(水)から東京の伊勢丹新宿本店にて全館をあげて「内藤ルネ」イベントが開催されます。
実はこのイベントに弊社も少しだけ関わらせていただいていますので、少しご紹介します。

内藤ルネは、1950〜60年代にかけて圧倒的な人気のファッション誌「ジュニアそれいゆ」の表紙と挿絵を担当し、大ブレイクした元祖「カワイイ」のルーツと言われるイラストレーターで、その後のガールズポップ文化に多大な影響を残した巨匠です。

今回のイベントはある年代以上の特に女性の方には非常に懐かしく思い出されるキャラクターやアイテム、イラストなどがたくさんあり、またそれより若い年代の方にもかならずや共感を呼ぶはずです。





期間中伊勢丹新宿本店では、本館6階催物場で

Roots of Kawaii  「内藤ルネ」展 ~夢をあきらめないで~を開催

rune_naito02.jpg

創作初期から晩年までのイラスト原画、デザイン原画のほか約200点の原画・原作により、「ガールズポップカルチャーの巨星・内藤ルネ」の功績とその魅力を紹介します。


◆期間限定パフェショップ RUNE  PARLORをオープン

新宿高野、内藤ルネ、伊勢丹のトリプルコラボで実現したオリジナルパフェが楽しめるドリーミーなKawaii空間です。

その他にも全国に先駆けて発売するグッズや三越伊勢丹のオリジナル企画や今回のみの限定商品が並べられるルネショップ、さらには他のフロアでも内藤ルネにまつわる商品やイベントが展開されます。

rune_naito01.jpg


その中で本館1階のザ・ステージで、京都在住・プティ・タ・プティのイラストレーターのナカムラユキさんがプロデュースする架空空間、ルネの世界を感じるKawaiiワールド「内藤ルネの部屋」が創られ、京都ならではのヒト・モノ・ブランドと内藤ルネとのオリジナルコラボレーション商品などが並びます。

弊社では今回ナカムラユキさんから三越伊勢丹様にご紹介いただき、その中のいくつかの紙製品をナカムラユキさんのデザインプロデュースのもとコラボ商品として製品化しました。

具体的には

  • ショッピングバッグ 2サイズ
  • レターセット 4デザイン
  • 一筆箋 3デザイン
  • ポストカード 8デザイン
  • 蛇腹型ポストカードセット 2デザイン
  • ポチ袋4枚セット 
がイベント開催期間中販売される予定です。
さらに、同じくナカムラユキさんがプロデュースされた6階のルネパーラーで使われる紙コースターと紙ナプキンも弊社で印刷を担当しました。

いずれもナカムラさんがルネさんへの敬愛の想いを込めてデザインされた素敵な商品に仕上がりましたので、是非一度手に取ってみてください。

また、レターセットと一筆箋、それにポチ袋はウェブショップでも購入できます。

『Roots of Kawaii「内藤ルネ」~過去・現在そして未来へ~』
【会期】10月21日(水)~27日(火)
会場】伊勢丹新宿本店本館=地下2階~6階
http://www.isetanguide.com/20151021/rune/

是非お近くの方やこの時期に東京にお見えの方などはこの機会にお立ち寄りください。
なお、この「内藤ルネ」イベントは、今後約2年をかけて全国の三越伊勢丹グループの各店で巡回して開催されていく予定です。

参照元:PR TIMES

【追伸】
昨日、このイベントに関連して、ナカムラユキさんと三越伊勢丹の担当バイヤーの方が、フジテレビ日曜午後10時から毎週放映の「ミスターサンデー」の取材で弊社にいらっしゃいました。
10月25日の放送予定だそうですが、ひょっとすると弊社も少しだけ映るかもしれません。


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

chanoma.jpg

以前このブログで紹介したように今年京都では「琳派400年記念祭」が賑々しく開催されていています。

そのため各種メディアでも頻繁に琳派特集が組まれていますが、先日月刊「茶の間」2015年10月号の「琳派、脈々と 発祥の地・京都に受け継がれてきたもの」という特集記事のP60「琳派なものをお買い物」ページで、GALLERY&SHOP唐船屋の【オリジナル団扇セット】と【オリジナル文箱】をご紹介いただきました。

こちらからも記事の内容を見ることができますので、是非ご覧ください。

chanoma-201510.jpg
月刊「茶の間」2015年10月号


そして芸術の秋の季節を迎え、いよいよ琳派にまつわるイベントが目白押しで開催されますので、その中からいくつかを紹介してみたいと思います。

琳派誕生400年記念 特別展覧会 琳派 京(みやこ)を彩る 

rinpa_kyohaku.jpg

開催期間:10月10日(土)〜11月23日(月・祝)
会場:京都国立博物館


先日のブログでも紹介しましたが、何と言っても琳派400年記念祭のメインイベントというべき展覧会ですので、あらためてご紹介します。
目玉は何と言っても宗達・光琳・抱一の「風神雷神図屏風」が、会期中に3隻揃ってみることができることです。(10月27日〜11月8日の間のみ)


■RINPA IMAGE 琳派イメージ展 

rinpa_image.jpg

開催期間:10月9日(金)〜11月23日(月・祝)
会場:京都国立近代美術館


これも先日のブログでもご紹介しましたが、近代から現代にかけて琳派の系統を引き継ぐファッション、グラフィック、絵画、版画などの作家の作品を約80点集めた展覧会です。


京都画壇にみる琳派のエッセンス ーユーモアとウィット

rinpa_essence.jpg

開催期間:10月7日(水)〜11月29日(日)
会場:堂本印象美術館


堂本印象を中心に近現代の京都画壇で活躍された作家の琳派的要素にスポットを当てて、桃山・江戸初期に大成した琳派が明治以降も京都で多くの画家や工芸家に影響を与えていることを再認識できる構成となっています。
特に神坂雪佳が充実した展覧会のようです。


琳派400年記念 本阿弥光悦 光悦ふり・様式と展開

flyer26_b.jpg

開催期間:9月5日(土)〜12月23日(水・祝)
会場:樂美術館

琳派の祖の一人、本阿弥光悦は、樂歴代随一の名工とされる三代道入と親交が深いなど樂家とは関わりが深く、数々の樂茶碗の名品を生み出しました。
その光悦の代表作と
樂歴代はじめ光悦に影響を受けた人々の作品が展示されます。

因みに個人的には、今年京都新聞で週1回ほどのペースで連載中の当代樂吉左衛門氏が執筆されている「光悦逍遥」を楽しみに愛読しています。


琳派からの道 神坂雪佳と山本太郎の仕事

20150824_main.jpg

開催期間:10月23日(金)〜11月29日(日)
会場:美術館「えき」KYOTO


明治から昭和に活躍した神坂雪佳と平成に活躍する山本太郎、二人の「琳派作家」を紹介する展覧会です。

山本太郎は今年の春、細見美術館で開催された「琳派四百年古今展」で細見コレクションの琳派作品と自作のコラボレーションに挑戦しましたが、今回は任天堂スーパーマリオのキャラクター・ マリオとルイ―ジを、現代の"風神雷神"として描いた最新作の屏風を公開します。


琳派展17 MIHO MUSEUM所蔵 琳派のやきもの 乾山

kenzan.jpg

開催期間:9月19日(金)〜11月23日(月・祝)
会場:細見美術館


毎年秋恒例の細見美術館の琳派展も今年で17回目を迎え、今回は尾形光琳の実弟で江戸時代の陶芸家として知られる尾形乾山の展覧会です。


没後400年 古田織部展

oribe.jpg

開催期間:10月10日(土)〜11月23日(月・祝)
会場:佐川美術館

最後は琳派の展覧会ではないのですが、没後400年、ほぼ琳派の発祥と時を同じくした武将茶人・古田織部ゆかりの作品を中心に茶の湯の名品を一堂に介した展覧会です。
漫画「へうげもの」の主人公としても注目を集める古田織部の「織部好み」と呼ばれる大胆奇抜な造形と斬新な美は必見です。


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

ishikawa_01.jpg

今回製作実績としてご紹介するのは、今年の5月に上梓された自費出版「祈りの紡ぎ手たちー境内に御座(おわ)す名脇役たちー」です。

この写真集は、京都在住のI夫妻が、1年間を掛けて京都近郊にある神社仏閣を訪問し、主にその境内で出会われた「脇役」にスポットを当てて撮影された写真をあつめたもので、今回印刷させていただいたきっかけは、ご夫妻が弊社のウェブサイトをご覧になりお問合せをいただき、その後数回のお打ち合せやお見積りを経て、ご発注いただきました。

実はすでにパワーポイントを使ってレイアウトデータはご自身でお作りになられていたのですが、弊社では原則として印刷用データとしてはOffice系のソフトで製作されたものは受付していない上、さらにご自身では出来なかったレイアウトや画像の変更、補正、修整をご希望でしたので、パワーポイントのデータをお預かりして、そこから画像データを抽出し、弊社で新たにレイアウトデータを作り直させていただきました。

その分手間とコストはかかってしまったのですが、結果としてご夫妻の意向をほぼ叶えることができ、仕上がりには大変ご満足いただいたご様子でした。

ishikawa_02.jpg


ishikawa_03.jpg

【祈りの紡ぎ手たち ―境内に御座す名脇役たちー】

製作スタッフ
DTP担当:南北由美(からふね屋)
画像データ・レイアウト:クライアントご支給
印刷管理:株式会社からふね屋

仕様
B5横型 本文60P
並製アジロ綴じ製本
表紙:コート4/6判 180kg宛
本文:コート 4/6判110kg宛
印刷:表紙=4/4C 本文=4/4C

関連エントリー
【製作実績紹介】ー筆の向くままー
【製作実績紹介】絵葉書 Heritage in Cebu, Philippines
【製作実績紹介】笠井季美画集 心の彩Ⅲ
【製作実績紹介】Just say yes.
【製作実績紹介】去風会だより
【製作実績紹介】過去のあれこれ
【製作実績紹介】池田瓢阿 父子竹芸展
【製作実績紹介】総本家河道屋様の復刻本と節分年越しそば
【制作実績紹介】画集刊行記念「瀧下和之展」in 京都髙島屋
【制作実績紹介】第15回笠井季美個展「顔彩で描く心の彩」
【製作実績紹介】山岡多美子様 絵はがき
笠井季美個展「顔彩で描く心の彩」in 岡山
水墨わんこ展
【ゆあぶっく】第14回笠井季美個展「顔彩で描く心の彩」


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

からふね屋

株式会社からふね屋は大正10年創業の印刷会社です。

からふね屋が運営している「紙と印刷」製品のショップです。

からふね屋の自費出版部門です。

1本からオリジナル扇子をつくることができます

アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

堀尾武史
株式会社からふね屋 代表取締役

昭和36年生まれの丑年
京都生まれ京都育ちの印刷屋四代目社長。
小学1年から大学4年まで剣道にひたすら明け暮れ、一応各年代で全国大会には出場、入賞なども果たす。
同志社大学卒業と同時に親戚の印刷会社で修行、ここで大いにしごかれ現在に至る。
自社にあった活版印刷から写植、フィルム時代を経て現在のDTPまでひと通り印刷については経験、美しい印刷を愛す。
趣味はお酒とアート鑑賞、読書、音楽(JAZZ・ROCK・POP・REGGAE・CLASSICなどオールランド)、TV鑑賞(ガイアの夜明け・カンブリア宮殿・たけしアートビートなどがお気に入り)、ウォーキング。