bunkaten-annai-1.jpg
今週末の24日(金)25日(土)の2日間にわたり、三条蹴上のウェスティン都ホテル京都に於いて、全日本印刷工業組合連合会、近畿地区印刷協議会、京都府印刷工業組合の主催で「2014全日本印刷文化展 京都大会」が開催されます。

全国から各都道府県印刷工業組合の組合員や業界関係者が参集し、記念講演やフォーラムを開催し、印刷業界の未来などを話し合いながら交流を深める場として持ち回りで2年ごとに開催されています。

なんでも京都で開催されるのは40年振りだそうで、季節が好いこともあって予想以上の登録申込があり、全国から950名ほどの参加者が集まります。

私も一応京都の組合の役員を仰せつかっているので、24日夜の懇親会だけは参加する予定です。

基本的には業界外の一般の方々には閉じられたイベントなのですが、今回は併催として「販促アイデアグランプリ2014」という催しが行われ、このイベントのみは一般の方にもご覧いただけるということでしたので、このブログでも紹介させていただきます。

bunkaten-annai-2.jpgこのイベントはコンテスト方式で、さまざまなアイデアで印刷需要の拡大に成功している、全国各地の組合員が出展し、成功例の販促ツールやノウハウを披露し、大会登録参加者の投票でグランプリなど受賞会社を選びます。

「販促アイデアグランプリ2014」の展示は同じくウェスティン都ホテル京都の西館2階「コロネード」などにおいて10月24日(金)正午〜午後6時30分まで開催していますので、興味があってかつお時間のある方は覗いてみてください。(投票には参加できません)

因みにこの販促アイデアグランプリも本来的には組合員間の相互連携やコラボレーションを目的として企画されていて、一般に開放することは主眼としていないようですが、せっかくこれだけの大きなイベントをお金をかけて開くのであれば、組合員の交流だけではもったいないのではないでしょうか?
もっと一般のユーザーにも呼びかけて参加してもらい、印刷について知ってもらえるよい機会なのではと個人的には思ったりしています。


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

KNM_001.jpg

10月の三連休の初日、オープンして間もない京都国立博物館の平成知新館へ「京(みやこ)へのいざない展」を観に行ってきました。
SIWA|紙和フェアを開催中で昼前にはショップを開店しないといけないので開館直後の朝9時半過ぎには到着したのですが、本館で開催中の「国宝鳥獣戯画と高山寺展」にはすでに長蛇の列ができていて、案内の係員は2時間待ちになるとアナウンスしていました。

IMG_3131.jpg

それを横目にお目当ての平成知新館に向うと、こちらはそれほど混んでいないようです。

IMG_3120.jpg

新しい建物の設計は、建築家・谷口吉生氏で、この建築を観に来るだけでも価値があると思います。

IMG_3128.jpg

IMG_3122.jpg

中に入ると、まず3階に上がり上から下へと下りながら観て廻るのが順序のようなのですが、とにかく素晴らしい展示品ばかりで、じっくり観ていたら1日掛けても足らないかもしれないほどの逸品・名品が次から次へと目の前に現れます。
今日は1時間ぐらいしか時間がなかったので、とりあえず前期しか展示していない国宝を中心に急ぎ足で廻ってきましたが、館内の展示もさすがに照明その他も最新の設備だけあって非常に展示品が引き立つ素晴らしいものでした。

とにかく今回はとても時間が足りませんでしたので、後期の展示をはじめ何回もゆっくりと時間をとって訪れて、じっくりと鑑賞を楽しみたいと思います。

関連エントリー
2014年秋 京都国立博物館・平成知新館オープン
2014年秋 京都・岡崎イベント情報


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選


keyboard.jpg
このブログを書いているパソコンは、MacBook Airの11inchでLate 2010モデルなので、かれこれ満4年ほど使っていることになります。

実は私物のPCで、会社のデスクには別にiMacの20inchが主にAdobeソフトでの作業用にあるので、このMacBook Airでは、メールのやりとり、ブラウザの使用、それに社内業務管理用に導入しているFileMaker Proのために使っていて、あとは自宅に仕事を持ち帰るときや、時にはお客様のところに持ち込んだり、出張の友としても活躍しています。

そのように結構良く使っているマシンなので、上の写真のようにコマンドボタンの塗装が剥げてきたり(どんだけショートカット使っているんや(笑))、見た目にはややくたびれてきた感もあるのですが、中身は今のところそこそこ快調に動作していて結構愛着もあります。

ただ、メモリーが4GB固定で最近少し心もとなくなっているのと、HDD(ハードディスクドライブ)の代わりに採用されているSSD(ソリッドステートドライブ)の寿命がどれくらいなのかまだ世間的にも経験値が少ないので、そろそろ買い替えどきかどうか悩んでいるところです。
他の社内のパソコンは、サーバーも含めて原則リース契約で購入しているので、契約更新がちょうど入れ替えのきっかけになりやすいのですが、最初に買い取ったものはなかなか踏ん切りがつきません。

特に記憶媒体は、これまでのHDDの経験からいってもある日突然壊れることが往々にしてありますので、大事なデータはすべて社内のファイルサーバーに保管しているとは言え、アプリケーションやフォント、それに各種の初期設定はマシンが元気なうちに新しいマシンに引っ越しするのが断然楽なので、思案のしどころな訳です。

もし買い換えるとしたら、老眼が進行中の身としては同じMacBook Airで今度は少し重くなっても13inchモデル、AdobeのソフトもCreative Cloudにバージョンアップしたいので最低8GBのメモリーもほしいし、SSDも今は128GBしかないので、せめて256GBはいるなあ〜と、インターネットでApple Storeを時々眺めている今日このごろです。

追伸 同じく私用のiPad2も最近少し不調気味です(笑)


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

SIWA2014_-1.jpg

今年もSIWA|紙和フェアを開催いたします。

SIWA|紙和は、平安時代から和紙の産地として知られる甲斐の国(山梨)市川大門の歴史とともに歩んできた「大直」さんが開発した新素材「ナオロン」を使い、そのやぶれにくく、 水にも強い特徴を生かし、山梨県出身のデザイナー深澤直人さんと共に作り上げた、バッグを初めとする雑貨やインテリア商品で、GALLERY&SHOP唐船屋で5年前のオープン当初からずっと取り扱わせていただいている人気商品です。

ただ普段は店舗スペースの関係でラインナップの全てを展示できないのですが、年に1度メーカーの大直さんのご協力をいただき、いつもは店舗に並べられない商品も取り揃えてSIWA|紙和フェアを開催しています。

今回は、来週の10月5日(日)から約1ヶ月にわたり、店内がほぼ「SIWA|紙和」商品一色の展示になりますので、SIWA|紙和ファンはもちろん、SIWA|紙和商品を見たことのない方も是非この機会にご来店いただき、実際に手にとってご覧ください。

SIWA|紙和 フェア2014

日時:2014年10月5日(日)〜11月7日(金) ※期間中は無休です。
会場:GALLERY&SHOP唐船屋


■主な出品商品

SIWA_box_S.jpg SIWAボックスS

SIWA_overnight_bag_B.jpg SIWAオーバーナイトバッグ

SIWA_clutch_bag_L.jpg SIWAクラッチバッグ L

SIWA_tissue_box_cover_B.jpg SIWAティッシュボックスケース

SIWA_leaf_A.jpg SIWA葉っぱのしおり/カード

SIWA_bag_flat_vertical_B.jpg SIWAバックフラット(通常取扱)

SIWA_bag_square_B.jpg SIWAブリーフケースS(通常取扱)

SIWA_square_pouch_yxg.jpg SIWAスクエアポーチ(通常取扱)

  • SIWAクッションケースS・ミニ
  • SIWAクラッチバッグwide・M
  • SIWAスクエアポーチS
  • SIWAランドリーボックス オーバルS・M
  • SIWAワインバッグ
  • SIWAボックス9×9・13×13・M・L
  • SIWAランドリーボックスS・M
  • SIWAふた付きボックスS・M

その他通常販売商品も多数取り揃えてお待ちいたしております!


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

IMG_1927.jpg

嵯峨幼稚園御室幼稚園を運営されている学校法人嵯峨学園の園長先生のご依頼で、来年度の新入園児募集用のポスター・パンフレット・ミニブック・折込チラシをデザインから印刷まで制作させていただきました。

IMG_1925.jpg

嵯峨幼稚園と御室幼稚園は、「十三詣り」の「虚空蔵さん」で有名な嵐山法輪寺さんが設立母体で、嵯峨幼稚園が大正14年(1925)、御室幼稚園が昭和31年(1956)にそれぞれ開園された歴史と伝統がある幼稚園です。

また、嵯峨幼稚園は、平成25年(2013)に、全園舎の耐震補強工事に合わせ、大規模な園舎・園庭の改修工事を実施され、歴史ある園舎を活かしながら自由な空間レイアウトができるオープンなデザインの保育室などを導入されました。

一方御室幼稚園も閑静な住宅地の中にある小規模な幼稚園である特色を活かし、家庭的な雰囲気の中、きめ細やかに園児に接しておられます。

今回ご依頼をいただくにあたり、主に嵯峨幼稚園を中心に園長先生の説明を受けながら見学もさせていただいた上で上記の園の特徴を踏まえて、土と緑と水に囲まれた環境の中ですくすく育つ園児たちをイメージしてデザイン提案をしたところ、非常に気に入っていただき、その後の工程もスムーズに進行し、タイトなスケジュールでしたが予定通りの納期で納品させていただきました。

■ポスター
poster.jpg

■嵯峨幼稚園パンフレット
saga-01.jpg saga-02.jpg

■御室幼稚園パンフレット
omuro-01.jpg omuro-02.jpg

■ミニブック
vb-00.jpg

vb-02.jpg

vb-01.jpg
※すべての画像がクリックで拡大できます。

製作スタッフ
デザイン・DTP担当:中塚政裕(からふね屋)
画像・テキスト:クライアントご支給
印刷管理:株式会社からふね屋

仕様(ポスター)
判型:A2判
紙質:マットコート 4/6判 135kg
印刷:オフセット印刷 4C(片面)

仕様(パンフレット)
判型:A3判
紙質:モンテシオン 4/6判 81.5kg
印刷:オフセット印刷 4C(両面)
製本:2つ折

仕様(ミニブック)
判型:A5判横型 20P
紙質:ヴァンヌーボV ホワイト 4/6判130kg
印刷:オフセット印刷 4C(両面)
製本:中綴じ


関連エントリー
【制作実績紹介】「利茶土の茶陶」展 ダイレクトメール
【製作実績紹介】去風会だより
【製作実績紹介】茶道文化検定 ポスター・チラシ・広告
【製作実績紹介】新谷ダンス道場 謝恩祭プログラム・チケット
【製作実績紹介】東京ますいわ屋様夏のファミリーセールDM
【製作実績紹介】過去のあれこれ
【製作実績紹介】池田瓢阿 父子竹芸展
【製作実績紹介】東山堂様 剣道防具カタログ
【制作実績紹介】東京ますいわ屋様2011年版カレンダー


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

KNM001.jpg

先週の秋の岡崎付近のイベント紹介に引き続き、今度の話題は弊社前の東大路通をずっと下がった東山七条にある京都国立博物館で、5年あまりの工事期間を経て、9月13日にオープンする平常展示館「平成知新館」です。

KNM008.jpg

京都国立博物館は、年に数回特別展覧会が開催される「明治古都館」(旧 帝国京都博物館 本館)と収蔵品を入れ替わり常設展示する平常展示館の2つの建物から主に成っていますが、老朽化が著しかった平常展示館が建て替えられ、新たに「平成知新館」の名でオープンすることになりました。

設計は、東京国立博物館法隆寺宝物館やニューヨーク近代美術館新館を手がけた建築家・谷口吉生氏で、直線を基本としたモダンなデザインの建物になりました。

また最新の免震構造も取り入れ展示品をしっかり守るとともに、庭を眺望できるレストランなども併設されるようでオープンが非常に楽しみです。

そして、この「平成知新館」のオープンを記念して、9月13日(土)〜11月16日(日)まで「京(みやこ)へのいざない」展が、2期に分けて同展示館で開催されます。

KNM002.jpg

KNM004.jpg

パンフレットの謳い文句どおり、国宝50余点、重要文化財110余点を含む総計400点の選りすぐりの名品・名作ぞろいで、「おそらく京博史上まったく例のない、きわめて贅沢かつゴージャスな展観」(展覧会パンフレットより引用)になること間違いなしでしょう。

また、3週間ちょっとあとの10月7日(火)〜11月24日(月・休)には、明治古都館の方でも特別展覧会として、修理完成記念「国宝 鳥獣戯画と高山寺」展が開催されます。

KNM005.jpg

あの有名な「鳥獣人物戯画」がこのたび保存修理が完成し、修理後初めて全4巻が展示されるという、こちらも見逃せない展覧会です。

おそらくどちらの展覧会も大混雑が予想されますが、是非とも観ておきたいこの秋のイベントです。

関連エントリー
2014年秋 京都・岡崎イベント情報


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

torii.jpg

今年の夏は、夏らしい天気の日は本当にわずかばかりで、このまま秋になってしまうのでしょうか?

とは言え、秋になればなったで、いろいろなイベントも目白押し、特に弊社近くの岡崎公園一帯の地区は文化・芸術関係の施設が充実していますので見どころもいっぱいです。

まずは美術館関係からこの秋のイベントを紹介すると、京都国立近代美術館では、

modernmuseum.jpg

■ホイッスラー展   9月13日(土)~11月16日(日)

アメリカ生まれでロンドンで活躍した19世紀後半を代表する印象派の画家で、ジャポニズムの先駆的芸術家としても世界的に有名な画家の大回顧展です。

次に細見美術館では、

20091120-03.jpg

■デミタス コスモス―宝石のきらめき★カップ&ソーサー― 7月8日(火)〜9月28日(日)

神尾勇治コレクション 仙厓と鍋島―美と向き合う、美を愉しむ― 10月4日(土)〜12月24日(日)

そして京都市美術館は、この秋岡崎での最大のトピックスと言える

citymuseum.jpg

■ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展 9月30日(火)〜11月30(日) 

初期ジャポニスムを代表するモネの大作《ラ・ジャポネーズ》をはじめ,ボストン美術館の所蔵品より厳選された絵画,版画,素描,写真,工芸など約150点が京都にお目見えします。
すでに東京の世田谷美術館で公開され、10万人以上を動員した人気の展覧会です。
やはり傑作と呼ばれる《ラ・ジャポネーズ》は見てみたいですね。

これら3つの美術館は入館料の相互優待サービスも行っているようですので、はしごで観て廻るのも良いかもしれません。

その他にも岡崎公園一帯では、

■平安神宮奉納ライブ2014 古今一堂!NIPPON NIGHT 9月20日(土)・21日(日) 

若手アーティストを中心に二夜連続で平安神宮境内での野外ライブが開催されます。

■京都岡崎ハレ舞台 9月20日(土)・21日(日) 

西日本最大のマンガ・アニメの見本市「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)」、歩いて楽しい賑わいと憩いの空間を創出する「京都岡崎レッドカーペット」、花灯路とプロジェクションマッピングで演出される「岡崎ときあかり~あかりとアートのプロムナード」が同時に開催され、岡崎一帯を昼夜にわたって盛り上げます。

そして弊社でも

■SIWAフェアー2014 10月5日(日)〜11月7日(金)

siwafair2013_01.jpg

是非この秋は京都・岡崎に足をお運びください!


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

rinpa.jpg

来年は、本阿弥光悦が京都洛北・鷹峯に光悦村を拓いてからちょうど400年を迎えます。

光悦は刀剣の鑑定などを本業としていましたが、寛永の三筆に数えられるほどの能書家であり、陶芸家でもあり、茶の湯にも通じた今で言うマルチアーティストで、俵屋宗達との共作と言える嵯峨本の出版に協力し、後の芸術家に多大な影響を与えました。

この光悦や宗達にインスパイアされたのが、尾形光琳・乾山兄弟であり、酒井抱一、中村芳中、神坂雪佳、そして現代へと続く、後に「琳派」と呼ばれるアーティストたちです。

そして今や「琳派」は単に絵画の世界に留まること無く、衣裳、漆芸、陶芸、屏風、扇子など日本の伝統工芸を中心に建築・庭園や料理・菓子など幅広く生活の中にデザインとして溶け込んでいます。

そこで、来年京都において、この「琳派」をあらためて見直し、永く後世へこの美意識を受け継ぐ契機として「琳派400年記念祭」が、京都府、京都市、京都商工会議所、京都文化交流コンベンションビューローが中心となって開催され、様々な活動が予定されています。

因みに弊社のデザインアーカイブもみんな何かしら「琳派」の影響を受けていると言っても過言ではありません。
例えば、GALLERY&SHOP唐船屋でも販売している商品にも「琳派」っぽいデザインが多数見受けられます。

■オリジナルうちわ
10161630_507d0d0e1cf3c.jpg

■オリジナル文箱
10231456_508631a275390.jpg

10231454_50863115622dc.jpg

■オリジナル絵葉書「四季の彩り」
card_spring1.jpg card_summer1.jpg
card_autumn2.jpg card_winter2.jpg

そもそも「琳派」は公家や武家、神社仏閣など上層階級だけでなく、一般の町衆に広く溶け込んでいった「衣・食・住」すべてに根付いた美意識です。

今回の記念祭を契機となって、一般にも「琳派」の素晴らしさが更に見直され、新たに現代の琳派デザインがどんどん生まれることによって、その系譜が脈々と受け継がれることを願って止みません。

そのためにも微力ながら、弊社もなにかでお役に立てれば嬉しいな、と考えています。

関連エントリー
和のデザイン(その1)
和のデザイン(その2)
和のデザイン(その3)
和のデザイン(その4)
和のデザイン(その5)
和のデザイン(その6)
和のデザイン(その7)
和のデザイン(その8)
和のデザイン(春の新作)
和のデザイン(秋の新作)
2009年和のデザイン(春の新作)
2009年和のデザイン(秋の新作)
2010年和のデザイン(春の新作)
2010年和のデザイン(秋の新作)
2011年和のデザイン(春の新作)


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

HM023_L.jpg

今年の夏は不安定な天候が続いていて、昨日も京都では記録的な大雨が降り、多数の地域で被害も出たようです。
京都に限らず台風や大雨、またそれに伴う土砂災害などで被害や影響を受けられた方々には謹んでお見舞い申し上げます。

それでも昨晩実施が危ぶまれていた大文字の五山送り火は無事火が灯され、今年も精霊をお見送りすることができました。
そして暦の関係で少し早目ですが今日は京都の町中では地蔵盆も行われているようで、いよいよ夏の終わりが近づいてきました。

弊社も13日(水)から今日17日(日)まで夏季休暇をいただきましたが、明日18日(月)からは平常通りの営業を開始いたします。
しっかりとリフレッシュして明日からの業務に取り組んで参りますので、引き続きご用命のほどよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

tsugaruuchiwa001.jpg

京都は7月で祇園祭は終わりましたが、今全国各地ではそれぞれの地域で夏祭りが真っ盛りの季節です。
夏祭りにはうちわが欠かせないアイテムですが、今年も弊社では夏に向けてオリジナルうちわの制作をいくつか承りました。

その中で今年の確かゴールデンウィーク前後だったと思いますが、青森の方からオリジナル団扇についてのお問合わせの電話を1本いただき、その後何回か電話とメールでやりとりをさせていただき、最終的に上の写真の千鳥うちわを制作させていただきました。

ただ、いつもと少し違ったのは、最初のお問合わせのときまず尋ねられたのが、和紙を支給して印刷からお願いしたいが可能か、という質問で、聞けば、最終クライアントの要望で、青森特産のりんごの搾りかすから作った和紙を使いたいとのことでした。

実際に紙を見てみないと何とも言えないが、紙質によってはオンデマンド印刷機では印刷できないので、シルクスクリーン印刷での対応になる旨をお伝えしたところ、実際に使用したい紙のサンプルを送っていただくことになりました。

送っていただいた紙サンプルをみたところ、その前の電話でのやりとりから大体想定はしていたのですが、やはりオンデマンド印刷機では難しいとの判断を下し、シルクスクリーンで印刷可能なデザインであることを確認した上で、別途お見積りを提出してご承認いただきました。

tsugaruuchiwa007.jpg

もうひとつ驚いたことに、うちわの持ち手の柄の部分をうちわに組み込まずに、先に送ってもらえるか、と聞かれ、どうするのかお尋ねしたところ、送った柄に漆塗りを施してからうちわに組み込むということでした。

弊社が扱っている千鳥うちわの柄の部分は焼杉でできているのですが、本当にそんなことが出来るのですか?とお尋ねしたら、過去に実績もあるとのことでしたので、言われるままに先に柄を送らせていただきました。

tsugaruuchiwa006.jpg

その後、本番の紙を送っていただき、シルクスクリーンで印刷後、千鳥うちわ(の柄無し)に仕立て、簡易団扇立てを添えて無事納品したところ、後日ご丁寧に化粧箱に収められた漆塗りの柄もついた見本をお送りいただきました。

こうして、京都の伝統工芸である京うちわと、青森で江戸時代から伝わる「津軽塗」、さらには特産のりんごの搾りかすを活かした和紙のコラボから生まれたオリジナリティ溢れるうちわが出来上がりました。

tsugaruuchiwa002.jpg

tsugaruuchiwa003.jpg

tsugaruuchiwa005.jpg

------------------------------------------------------------------
仕様
サイズ:約210×300mm(柄部分含む)
印刷:シルクスクリーン印刷 (表2色/裏1色)
加工:千鳥型 京団扇仕立
柄 :津軽塗(杉)=クライアントにて加工
付属品:簡易団扇立て

製作
デザイン:クライアント支給(テンプレートデータ使用)
印刷・団扇加工管理:株式会社からふね屋
-------------------------------------------------------------------


関連エントリー
【まとめ】オリジナル扇子&団扇の製作について
和紙来歩×唐船屋コラボ商品オリジナル団扇からかみシリーズ発売開始!
オリジナル豆うちわを作ろう!
千鳥型うちわ オーダーメイドの手引き


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

前の10件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

からふね屋

株式会社からふね屋は大正10年創業の印刷会社です。

からふね屋が運営している「紙と印刷」製品のショップです。

からふね屋の自費出版部門です。

1本からオリジナル扇子をつくることができます

アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

堀尾武史
株式会社からふね屋 代表取締役

昭和36年生まれの丑年
京都生まれ京都育ちの印刷屋四代目社長。
小学1年から大学4年まで剣道にひたすら明け暮れ、一応各年代で全国大会には出場、入賞なども果たす。
同志社大学卒業と同時に親戚の印刷会社で修行、ここで大いにしごかれ現在に至る。
自社にあった活版印刷から写植、フィルム時代を経て現在のDTPまでひと通り印刷については経験、美しい印刷を愛す。
趣味はお酒とアート鑑賞、読書、音楽(JAZZ・ROCK・POP・REGGAE・CLASSICなどオールランド)、TV鑑賞(ガイアの夜明け・カンブリア宮殿・たけしアートビートなどがお気に入り)、ウォーキング。