tsugaruuchiwa001.jpg

京都は7月で祇園祭は終わりましたが、今全国各地ではそれぞれの地域で夏祭りが真っ盛りの季節です。
夏祭りにはうちわが欠かせないアイテムですが、今年も弊社では夏に向けてオリジナルうちわの制作をいくつか承りました。

その中で今年の確かゴールデンウィーク前後だったと思いますが、青森の方からオリジナル団扇についてのお問合わせの電話を1本いただき、その後何回か電話とメールでやりとりをさせていただき、最終的に上の写真の千鳥うちわを制作させていただきました。

ただ、いつもと少し違ったのは、最初のお問合わせのときまず尋ねられたのが、和紙を支給して印刷からお願いしたいが可能か、という質問で、聞けば、最終クライアントの要望で、青森特産のりんごの搾りかすから作った和紙を使いたいとのことでした。

実際に紙を見てみないと何とも言えないが、紙質によってはオンデマンド印刷機では印刷できないので、シルクスクリーン印刷での対応になる旨をお伝えしたところ、実際に使用したい紙のサンプルを送っていただくことになりました。

送っていただいた紙サンプルをみたところ、その前の電話でのやりとりから大体想定はしていたのですが、やはりオンデマンド印刷機では難しいとの判断を下し、シルクスクリーンで印刷可能なデザインであることを確認した上で、別途お見積りを提出してご承認いただきました。

tsugaruuchiwa007.jpg

もうひとつ驚いたことに、うちわの持ち手の柄の部分をうちわに組み込まずに、先に送ってもらえるか、と聞かれ、どうするのかお尋ねしたところ、送った柄に漆塗りを施してからうちわに組み込むということでした。

弊社が扱っている千鳥うちわの柄の部分は焼杉でできているのですが、本当にそんなことが出来るのですか?とお尋ねしたら、過去に実績もあるとのことでしたので、言われるままに先に柄を送らせていただきました。

tsugaruuchiwa006.jpg

その後、本番の紙を送っていただき、シルクスクリーンで印刷後、千鳥うちわ(の柄無し)に仕立て、簡易団扇立てを添えて無事納品したところ、後日ご丁寧に化粧箱に収められた漆塗りの柄もついた見本をお送りいただきました。

こうして、京都の伝統工芸である京うちわと、青森で江戸時代から伝わる「津軽塗」、さらには特産のりんごの搾りかすを活かした和紙のコラボから生まれたオリジナリティ溢れるうちわが出来上がりました。

tsugaruuchiwa002.jpg

tsugaruuchiwa003.jpg

tsugaruuchiwa005.jpg

------------------------------------------------------------------
仕様
サイズ:約210×300mm(柄部分含む)
印刷:シルクスクリーン印刷 (表2色/裏1色)
加工:千鳥型 京団扇仕立
柄 :津軽塗(杉)=クライアントにて加工
付属品:簡易団扇立て

製作
デザイン:クライアント支給(テンプレートデータ使用)
印刷・団扇加工管理:株式会社からふね屋
-------------------------------------------------------------------


関連エントリー
【まとめ】オリジナル扇子&団扇の製作について
和紙来歩×唐船屋コラボ商品オリジナル団扇からかみシリーズ発売開始!
オリジナル豆うちわを作ろう!
千鳥型うちわ オーダーメイドの手引き


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

book201407.jpg

2011年3月11日に起こった東日本大震災は被災地はもちろんのこと、日本国内外にも大きな影響をもたらしました。
印刷業界でもたくさんの印刷会社をはじめ業界関連企業が被災され、甚大な被害に遭われましたが、中でも三菱製紙八戸工場と日本製紙石巻工場の地震および津波による被害は、どちらも日本の印刷・出版業界にとって決して少ないものではありませんでした。

例えば、弊社でも非常によく使っているニューVマットというマットコートの塗工紙は、主に三菱製紙八戸工場で生産されていたため、震災後工場が復旧するまでの半年ほどは他社の製品を代用せざるを得ませんでした。

今回ご紹介する佐々涼子著「紙つなげ!彼らが本の紙を造っている」(早川書房) というノンフィクションでは、大震災で被災した日本製紙石巻工場が、津波によって完全に機能停止し、誰もが「工場は死んだ」と口にするほど絶望的な状況から、わずか半年で奇跡の復興を果たしたその軌跡が丹念に描かれています。

もともと日本製紙は日本の出版用紙の約4割を担っていて、石巻工場はその日本製紙の主力工場で主に出版向けの本文用紙を生産していました。
ですのでこの石巻工場がダウンするということは、「日本の出版が倒れるとき」と言っても決して大げさではないほどの出来事だったわけです。

この本では、巨大な瓦礫と泥に埋もれ、幸い従業員は全員生存したが、最終的に41体もの津波に流された遺体が発見されるなど絶望的な状況と、社員がそれぞれの想いを胸に復旧に取り組む姿を丹念に語っていくとともに、マスコミではあまり伝えられることがなかった被災地の目を背けたくなるような実態についてもさりげなく描かれています。

震災後半年でこの日本製紙石巻工場だけでなく、三菱製紙八戸工場も操業が再び始まり、印刷用紙がほぼ普段通りに流通しはじめたことに当時はあまりなにも考えませんでしたが、実際には経営トップからそれぞれの従業員の方々まで言葉には言い尽くせないほどのご苦労と懸命の努力があったことをこの本を通して知ることができ、あらためて当たり前に紙が手に入ることのありがたさをヒシヒシと感じました。

また、この本では印刷業界にいてもなかなか普段から知ることの少ない印刷用紙の製紙工程も非常にくわしくかつ、分かりやすく説明されていますので、その意味でも大変勉強になると思います。

蛇足ですが、もちろん本書も日本製紙石巻工場で造られた紙が使用されています。

本文:オペラクリームHO 4/6判 Y目58.5kg(日本製紙石巻工場 8号抄紙機)
口絵:b7バルキー A判 T目 52kg(日本製紙石巻工場 8号抄紙機)
カバー:オーロラコート A判 T目 86.5kg(日本製紙)
帯:オーロラコート 4/6判 Y目 110kg(日本製紙)

因みに、この印刷見聞録で何回かご紹介したモンテシオンモンテルキア同工場の復興支援商品として位置づけられています。





関連エントリー

【印刷用紙事典】番外編 デザインのひきだしVol.22
印刷用紙辞典 D'CRAFT
印刷用紙辞典 てまりコレクション
印刷用紙事典 モフル
印刷用紙事典 OKフロートとOKムーンカラー
印刷用紙事典 ポルカとブンペル
【印刷用紙事典】番外編 マイクロメーター
印刷用紙事典 モンテルキア
【印刷用紙事典】タントとまんだら
【印刷用紙事典】ケナフペーパーがなくなる!?
印刷用紙事典 番外編 モンテシオン見本帳差し上げます!
印刷用紙事典「モンテシオン」
印刷用紙事典「マットコート」
印刷用紙事典「ヴァンヌーボ」
印刷用紙事典「書籍用紙」
印刷用紙事典番外編「takeopaper.com」
印刷用紙事典「アラベール」
印刷用紙事典番外編「紙名手配」
印刷用紙事典「アート紙」
印刷用紙事典「和紙」
印刷用紙事典「ミラーコート紙(キャストコート)」
印刷用紙事典「ユポ紙(合成紙)」
印刷用紙事典「上質紙」


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

oofuneboko_010.jpg

7月の京都は祇園祭、1日から31日まで様々な神事が執り行われますが、中でもひときわ華やかなのが例年は17日の山鉾巡行でした。
ところが、今年からその山鉾巡行が本来の形にもどるべく、17日の前祭と24日の後祭に別れて催されることになりました。

といいますのも、本来祇園祭の本当のメインイベントは17日と24日の夜に氏子地区に繰り出される神幸祭と還幸祭のお神輿であって、山鉾巡行はその先触れとして氏子地区をお清めする行事なのです。

otabisyo.jpg
神幸祭を終え、御旅所で還幸祭を待つお神輿

ところが約半世紀前に山鉾巡行だけがいろいろな事情で17日に合同化されてしまっていたのですが、今年からまた49年ぶりに元の形に戻ることになったのです。

そして今年のもうひとつの大きなニュースが、蛤御門の変で消失して以来150年振りに大船鉾が巡行に復活し、後祭の山鉾10基のしんがりを務めるということです。

今朝、その大船鉾の復興御披露目会が開催され、関係者を招き、17日からの鉾立てを経て完成したその雄姿が披露されました。

oofuneboko_02.jpg

yamada.jpg  kadokawa.jpg

oofuneboko_07.jpg

御披露目会には、八坂神社森宮司をはじめ、山田京都府知事、門川京都市長らも駆けつけられ祝辞を述べられ、松居四条町大船鉾保存会理事長の謝辞ののち、鏡開きで盛大に締めくくられました。

oofuneboko_09.jpg
関係者に配られた資料(千鳥型の団扇は弊社製ではありません)

御披露目会の帰りに新町通りを上ると、北観音山と南観音山も後祭をひかえて、鉾立ての真っ最中でした。

minamikannon.jpg  kitakannon.jpg

後祭の山鉾巡行は、午前9時30分に烏丸御池を出発、市役所前でくじ改めを行い、河原町通りを下がって、四条通りを烏丸に戻る前祭とは反対周りのコースで挙行されます。

また宵山行事は、明日21日(祝・月)から23日(水)にかけて山鉾の建てられている町内は車両通行止めとなりますが、四条通等の歩行者天国はありません。露店の出店もないようです。

今年の祇園祭は、より本来の神事に戻った節目の年ですので、是非みなさんも後祭にもお出かけされてはいかがでしょうか?

関連エントリー
【歳時記】今日は五山送り火
今日は祇園祭山鉾巡行
【歳時記】8月の絵葉書
【歳時記】7月の京都は祇園祭
今日は葵祭。
地蔵盆
【歳時記】今日は時代祭


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

SIWA_lunch_bag_yxg_B.jpg

先週は夏風邪にやられて1回ブログをお休みしてしましました。
通説どおりで夏風邪はしつこくて、かかり始めて2週間以上たちますが、まだ喉の痛みが取れず、咳に苦しんでいます。
気候も不順な季節ですので、皆様もご自愛ください。

さて、京都は祇園祭を迎え、夏ムードが高まっていますが、今回は少し先走って、この秋に開催が決定したSIWAフェアのお知らせです。

これまで、2012年、2013年とGALLERY&SHOP唐船屋において春に開催してきたSIWAフェアーですが、今年はちょうどその時期が消費税増税のタイミングと当たってしまったため秋に開催することにいたしました。

今回も、つい先日発表になったばかりの新作「イエロー×グレー」シリーズはもちろんのこと、普段はショップで取り扱っていないSIWA商品のラインナップを多数取り揃える予定です。

siwa2014.jpg

少し先の話で恐縮ですが、是非みなさん手帳にお控えいただき、お楽しみにしてください。


SIWA|紙和 フェア2014


日時:2014年10月5日(日)〜11月7日(金) ※期間中は無休です。
会場:GALLERY&SHOP唐船屋



【SIWAフェア2013】の様子

siwafair2013_13.jpg

siwafair2013_15.jpg

siwafair2013_16.jpg

siwafair2013_17.jpg



にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

DSC_0069_2.jpg

明後日からは7月、梅雨明けまであと2〜3週間となり、現在弊社にはオリジナル扇子とオリジナル団扇を製作したいというお問合わせを多数いただいております。

そこで今回は、今一度このブログでご紹介したオリジナル扇子とオリジナル団扇の製作に関する記事を改めてまとめてみました。

オンデマンドで、オリジナル扇子を1本から


オンデマンド印刷でつくるオリジナル扇子の弊社で製作したサンプル例を紹介しています。

DSC_0133_2.jpgのサムネール画像



オンデマンド扇子 納期と価格 改訂のお知らせ


2014年1月より改定させていただいた納期と特急価格についてご説明しています。

DSC_0100.jpgのサムネール画像



オンデマンドで、オリジナル扇子を1本から【価格・仕様編】


オリジナルデザインの扇子を製作する場合の価格や入稿方法、サイズ、骨色、納期、オプション箱などをご説明しています。

white.jpg


オンデマンド扇子【製作実績 part1】


東京のギャラリーからご注文いただいた作家さんの作品をプリントしたオリジナル扇子を紹介しています。

dragon01.jpg



【製作実績紹介】サントリー様「山崎京扇子」


サントリー様のご依頼で製作させていただいた、ウィスキーの山﨑ブランドのオリジナル扇子の事例紹介です。

suntorygoodsbar_sensu.jpg


【制作実績紹介】両面印刷オリジナル扇子


オリジナルデザイン扇子の製作事例として婦人用サイズの両面印刷の扇子を紹介しています。

t_0001.jpg


オリジナル扇子入稿用テンプレート


弊社ウェブサイト内にある扇子と団扇のデザイン用テンプレートデータが収められているページの紹介です。

tenplatepage.jpg


デザイン扇子入稿マニュアル


オリジナルデザインの扇子を入稿していただく際に、データ作成における注意点や、デザインとして避けるべき点などをご紹介しています。

bat001.jpg



オリジナル豆うちわを作ろう!


豆うちわのオーダーメイド価格や入稿方法などについてご説明しています。

tenplate-1.jpg


千鳥型うちわ オーダーメイドの手引き


千鳥型うちわのオーダーメイド価格や、入稿方法、紙質やオプションなどについてご説明しています。

uchiwa-ondemand02.jpg


【制作実績紹介】築地玉寿司様 豆うちわ


豆うちわの制作事例よして、築地玉寿司様のご依頼で作らせていただいたうちわを紹介しています。

tamazusi-uchiwa03.jpg




にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

705-b-karakami01.jpg

本日よりGALLERY&SHOP唐船屋の店舗とオンラインショップで「オリジナル団扇セット からかみシリーズ」の販売を開始しました。

ショッピングページへ

このからかみシリーズは、ショップでも商品を取り扱わせていただいている和紙来歩さんの、雲母や胡粉など、昔ながらの材料を使用し手摺りで作成されるからかみ「雲母集」から、伝統紋様四柄を選び、京うちわ屋さんで千鳥型うちわに仕立てた、すべて京都の職人の手によるオリジナル団扇です。

705-b-ryumaru02.jpg


705-a-ryumaru01.jpg
からかみ(龍文)

705-a-nami-tsubo01.jpg
からかみ(波につぼつぼ)

705-a-araiso01.jpg
からかみ(荒磯)

705-a-tsuyukusa01.jpg
からかみ(露草)

いずれのうちわも、他の唐船屋オリジナル団扇セットと同様に、団扇立てといっしょに簡易箱に入っています。

唐船屋オリジナル団扇からかみシリーズ  税込2,484円
705-a-araiso03.jpg

ショッピングページへ

また、今回は通常の団扇立て付の箱入りに加えて、【贈答用化粧箱入】のセットもご用意しました。
この贈答用セットは化粧箱に本格的な団扇立てが付いていて、お中元など夏の贈り物にも最適です。


【贈答用化粧箱入】唐船屋オリジナル団扇からかみシリーズ  税込3,240円
705-b-nami-tsubo03.jpg

705-b-karakami03.jpg

ショッピングページへ

さらには、昨夏に引き続き今年もこの新発売のオリジナル団扇セットからかみシリーズを含めた唐船屋オリジナルの扇子と団扇商品がオンラインショップで送料無料のキャンペーンを実施しています。

top-campaign2014.jpg

関連エントリー
唐船屋オリジナル豆うちわ 新デザイン販売開始!
ギフトカタログ「京もの愛用券」に採用されました!
【新発売】京の豆うちわ
「1927年の活字見本帳」復刻しました!
オリジナル文箱(ふばこ)新発売!
2011年オリジナル団扇 好評販売中!
「京野菜」絵葉書発売!
オリジナル絵葉書セット新商品のご案内
祇園祭と扇子
オリジナル団扇(うちわ)2010 好評発売中


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

designbook005.jpg数あるグラフィックデザインの専門雑誌の中でも印刷寄りの実践的な内容の記事が特徴の、グラフィック社刊行の「デザインのひきだし」最新号が。今回は紙の特集だということでしたので、早速購入しました。

これまでもシルクスクリーン特集やオフセット印刷特集の号を購入していたので、それぞれの特集の技法や内容に合わせて、非常に豊富なサンプルが綴じ込まれているのでボリュームたっぷりの雑誌であることは知っていましたが、今回の号を実際に手にとってみてびっくり、なんと通常の号に比べても倍近くの厚さで、まるで週刊ジャンプ並ではありませんか!

デザインのひきだし22
designbook001.jpg

しかも表紙の紙も、何かが漉き込まれていてひとめで再生紙とわかるような特徴的な紙質なのですが、これが実は不要になったお札古紙が紙の原料の約半分量入っているお札混抄紙なのだそうです。

designbook004.jpg

中を見てみると、もちろん記事を充実していますが、今回はなんと全体の約2/3のページを、新製品や和紙、それに注目の紙などの綴込みサンプル(枚数にして100枚以上)が占めています。

designbook003.jpg

特に今回の特集は和紙に関することが充実しています。
弊社にも和紙に関するお問合わせがよくあるのですが、案外皆さん和紙のことをよくご存知なくて、和紙と洋紙の違いなども曖昧なので、和紙に興味のある方は是非この本はおすすめです。

また、このブログでも紹介した、D'CRAFTてまりコレクションモフルポルカやブンペルなどの紙サンプルも綴じ込まれています。

個人的には前から思っていたことなんですが、この号にも紹介されている日本全国の和紙の産地をいつかひとつずつ廻ってみたいという想いがまた強くなりました。

designbook006.jpg


関連エントリー

印刷用紙辞典 D'CRAFT
印刷用紙辞典 てまりコレクション
印刷用紙事典 モフル
印刷用紙事典 OKフロートとOKムーンカラー
印刷用紙事典 ポルカとブンペル
【印刷用紙事典】番外編 マイクロメーター
印刷用紙事典 モンテルキア
【印刷用紙事典】タントとまんだら
【印刷用紙事典】ケナフペーパーがなくなる!?
印刷用紙事典 番外編 モンテシオン見本帳差し上げます!
印刷用紙事典「モンテシオン」
印刷用紙事典「マットコート」
印刷用紙事典「ヴァンヌーボ」
印刷用紙事典「書籍用紙」
印刷用紙事典番外編「takeopaper.com」
印刷用紙事典「アラベール」
印刷用紙事典番外編「紙名手配」
印刷用紙事典「アート紙」
印刷用紙事典「和紙」
印刷用紙事典「ミラーコート紙(キャストコート)」
印刷用紙事典「ユポ紙(合成紙)」
印刷用紙事典「上質紙」


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

richard-201405-06.jpg

いささか旧聞に属しますが、先月大徳寺塔頭の黄梅院で催された、陶芸家・利茶土ミルグリムさんの茶陶展の案内状(ダイレクトメール)を制作させていただきました。

利茶土(リチャード)・ミルグリムさんは、アメリカ・ニューヨークに生まれ、1977年に初来日して日本語を勉強し全国の窯元を巡ったのち、一旦帰国し大学を卒業、偶然ニューヨークで当時裏千家15代御家元だった鵬雲斎大宗匠との出会いを経て、1979年に再来日、京都の陶芸家岩渕重哉氏に師事するとともに裏千家「みどり会」に入学、その後茶陶の代表的な窯元、萩12代田原陶兵衛・備前藤原 雄・美濃加藤光右衛門の3作家の元で修業し、茶陶の道の探求を深めて来られました。
そして今も、30年前に築窯し、鵬雲斎大宗匠より窯名を授かった「利茶土窯」を拠点に、伝統を踏まえた上で新しいスタイルを追求した作陶に挑まれています。

richard-201405-07.jpg

今回の展覧会は、その利茶土窯の30周年記念展第1弾として、利休ゆかりの大徳寺で開かれた個展でした。
弊社ではその展覧会の案内状(ダイレクトメール)と封筒のデザインと印刷でお手伝いをさせていただきました。

richard-201405-05.jpg richard-201405-04.jpg

richard-201405-01.jpg richard-201405-02.jpg

製作スタッフ
営業担当:井上克美
DTP担当:中塚政裕(からふね屋)
印刷管理:株式会社からふね屋

仕様(DM)
判型:A4判
紙質:アラベール ホワイト 4/6判 110kg
印刷:オフセット印刷 4C(両面)

仕様(封筒)
判型:長3判マッペ
紙質:ハーフカラーホワイト 104.7g/㎡
印刷:オフセット印刷 1C(両面)

関連エントリー
【製作実績紹介】去風会だより
【製作実績紹介】茶道文化検定 ポスター・チラシ・広告
【製作実績紹介】日皮協ジャーナル
【製作実績紹介】新谷ダンス道場 謝恩祭プログラム・チケット
【製作実績紹介】東京ますいわ屋様夏のファミリーセールDM
【製作実績紹介】過去のあれこれ
【製作実績紹介】Monster Project 2012
【製作実績紹介】池田瓢阿 父子竹芸展
【製作実績紹介】東山堂様 剣道防具カタログ
【製作実績紹介】総本家河道屋様の復刻本と節分年越しそば
【制作実績紹介】「立春」色紙
【制作実績紹介】東京ますいわ屋様2011年版カレンダー
昭和7年の南座顔見世プログラムと芸事番組の弊社製作実例
【制作実績紹介】KAVC 1floor フライヤー&ポスター
【制作実績紹介】画集刊行記念「瀧下和之展」in 京都髙島屋
【制作実績紹介】第15回笠井季美個展「顔彩で描く心の彩」
【製作実績紹介】山岡多美子様 絵はがき 笠井季美個展「顔彩で描く心の彩」in 岡山
水墨わんこ展
【ゆあぶっく】第14回笠井季美個展「顔彩で描く心の彩」



にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

tm_yukata2014_01.jpg

梅雨入り間近だというのに、今日は降り注ぐ陽射しが真夏を思わせるような陽気になりましたが、いよいよ夏本番ももうすぐのこの季節、今年も、もはや恒例となりました東京ますいわ屋様ウェブサイト内のゆかたコレクション「ぶるじょわずがーるず」特設ページの更新を担当させていただきました。

例年どおり、クライアント様の方でモデル撮影された画像をご支給いただき、昨年に引き続き基本デザインはそのままで構成しています。

撮影は今年も京都で行われたようで、恵文社一乗寺店新風館などの人気スポットをロケーションに夏らしい大人の浴衣が映えています。

今年は祇園祭で150年ぶりに大船鉾が巡行に復帰し、後祭りでも山鉾巡行が復活するなど京都の夏の賑いがさらに彩りを増し、お出かけの機会もたくさんありそうです。。
ぜひこの機会に素敵な浴衣を誂えて、夏情緒を十分に楽しみましょう。

2014年東京ますいわ屋浴衣特設サイト「ぶるじょわずがーるず」

製作スタッフ
WEBデザイン・コーディング:中塚政裕(からふね屋)
画像・コンテンツ:クライアントご支給

また、同じく東京ますいわ屋様のふりそでコレクション「はなさき」特設ページもリニューアルしています。併せてご覧ください。

2014年東京ますいわ屋ふりそでコレクション「はなさき」

TM_furisode2014.jpg

製作スタッフ
WEBデザイン・コーディング:中塚政裕(からふね屋)
画像・コンテンツ:クライアントご支給

関連エントリー
ホームページ用サーバーの準備もお任せください!
【制作実績紹介】池田瓢阿ホームページ
【制作実績紹介】きもの百科イトカワ様ウェブサイト
【制作実績紹介】丸久小山園様ウェブサイト一部リニューアル
【製作実績紹介】東京ますいわ屋様2013年浴衣サイト
【制作実績紹介】東京ますいわ屋様ふりそでウェブサイト
【制作実績紹介】からふね屋ウェブサイト・リニューアル
【制作実績紹介】唐船屋ECサイト リニューアルオープン!
【製作実績紹介】東京ますいわ屋様ゆかたコレクションサイト
【制作実績】東京ますいわ屋様ウェブサイトリニューアル
東京ますいわ屋 NEW CONCEPT SHOP
ゆかたコレクション2010【東京ますいわ屋様】
ゆかたCollection2009【東京ますいわ屋様 WEB SITE】
【製作実績紹介】寺田薬泉工業株式会社様 ウェブサイト
ピアニスト 三木裕子様 ウェブサイト
新古御茶道具 青芳堂 ウェブサイト
受賞のお知らせ
ホームページ製作



にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

small-shikishi-02.jpg

今回の【制作実績紹介】は、寸松庵(すんしょうあん)サイズというミニサイズの色紙のオンデマンド印刷による複製作品をご紹介します。

ご依頼いただいた五条一馬様は、

"54歳で眼病で失明し、孤独と絶望の中で色々な人に支えられながら支えてもらう中で2頭の馬に出会い、生きる勇気と感動と喜びをもらい、自分自身のこれからの人生の中でこれからの自分の人生の学びとして障害者うまっこの会「心に花を咲かせようプロジェクト21」を設立"(五条一馬HPより引用)

そんな中、日々の生活の中、ふと感じた事を自分の言葉で 伝えられたらいいなと思い色紙を作られ、誰にでも分かりやすい 短い文で癒しや励まし、四季折々の言葉 ユーモアあふれる、など絵と共に表現されています。

そしてこれまでも

  • 五条一馬ことばのアート展(平成26年1月22日~26日)京都市中京区万華鏡ミュージアムにて
  • 平成26年4月26,27日 草津駅前 ギャラリー風の門にてご友人の作品展に特別参加

などで発表の機会をもたれてきたほか ご家庭やカフェ・旅館・ホテルなど様々な場所にインテリアとして好評を得られているそうです。

ことばの花工房:http://kazuma5.net/hana/

small-shikishi-03.jpg

この案件ももともと依頼主のお知り合いのデザイナーの方が弊社のホームページをご覧になりお問合わせをいただいたのがきっかけでいただいたご縁です。

実際にはご依頼主からお預かりした寸松庵サイズ(121×136mm)の原画色紙からスキャニングしたデータに色補正を施したのち、弊社のオンデマンド機で「竹ドーザ紙」という色紙で一般的な紙に印刷し、その後色紙仕立てを専門の業者さんにお願いして仕上げました。

仕様
サイズ:寸松庵(121×136mm)
紙:竹ドーサ紙
印刷:オンデマンド印刷 


製作
原画:五条一馬
印刷・色紙加工管理:株式会社からふね屋

small-shikishi-01.jpg

因みに寸松庵とは通常の色紙の1/4の大きさで、1/4色紙とかミニ色紙とも呼ばれていますが、もともと「寸松庵色紙」とは、『古今和歌集』四季の歌を抜き書きした粘葉装冊子を、分割して色紙形になったもので、織田信長の家臣で茶人の佐久間実勝の塔頭寸松庵の旧蔵にあったことからこの名があり、「継色紙」、「升色紙」とともに平安時代屈指の「かな書」の名筆(古筆)である三色紙のひとつに数えられています。

この他にも色紙のサイズには一番ポピュラーな大色紙をはじめ、小色紙、短冊並巾、短冊広巾など多様な大きさにも対応し、各種タトウ紙も既成品を併せて取り揃えていますので色紙制作をお考えの方はお気軽にご相談ください。

f0111623_15221954.gif
電話      075-761-1166  
FAX       075-771-8539


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

前の10件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

からふね屋

株式会社からふね屋は大正10年創業の印刷会社です。

からふね屋が運営している「紙と印刷」製品のショップです。

からふね屋の自費出版部門です。

1本からオリジナル扇子をつくることができます

アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

堀尾武史
株式会社からふね屋 代表取締役

昭和36年生まれの丑年
京都生まれ京都育ちの印刷屋四代目社長。
小学1年から大学4年まで剣道にひたすら明け暮れ、一応各年代で全国大会には出場、入賞なども果たす。
同志社大学卒業と同時に親戚の印刷会社で修行、ここで大いにしごかれ現在に至る。
自社にあった活版印刷から写植、フィルム時代を経て現在のDTPまでひと通り印刷については経験、美しい印刷を愛す。
趣味はお酒とアート鑑賞、読書、音楽(JAZZ・ROCK・POP・REGGAE・CLASSICなどオールランド)、TV鑑賞(ガイアの夜明け・カンブリア宮殿・たけしアートビートなどがお気に入り)、ウォーキング。