20151021rune_001.jpg

前回のブログで紹介した伊勢丹新宿本店で開催中のRoots of Kawaii「内藤ルネ」〜過去・現在そして未来へ 初日の21日に行ってきました。

20151021rune_002.jpg

伊勢丹新宿本店の道路の面したウィンドディスプレイも大きく「内藤ルネ」がフィーチャーされています。

さっそく店内に入り、1階のザ・ステージに向うと、京都在住・プティ・タ・プティのイラストレーターのナカムラユキさんがプロデュースする架空空間「内藤ルネの部屋」の正面入口に、弊社で製作したステーショナリーグッズが展示されていました。

20151021rune_007.jpg

20151021rune_008.jpg

このスペースには、ほかにも京都と内藤ルネの世界観をミックスしたナカムラユキさんプロデュースのオリジナルコラボレーション商品が並んでいます。

ちなみにこの中から、オリジナルコラボの一筆箋とレターセット、それにポチ袋は、イベント開催中(27日まで)伊勢丹オンラインショップでもお求めいただけます。
是非こちらも覗いてみてください。

20151021rune_011.jpg  伊勢丹オンラインストア「内藤ルネ」特設サイト

その後、4階でプティ・タ・プティの販売スペースにいらっしゃったナカムラユキさんにご挨拶した後6階に上がり、Roots of Kawaii  「内藤ルネ」展 ~夢をあきらめないで~で創作初期から晩年までのイラスト原画、デザイン原画のほか約200点の原画・原作作品などを観て、

20151021rune_009.jpg 20151021rune_010.jpg

同じく6階催事場に特設された、人形をこよなく愛し続けコレクションしていた内藤ルネに捧ぐ、というコンセプトのRUNE PARLOURへ、

20151021rune_003.jpg

イベント初日のオープン直後の午前中のため、お客様の姿はまだ見当たりません(汗)
ウエイトレスやウエイターのユニフォームやパフェプレートまで、これもナカムラユキさんがプロデュースされた店内はまさにkawaii ルネテイストに溢れています。

思わず後ずさりしそうになる心を抑え(苦笑)、あらん限りの勇気を振り絞って店内に入り、

20151021rune_005.jpg

新宿高野、内藤ルネ、伊勢丹のトリプルコラボにより誕生した期間限定パフェを注文しました。

20151021rune_004.jpg

肝心のところでピンぼけ写真になってしまいましたが、ランチョンマットの上には、弊社が製作した紙コースターとナプキンがサーブされ、

20151021rune_006.jpg

特製フルーツパフェが登場、おししくいただきました。

伊勢丹新宿本店の「内藤ルネ」展は10月27日(火)まで開催、その後三越伊勢丹グループの国内外各店を巡回する予定だそうです。

その後、地下鉄で日本橋三越本店に移動して、ウェブサイト製作などでお世話になっている利茶土ミルグリムさんの利茶土窯30周年記念展 ーPART2ー 利茶土の茶陶 還暦展に伺いました。

richard_mitsukoshi2015.jpg

この展覧会の図録は、弊社で制作した電子カタログ(ベースのPDFデータはクライアントよりご支給)でご覧いただけます。

richard_mitsukoshi2015_02.jpg 陶芸家利茶土ミルグリムの茶陶ウェブサイト 今月の逸品2015年10月

展覧会の会場では、利茶土さんと奥様にご挨拶して、作品を拝見、呈茶席では利茶土さんの茶碗でお茶を美味しくいただき、帰途につきました。

なお、利茶土さんは、この後京都の野村美術館で、利茶土窯30周年 記念展 −PART 3−  利茶土の茶陶 "EAST MEETS WEST in KYOTO" の開催が予定されています。


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

main.jpg

来週21日(水)から東京の伊勢丹新宿本店にて全館をあげて「内藤ルネ」イベントが開催されます。
実はこのイベントに弊社も少しだけ関わらせていただいていますので、少しご紹介します。

内藤ルネは、1950〜60年代にかけて圧倒的な人気のファッション誌「ジュニアそれいゆ」の表紙と挿絵を担当し、大ブレイクした元祖「カワイイ」のルーツと言われるイラストレーターで、その後のガールズポップ文化に多大な影響を残した巨匠です。

今回のイベントはある年代以上の特に女性の方には非常に懐かしく思い出されるキャラクターやアイテム、イラストなどがたくさんあり、またそれより若い年代の方にもかならずや共感を呼ぶはずです。





期間中伊勢丹新宿本店では、本館6階催物場で

Roots of Kawaii  「内藤ルネ」展 ~夢をあきらめないで~を開催

rune_naito02.jpg

創作初期から晩年までのイラスト原画、デザイン原画のほか約200点の原画・原作により、「ガールズポップカルチャーの巨星・内藤ルネ」の功績とその魅力を紹介します。


◆期間限定パフェショップ RUNE  PARLORをオープン

新宿高野、内藤ルネ、伊勢丹のトリプルコラボで実現したオリジナルパフェが楽しめるドリーミーなKawaii空間です。

その他にも全国に先駆けて発売するグッズや三越伊勢丹のオリジナル企画や今回のみの限定商品が並べられるルネショップ、さらには他のフロアでも内藤ルネにまつわる商品やイベントが展開されます。

rune_naito01.jpg


その中で本館1階のザ・ステージで、京都在住・プティ・タ・プティのイラストレーターのナカムラユキさんがプロデュースする架空空間、ルネの世界を感じるKawaiiワールド「内藤ルネの部屋」が創られ、京都ならではのヒト・モノ・ブランドと内藤ルネとのオリジナルコラボレーション商品などが並びます。

弊社では今回ナカムラユキさんから三越伊勢丹様にご紹介いただき、その中のいくつかの紙製品をナカムラユキさんのデザインプロデュースのもとコラボ商品として製品化しました。

具体的には

  • ショッピングバッグ 2サイズ
  • レターセット 4デザイン
  • 一筆箋 3デザイン
  • ポストカード 8デザイン
  • 蛇腹型ポストカードセット 2デザイン
  • ポチ袋4枚セット 
がイベント開催期間中販売される予定です。
さらに、同じくナカムラユキさんがプロデュースされた6階のルネパーラーで使われる紙コースターと紙ナプキンも弊社で印刷を担当しました。

いずれもナカムラさんがルネさんへの敬愛の想いを込めてデザインされた素敵な商品に仕上がりましたので、是非一度手に取ってみてください。

また、レターセットと一筆箋、それにポチ袋はウェブショップでも購入できます。

『Roots of Kawaii「内藤ルネ」~過去・現在そして未来へ~』
【会期】10月21日(水)~27日(火)
会場】伊勢丹新宿本店本館=地下2階~6階
http://www.isetanguide.com/20151021/rune/

是非お近くの方やこの時期に東京にお見えの方などはこの機会にお立ち寄りください。
なお、この「内藤ルネ」イベントは、今後約2年をかけて全国の三越伊勢丹グループの各店で巡回して開催されていく予定です。

参照元:PR TIMES

【追伸】
昨日、このイベントに関連して、ナカムラユキさんと三越伊勢丹の担当バイヤーの方が、フジテレビ日曜午後10時から毎週放映の「ミスターサンデー」の取材で弊社にいらっしゃいました。
10月25日の放送予定だそうですが、ひょっとすると弊社も少しだけ映るかもしれません。


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

chanoma.jpg

以前このブログで紹介したように今年京都では「琳派400年記念祭」が賑々しく開催されていています。

そのため各種メディアでも頻繁に琳派特集が組まれていますが、先日月刊「茶の間」2015年10月号の「琳派、脈々と 発祥の地・京都に受け継がれてきたもの」という特集記事のP60「琳派なものをお買い物」ページで、GALLERY&SHOP唐船屋の【オリジナル団扇セット】と【オリジナル文箱】をご紹介いただきました。

こちらからも記事の内容を見ることができますので、是非ご覧ください。

chanoma-201510.jpg
月刊「茶の間」2015年10月号


そして芸術の秋の季節を迎え、いよいよ琳派にまつわるイベントが目白押しで開催されますので、その中からいくつかを紹介してみたいと思います。

琳派誕生400年記念 特別展覧会 琳派 京(みやこ)を彩る 

rinpa_kyohaku.jpg

開催期間:10月10日(土)〜11月23日(月・祝)
会場:京都国立博物館


先日のブログでも紹介しましたが、何と言っても琳派400年記念祭のメインイベントというべき展覧会ですので、あらためてご紹介します。
目玉は何と言っても宗達・光琳・抱一の「風神雷神図屏風」が、会期中に3隻揃ってみることができることです。(10月27日〜11月8日の間のみ)


■RINPA IMAGE 琳派イメージ展 

rinpa_image.jpg

開催期間:10月9日(金)〜11月23日(月・祝)
会場:京都国立近代美術館


これも先日のブログでもご紹介しましたが、近代から現代にかけて琳派の系統を引き継ぐファッション、グラフィック、絵画、版画などの作家の作品を約80点集めた展覧会です。


京都画壇にみる琳派のエッセンス ーユーモアとウィット

rinpa_essence.jpg

開催期間:10月7日(水)〜11月29日(日)
会場:堂本印象美術館


堂本印象を中心に近現代の京都画壇で活躍された作家の琳派的要素にスポットを当てて、桃山・江戸初期に大成した琳派が明治以降も京都で多くの画家や工芸家に影響を与えていることを再認識できる構成となっています。
特に神坂雪佳が充実した展覧会のようです。


琳派400年記念 本阿弥光悦 光悦ふり・様式と展開

flyer26_b.jpg

開催期間:9月5日(土)〜12月23日(水・祝)
会場:樂美術館

琳派の祖の一人、本阿弥光悦は、樂歴代随一の名工とされる三代道入と親交が深いなど樂家とは関わりが深く、数々の樂茶碗の名品を生み出しました。
その光悦の代表作と
樂歴代はじめ光悦に影響を受けた人々の作品が展示されます。

因みに個人的には、今年京都新聞で週1回ほどのペースで連載中の当代樂吉左衛門氏が執筆されている「光悦逍遥」を楽しみに愛読しています。


琳派からの道 神坂雪佳と山本太郎の仕事

20150824_main.jpg

開催期間:10月23日(金)〜11月29日(日)
会場:美術館「えき」KYOTO


明治から昭和に活躍した神坂雪佳と平成に活躍する山本太郎、二人の「琳派作家」を紹介する展覧会です。

山本太郎は今年の春、細見美術館で開催された「琳派四百年古今展」で細見コレクションの琳派作品と自作のコラボレーションに挑戦しましたが、今回は任天堂スーパーマリオのキャラクター・ マリオとルイ―ジを、現代の"風神雷神"として描いた最新作の屏風を公開します。


琳派展17 MIHO MUSEUM所蔵 琳派のやきもの 乾山

kenzan.jpg

開催期間:9月19日(金)〜11月23日(月・祝)
会場:細見美術館


毎年秋恒例の細見美術館の琳派展も今年で17回目を迎え、今回は尾形光琳の実弟で江戸時代の陶芸家として知られる尾形乾山の展覧会です。


没後400年 古田織部展

oribe.jpg

開催期間:10月10日(土)〜11月23日(月・祝)
会場:佐川美術館

最後は琳派の展覧会ではないのですが、没後400年、ほぼ琳派の発祥と時を同じくした武将茶人・古田織部ゆかりの作品を中心に茶の湯の名品を一堂に介した展覧会です。
漫画「へうげもの」の主人公としても注目を集める古田織部の「織部好み」と呼ばれる大胆奇抜な造形と斬新な美は必見です。


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

ishikawa_01.jpg

今回製作実績としてご紹介するのは、今年の5月に上梓された自費出版「祈りの紡ぎ手たちー境内に御座(おわ)す名脇役たちー」です。

この写真集は、京都在住のI夫妻が、1年間を掛けて京都近郊にある神社仏閣を訪問し、主にその境内で出会われた「脇役」にスポットを当てて撮影された写真をあつめたもので、今回印刷させていただいたきっかけは、ご夫妻が弊社のウェブサイトをご覧になりお問合せをいただき、その後数回のお打ち合せやお見積りを経て、ご発注いただきました。

実はすでにパワーポイントを使ってレイアウトデータはご自身でお作りになられていたのですが、弊社では原則として印刷用データとしてはOffice系のソフトで製作されたものは受付していない上、さらにご自身では出来なかったレイアウトや画像の変更、補正、修整をご希望でしたので、パワーポイントのデータをお預かりして、そこから画像データを抽出し、弊社で新たにレイアウトデータを作り直させていただきました。

その分手間とコストはかかってしまったのですが、結果としてご夫妻の意向をほぼ叶えることができ、仕上がりには大変ご満足いただいたご様子でした。

ishikawa_02.jpg


ishikawa_03.jpg

【祈りの紡ぎ手たち ―境内に御座す名脇役たちー】

製作スタッフ
DTP担当:南北由美(からふね屋)
画像データ・レイアウト:クライアントご支給
印刷管理:株式会社からふね屋

仕様
B5横型 本文60P
並製アジロ綴じ製本
表紙:コート4/6判 180kg宛
本文:コート 4/6判110kg宛
印刷:表紙=4/4C 本文=4/4C

関連エントリー
【製作実績紹介】ー筆の向くままー
【製作実績紹介】絵葉書 Heritage in Cebu, Philippines
【製作実績紹介】笠井季美画集 心の彩Ⅲ
【製作実績紹介】Just say yes.
【製作実績紹介】去風会だより
【製作実績紹介】過去のあれこれ
【製作実績紹介】池田瓢阿 父子竹芸展
【製作実績紹介】総本家河道屋様の復刻本と節分年越しそば
【制作実績紹介】画集刊行記念「瀧下和之展」in 京都髙島屋
【制作実績紹介】第15回笠井季美個展「顔彩で描く心の彩」
【製作実績紹介】山岡多美子様 絵はがき
笠井季美個展「顔彩で描く心の彩」in 岡山
水墨わんこ展
【ゆあぶっく】第14回笠井季美個展「顔彩で描く心の彩」


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

2015fall_okazaki_image.jpg

いよいよ秋のシーズンを迎えようとする京都・岡崎公園一帯ですが、いつの間にか平安神宮前の元神宮道(というそうです・・・初めて知りました)が歩行者専用道路になり、きれいに再舗装されました。


heianjingu.jpg

そして新しくロームシアターとしてオープン予定の旧京都会館の工事も外観が見えるようになりました。

roamsheater.jpg

そこで今回は「印刷見聞録」恒例の2015年秋の京都・岡崎(とその近辺)アート情報をお送りしたいと思います。

まずは現在開催中の展覧会から紹介しますと、京都市美術館では

■ルーブル美術館展 6月16日(火)〜9月27日(日)

louvre.jpg

鉄板のルーブル美術館展のうえ、人気のフェルメールが展示されるということで、連日盛況のようです。

■マグリット展  7月11日(土)〜10月12日(月・祝)

magritte.jpg

こちらは、クリエイター系やアート系の人に大好きな人が多いルネ・マドリットの代表作を集めた大回顧展です。

そしてお向かいの京都国立近代美術館では、琳派400年記念イベントの一環として

■RINPA IMAGE 琳派イメージ展 10月9日(金)〜11月23日(月・祝)

rinpa_image.jpg

近代から現代にかけて琳派の系統を引き継ぐファッション、グラフィック、絵画、版画などの作家の作品を約80点集めた展覧会です。
そして琳派といえば、琳派400年記念のメインイベントと言える、

琳派誕生400年記念 特別展覧会 琳派 京(みやこ)を彩る 10月10日(土)〜11月23日(月・祝)

rinpa_kyohaku.jpg

本阿弥光悦、俵屋宗達、尾形光琳・乾山、酒井抱一、鈴木其一、とまさに「スーパースターの競演」と言う謳い文句にふさわしい琳派の名作を一堂に集めた展覧会です。

そしてあの宗達・光琳・抱一の「風神雷神図屏風」が、会期中に3隻揃ってみることができます。(10月27日〜11月8日の間のみ)
但し会場がこの前の「国宝鳥獣戯画と高山寺展」並みの混雑になるのは必至でしょう。

こちらは、岡崎公園ではなく、東山七条の京都国立博物館で開催されます。


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

uchiwa01.jpg

暦の上では、立秋(8月8日)を過ぎ秋が始まったわけですが、とは言え今年は暑さが殊の外厳しく、連日37度、38度と人間の平常の体温を大きく上回る気温が続いています。

そんな中、例年通りのお盆前の忙しさもなんとか乗り越えられそうで、弊社では下記のスケジュールで夏季休暇させていただきます。

8月12日(水)〜15日(土) 夏季休暇
   
16日(日) 定休日

上記の期間中はGALLERY&SHOP唐船屋も閉店いたしますが、オンラインショップは通常通り営業しております。
但し、商品の発送は、11日(火)の午後以降の受注については17日(月)からの出荷となりますのでご了承ください。

なお、17日(月)午前9時よりはGALLERY&SHOP唐船屋ともども平常通りの営業となりますので、引続きご用命のほどよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

airus01.jpg

今年の2月に鳴り物入りで発売されたのが、今回紹介する特種東海製紙のエアラスです。

風合いがあって、なおかつ発色もよいいわゆる微塗工の白物高級印刷用紙は、ヴァンヌーボやミスターBがまずそのカテゴリーを築き上げ、その後もよく似たコンセプトの用紙がいろいろ発表されてきましたが、いよいよ真打ち登場といったところでしょうか。
平和紙業さんと竹尾さんの両方から上の写真のような立派な印刷サンプルが届いたり、平和紙業さんでは、東京・大阪・名古屋のショールームで大々的にこのエアラスを使ったポスター展(終了済)が開催されるなど、並々ならぬ力の入れようが感じられます。

airus04.jpg
平和紙業の印刷サンプルより

airus03sd.jpg
平和紙業の印刷サンプルより

airus02.jpg
竹尾の印刷サンプルより

エアラスの特徴としては

  1. ボリューム感のある嵩高
  2. ムラのない緻密性
  3. ふわっとした肌合い
  4. 上質な白さ
  5. シャープな網点再現性
  6. 高精彩な発色

が挙げられていますが、確かに前述のヴァンヌーボやミスターBと較べても、まず紙をもったときの印象がやわらかで、軽さを感じさせ、また白さも大変自然な印象です。

発色もたいへんシャープでクリアですが、インキのギラつきは感じられずしっとりとしたよい雰囲気です。

またベタや平網部分も大変滑らかでポテンシャルの高さが伝わります。

というように良いとこばかりなのですが、気になるところはやはりお値段で、実際他の白物高級印刷用紙の代表格とキロ単価で比較すると、アラベールより約20%増し、ヴァンヌーボVよりは約15%増しといったところで、さすがに価格的にはやや割高となってしまいます。

ただ、発売後の評判は上々のようで、弊社の廻りでも「エアラスいいね」や、「エアラス使ってみたいんだけど・・・」といった声がよく聞こえてきますので、今後どんどん人気が出てくる可能性が高いと思います。

なお紙の規格は以下の通りです。

色バリエーション:2色(ホワイト/スーパーホワイト)

規格:四六判Y目(80kg 100kg 120kg) 菊判T目・Y目(55.5kg 69.5kg 83.5kg)


関連エントリー

【印刷用紙事典】番外編 紙つなげ!彼らが本の紙を造っている
【印刷用紙事典】番外編 デザインのひきだしVol.22
印刷用紙辞典 D'CRAFT
印刷用紙辞典 てまりコレクション
印刷用紙事典 モフル
印刷用紙事典 OKフロートとOKムーンカラー
印刷用紙事典 ポルカとブンペル
【印刷用紙事典】番外編 マイクロメーター
印刷用紙事典 モンテルキア
【印刷用紙事典】タントとまんだら
【印刷用紙事典】ケナフペーパーがなくなる!?
印刷用紙事典「モンテシオン」
印刷用紙事典「マットコート」
印刷用紙事典「ヴァンヌーボ」
印刷用紙事典「書籍用紙」
印刷用紙事典番外編「takeopaper.com」
印刷用紙事典「アラベール」
印刷用紙事典番外編「紙名手配」
印刷用紙事典「アート紙」
印刷用紙事典「和紙」
印刷用紙事典「ミラーコート紙(キャストコート)」
印刷用紙事典「ユポ紙(合成紙)」
印刷用紙事典「上質紙」


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

DSC_0023.jpg

3年前に水墨わんこ展というご自身の個展でDMはがきやミニポスター、それに絵はがきなどを作らせていただいた江見容子様が、今年の4月に開催された書画展「ー筆の向くままー」に合わせてご注文いただいた作品集をご紹介します。

製作にあたり部数についてお客様の方でもずいぶんお迷いになられたのですが、極く限られた方のみにお配りになられるということで30部と決まりましたので、今回はオンデマンド印刷を採用いたしました。

DSC_0028.jpg

また、今回はわんちゃんやにゃんこちゃん、それにうさぎちゃんの画に加えて、書の作品も出品されるということで、作品集への掲載にあたり、軸装された作品は弊社でお預かりして撮影させていただきました。

DSC_0029.jpg

DSC_0030.jpg

また、わんちゃんにゃんこちゃんの水墨画作品の方は今回はお客様の方から予め原画をスキャニングした画像データをお預かりして、弊社で画像補正を施しました。

DSC_0031.jpg

DSC_0033.jpg

DSC_0034.jpg

入稿いただいた画像データのクオリティに若干バラつきがあったため、紙色をできるだけ揃えるように補正を加えながら、今回も独特の柔らかくて繊細なタッチを壊さないように墨の階調に気をつけて製版作業にあたりました。

お客様が神戸の方にお住まいということもあり、主にメールのやりとりで、校正用PDFを何回か見ていただきレイアウトの打合せを重ねたのち、本紙校正を一度お送りして最終OKをいただき、本番の印刷・製本作業に進み、納品させていただきました。

【ー筆の向くままー 江見容子書画集】

原画:江見容子(ウェブサイト:水墨わんこ展

製作スタッフ
DTP担当:南北由美(からふね屋)
印刷管理:株式会社からふね屋
軸装作品撮影:フジキパワーステーション

仕様:A4判 24P
紙質:モンテシオン 4/6判 81.5kg
印刷:オンデマンド両面カラー印刷
製本:中綴じ

関連エントリー
【製作実績紹介】絵葉書 Heritage in Cebu, Philippines
【製作実績紹介】笠井季美画集 心の彩Ⅲ
【製作実績紹介】Just say yes.
【製作実績紹介】去風会だより
【製作実績紹介】過去のあれこれ
【製作実績紹介】池田瓢阿 父子竹芸展
【製作実績紹介】総本家河道屋様の復刻本と節分年越しそば
【制作実績紹介】画集刊行記念「瀧下和之展」in 京都髙島屋
【制作実績紹介】第15回笠井季美個展「顔彩で描く心の彩」
【製作実績紹介】山岡多美子様 絵はがき
笠井季美個展「顔彩で描く心の彩」in 岡山
水墨わんこ展
【ゆあぶっく】第14回笠井季美個展「顔彩で描く心の彩」


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

DSC_0039.jpg

今回は、京都精華大学のキャリア支援課様からご発注いただいた「京都精華大学 Career book 2015」の製作事例をご紹介します。

こちらは、昨年の秋に弊社ブログに掲載した嵯峨学園様の園児募集ポスター・パンフレットの記事をご覧いただいたのがきっかけになってお話をいただきました。

最初はデザイン製作を主としてご依頼いただき、そして予算も合えば印刷までというお話でしたが、見積もり提出を経て結局、デザイン・イラスト・撮影・DTP製作から印刷・製本まで一貫して受注させていただきました。

ところで、この「京都精華大学 Career book 2015」は、大学側が学生の就職活動を支援するためのあらゆる情報が1冊の冊子にまとめられていて、全学生に配布されています。

これまでもも毎年製作されていて、昨年までは実用書のような雰囲気だったものを、本年は雑誌のように読み進められるように「読み物系の雑誌のテイスト」というコンセプトをご提案してすすめてゆきました。

昨年12月からスタートして、キャリア支援課のご担当者と常にコミュニケーションをとらせていただき、縦組み・横組み、右開き・左開き、といった基本的なところからディスカッションを重ねてデザインを煮詰めてゆき、イメージカットの撮影立会、紙質の選定、数回の校正と色校正を経て、印刷・製本そして2月末には納品の運びとなりました。

DSC_0036.jpg

DSC_0037.jpg

DSC_0043.jpg

DSC_0038.jpg

DSC_0040.jpg

なにぶん、美術系大学のためデザインがご専門の先生方も多数おられると思うので、出来がはたしてどうだったか心配ですが、少しでも学生さんの就活の一助になれば幸いと考えております。


製作スタッフ
デザイン・イラスト製作・DTP担当:中塚政裕(からふね屋)
中扉写真撮影:フジキパワーステーション
テキスト:クライアントご支給
印刷管理:株式会社からふね屋

仕様
B5縦型 本文64P
並製アジロ綴じ製本
表紙:ガイアA ホワイト 4/6判 130kg宛
本文:ライトスタッフ 4/6判90kg宛
印刷:表紙=4/1C 本文=4/4C

関連エントリー
【製作実績紹介】絵葉書 Heritage in Cebu, Philippines
【製作実績紹介】笠井季美画集 心の彩Ⅲ
【製作実績紹介】Just say yes.
【制作実績紹介】嵯峨学園様 園児募集ポスター・パンフレット
【制作実績紹介】「利茶土の茶陶」展 ダイレクトメール
【製作実績紹介】去風会だより
【製作実績紹介】茶道文化検定 ポスター・チラシ・広告
【製作実績紹介】新谷ダンス道場 謝恩祭プログラム・チケット
【製作実績紹介】東京ますいわ屋様夏のファミリーセールDM
【製作実績紹介】過去のあれこれ
【製作実績紹介】池田瓢阿 父子竹芸展
【製作実績紹介】東山堂様 剣道防具カタログ
【製作実績紹介】総本家河道屋様の復刻本と節分年越しそば
【制作実績紹介】東京ますいわ屋様2011年版カレンダー
昭和7年の南座顔見世プログラムと芸事番組の弊社製作実例
【制作実績紹介】KAVC 1floor フライヤー&ポスター
【制作実績紹介】画集刊行記念「瀧下和之展」in 京都髙島屋
【制作実績紹介】第15回笠井季美個展「顔彩で描く心の彩」
【製作実績紹介】山岡多美子様 絵はがき
笠井季美個展「顔彩で描く心の彩」in 岡山
水墨わんこ展
【ゆあぶっく】第14回笠井季美個展「顔彩で描く心の彩」


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

DSC_0053.jpg

ここ2回ほど今年に入ってから製作させていただいた実例を続けて紹介しておりますが、今回も3月に納品した水彩画によるポストカードセットを取り上げます。

このポストカードセットは、京都を拠点に制作活動中のアーティスト・山口潔子様から、弊社のウェブサイトをご覧いただき、ご発注いただきました。

ちなみに山口様のウェブサイトは下記からご覧いただけます。

山口潔子アートワークス http://kiyoko-yamaguchi.com/

入稿に際して、すでに原画は手元に残っておらず、お客様の方で原画をスキャニングしたデータをお預かりしてからのスタートでしたが、最初のお打合せでこのデータを拝見したところ、水彩画で描かれた作品の色調が非常に明るく鮮やかなものでしたので、通常のプロセスカラーでの印刷ではこの色調の再現が難しいことをご説明し、今回はカレイドインキを使ったカラー印刷をご提案しました。

カレイドとは、東洋インキが開発した広演色インキと呼ばれるもので、通常の印刷と同じ、CMYK4色の構成ながらも、従来のインキ以上に広い色域を表現することが可能で、特に通常のオフセット印刷では色の再現が難しい鮮やかなピンクや、紫、青系の色はかなり効果が期待できます。

弊社では、普段からオフセット印刷をお願いしている協力工場が東洋インキからカレイド技術の印刷認証を受けており、ケース・バイ・ケースでこの技法での印刷をお奨めしています。

なお、カレイドについてもっとお知りになりたい方は下記のサイトをご参照ください。

カレイドをもっと知る | カレイド | TOYOINK 1050+ http://www.toyoink1050plus.com/products/kaleido/01.php

さて具体的にはオフセット印刷機の4色インキをカレイドのCMYKインキと変えて印刷するのですが、その際に印刷データも通常のJapan Colorに準拠したCMYK設定でなく、カレイド用プロファイルを使いカラー調整をする必要があります。

幸い今回は入稿いただく画像データがRGB形式で保存されていて、元々原画のもっていた鮮やかな色調が保持されていましたので、このデータをカレイド用のカラープロファイルで変換して色調補正しました。
また、色校正も、本来であれば本紙・本機で実際にカレイドインキを使って確認したいところでしたが、今回も予算の都合でデジコン(デジタルコンセンサス=簡易色校正出力機)でカレイドカラーシュミレーション出力したものをお客様にご覧いただきました。

紙質についても、水彩画を印刷した過去の実績見本をいくつかお見せして相談した結果、水彩紙のイメージがあり、ある程度発色も良いアラベールをお選びいただき、本番の印刷工程へと進みました。

DSC_0056.jpg

DSC_0055.jpg

DSC_0057.jpg

今回は最後まで原画を拝見することができず、どれだけ色調などを再現できているかわかりませんでしたが、お客様からは、色校正も初校でOKをいただき、実際の仕上がりもご満足いただけたようでした。

最終的には、12枚の絵はがきをプロフィールを印刷した1色刷りのぺらといっしょに帳合して、透明フィルムの封筒にセットして納品いたしました。

追伸 
こちらの絵はがきセットをGALLERY&SHOP唐船屋の店頭とオンラインショップでお求めいただけるようになりました。
詳しくはこちらへ→https://goo.gl/vNWPcQ


【Heritage in Cebu, Philippines】

原画:山口潔子(山口潔子アートワークス

製作スタッフ
DTP担当:南北由美(からふね屋)
印刷管理:株式会社からふね屋

仕様:106×150mm はがき 12枚セット
紙質:はがき=アラベール スノーホワイト 菊判 139㎏
   ぺら=色上質 あじさい 四六判 厚口
印刷:はがき=オフセット 中面カレイド4色カラー印刷、表面スミ1色
   ぺら=オフセット 片面スミ1色

関連エントリー
【製作実績紹介】笠井季美画集 心の彩Ⅲ
【製作実績紹介】Just say yes.
【制作実績紹介】嵯峨学園様 園児募集ポスター・パンフレット
【制作実績紹介】「利茶土の茶陶」展 ダイレクトメール
【製作実績紹介】去風会だより
【製作実績紹介】茶道文化検定 ポスター・チラシ・広告
【製作実績紹介】新谷ダンス道場 謝恩祭プログラム・チケット
【製作実績紹介】東京ますいわ屋様夏のファミリーセールDM
【製作実績紹介】過去のあれこれ
【製作実績紹介】池田瓢阿 父子竹芸展
【製作実績紹介】東山堂様 剣道防具カタログ
【製作実績紹介】総本家河道屋様の復刻本と節分年越しそば
【制作実績紹介】「立春」色紙
【制作実績紹介】東京ますいわ屋様2011年版カレンダー
昭和7年の南座顔見世プログラムと芸事番組の弊社製作実例
【制作実績紹介】KAVC 1floor フライヤー&ポスター
【制作実績紹介】画集刊行記念「瀧下和之展」in 京都髙島屋
【制作実績紹介】第15回笠井季美個展「顔彩で描く心の彩」
【製作実績紹介】山岡多美子様 絵はがき
笠井季美個展「顔彩で描く心の彩」in 岡山
水墨わんこ展
【ゆあぶっく】第14回笠井季美個展「顔彩で描く心の彩」


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

からふね屋

株式会社からふね屋は大正10年創業の印刷会社です。

からふね屋が運営している「紙と印刷」製品のショップです。

からふね屋の自費出版部門です。

1本からオリジナル扇子をつくることができます

アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

堀尾武史
株式会社からふね屋 代表取締役

昭和36年生まれの丑年
京都生まれ京都育ちの印刷屋四代目社長。
小学1年から大学4年まで剣道にひたすら明け暮れ、一応各年代で全国大会には出場、入賞なども果たす。
同志社大学卒業と同時に親戚の印刷会社で修行、ここで大いにしごかれ現在に至る。
自社にあった活版印刷から写植、フィルム時代を経て現在のDTPまでひと通り印刷については経験、美しい印刷を愛す。
趣味はお酒とアート鑑賞、読書、音楽(JAZZ・ROCK・POP・REGGAE・CLASSICなどオールランド)、TV鑑賞(ガイアの夜明け・カンブリア宮殿・たけしアートビートなどがお気に入り)、ウォーキング。