DSC_0069_2.jpg

明後日からは7月、梅雨明けまであと2〜3週間となり、現在弊社にはオリジナル扇子とオリジナル団扇を製作したいというお問合わせを多数いただいております。

そこで今回は、今一度このブログでご紹介したオリジナル扇子とオリジナル団扇の製作に関する記事を改めてまとめてみました。

オンデマンドで、オリジナル扇子を1本から


オンデマンド印刷でつくるオリジナル扇子の弊社で製作したサンプル例を紹介しています。

DSC_0133_2.jpgのサムネール画像



オンデマンド扇子 納期と価格 改訂のお知らせ


2014年1月より改定させていただいた納期と特急価格についてご説明しています。

DSC_0100.jpgのサムネール画像



オンデマンドで、オリジナル扇子を1本から【価格・仕様編】


オリジナルデザインの扇子を製作する場合の価格や入稿方法、サイズ、骨色、納期、オプション箱などをご説明しています。

white.jpg


オンデマンド扇子【製作実績 part1】


東京のギャラリーからご注文いただいた作家さんの作品をプリントしたオリジナル扇子を紹介しています。

dragon01.jpg



【製作実績紹介】サントリー様「山崎京扇子」


サントリー様のご依頼で製作させていただいた、ウィスキーの山﨑ブランドのオリジナル扇子の事例紹介です。

suntorygoodsbar_sensu.jpg


【制作実績紹介】両面印刷オリジナル扇子


オリジナルデザイン扇子の製作事例として婦人用サイズの両面印刷の扇子を紹介しています。

t_0001.jpg


オリジナル扇子入稿用テンプレート


弊社ウェブサイト内にある扇子と団扇のデザイン用テンプレートデータが収められているページの紹介です。

tenplatepage.jpg


デザイン扇子入稿マニュアル


オリジナルデザインの扇子を入稿していただく際に、データ作成における注意点や、デザインとして避けるべき点などをご紹介しています。

bat001.jpg



オリジナル豆うちわを作ろう!


豆うちわのオーダーメイド価格や入稿方法などについてご説明しています。

tenplate-1.jpg


千鳥型うちわ オーダーメイドの手引き


千鳥型うちわのオーダーメイド価格や、入稿方法、紙質やオプションなどについてご説明しています。

uchiwa-ondemand02.jpg


【制作実績紹介】築地玉寿司様 豆うちわ


豆うちわの制作事例よして、築地玉寿司様のご依頼で作らせていただいたうちわを紹介しています。

tamazusi-uchiwa03.jpg




にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

705-b-karakami01.jpg

本日よりGALLERY&SHOP唐船屋の店舗とオンラインショップで「オリジナル団扇セット からかみシリーズ」の販売を開始しました。

ショッピングページへ

このからかみシリーズは、ショップでも商品を取り扱わせていただいている和紙来歩さんの、雲母や胡粉など、昔ながらの材料を使用し手摺りで作成されるからかみ「雲母集」から、伝統紋様四柄を選び、京うちわ屋さんで千鳥型うちわに仕立てた、すべて京都の職人の手によるオリジナル団扇です。

705-b-ryumaru02.jpg


705-a-ryumaru01.jpg
からかみ(龍文)

705-a-nami-tsubo01.jpg
からかみ(波につぼつぼ)

705-a-araiso01.jpg
からかみ(荒磯)

705-a-tsuyukusa01.jpg
からかみ(露草)

いずれのうちわも、他の唐船屋オリジナル団扇セットと同様に、団扇立てといっしょに簡易箱に入っています。

唐船屋オリジナル団扇からかみシリーズ  税込2,484円
705-a-araiso03.jpg

ショッピングページへ

また、今回は通常の団扇立て付の箱入りに加えて、【贈答用化粧箱入】のセットもご用意しました。
この贈答用セットは化粧箱に本格的な団扇立てが付いていて、お中元など夏の贈り物にも最適です。


【贈答用化粧箱入】唐船屋オリジナル団扇からかみシリーズ  税込3,240円
705-b-nami-tsubo03.jpg

705-b-karakami03.jpg

ショッピングページへ

さらには、昨夏に引き続き今年もこの新発売のオリジナル団扇セットからかみシリーズを含めた唐船屋オリジナルの扇子と団扇商品がオンラインショップで送料無料のキャンペーンを実施しています。

top-campaign2014.jpg

関連エントリー
唐船屋オリジナル豆うちわ 新デザイン販売開始!
ギフトカタログ「京もの愛用券」に採用されました!
【新発売】京の豆うちわ
「1927年の活字見本帳」復刻しました!
オリジナル文箱(ふばこ)新発売!
2011年オリジナル団扇 好評販売中!
「京野菜」絵葉書発売!
オリジナル絵葉書セット新商品のご案内
祇園祭と扇子
オリジナル団扇(うちわ)2010 好評発売中


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

designbook005.jpg数あるグラフィックデザインの専門雑誌の中でも印刷寄りの実践的な内容の記事が特徴の、グラフィック社刊行の「デザインのひきだし」最新号が。今回は紙の特集だということでしたので、早速購入しました。

これまでもシルクスクリーン特集やオフセット印刷特集の号を購入していたので、それぞれの特集の技法や内容に合わせて、非常に豊富なサンプルが綴じ込まれているのでボリュームたっぷりの雑誌であることは知っていましたが、今回の号を実際に手にとってみてびっくり、なんと通常の号に比べても倍近くの厚さで、まるで週刊ジャンプ並ではありませんか!

デザインのひきだし22
designbook001.jpg

しかも表紙の紙も、何かが漉き込まれていてひとめで再生紙とわかるような特徴的な紙質なのですが、これが実は不要になったお札古紙が紙の原料の約半分量入っているお札混抄紙なのだそうです。

designbook004.jpg

中を見てみると、もちろん記事を充実していますが、今回はなんと全体の約2/3のページを、新製品や和紙、それに注目の紙などの綴込みサンプル(枚数にして100枚以上)が占めています。

designbook003.jpg

特に今回の特集は和紙に関することが充実しています。
弊社にも和紙に関するお問合わせがよくあるのですが、案外皆さん和紙のことをよくご存知なくて、和紙と洋紙の違いなども曖昧なので、和紙に興味のある方は是非この本はおすすめです。

また、このブログでも紹介した、D'CRAFTてまりコレクションモフルポルカやブンペルなどの紙サンプルも綴じ込まれています。

個人的には前から思っていたことなんですが、この号にも紹介されている日本全国の和紙の産地をいつかひとつずつ廻ってみたいという想いがまた強くなりました。

designbook006.jpg


関連エントリー

印刷用紙辞典 D'CRAFT
印刷用紙辞典 てまりコレクション
印刷用紙事典 モフル
印刷用紙事典 OKフロートとOKムーンカラー
印刷用紙事典 ポルカとブンペル
【印刷用紙事典】番外編 マイクロメーター
印刷用紙事典 モンテルキア
【印刷用紙事典】タントとまんだら
【印刷用紙事典】ケナフペーパーがなくなる!?
印刷用紙事典 番外編 モンテシオン見本帳差し上げます!
印刷用紙事典「モンテシオン」
印刷用紙事典「マットコート」
印刷用紙事典「ヴァンヌーボ」
印刷用紙事典「書籍用紙」
印刷用紙事典番外編「takeopaper.com」
印刷用紙事典「アラベール」
印刷用紙事典番外編「紙名手配」
印刷用紙事典「アート紙」
印刷用紙事典「和紙」
印刷用紙事典「ミラーコート紙(キャストコート)」
印刷用紙事典「ユポ紙(合成紙)」
印刷用紙事典「上質紙」


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

richard-201405-06.jpg

いささか旧聞に属しますが、先月大徳寺塔頭の黄梅院で催された、陶芸家・利茶土ミルグリムさんの茶陶展の案内状(ダイレクトメール)を制作させていただきました。

利茶土(リチャード)・ミルグリムさんは、アメリカ・ニューヨークに生まれ、1977年に初来日して日本語を勉強し全国の窯元を巡ったのち、一旦帰国し大学を卒業、偶然ニューヨークで当時裏千家15代御家元だった鵬雲斎大宗匠との出会いを経て、1979年に再来日、京都の陶芸家岩渕重哉氏に師事するとともに裏千家「みどり会」に入学、その後茶陶の代表的な窯元、萩12代田原陶兵衛・備前藤原 雄・美濃加藤光右衛門の3作家の元で修業し、茶陶の道の探求を深めて来られました。
そして今も、30年前に築窯し、鵬雲斎大宗匠より窯名を授かった「利茶土窯」を拠点に、伝統を踏まえた上で新しいスタイルを追求した作陶に挑まれています。

richard-201405-07.jpg

今回の展覧会は、その利茶土窯の30周年記念展第1弾として、利休ゆかりの大徳寺で開かれた個展でした。
弊社ではその展覧会の案内状(ダイレクトメール)と封筒のデザインと印刷でお手伝いをさせていただきました。

richard-201405-05.jpg richard-201405-04.jpg

richard-201405-01.jpg richard-201405-02.jpg

製作スタッフ
営業担当:井上克美
DTP担当:中塚政裕(からふね屋)
印刷管理:株式会社からふね屋

仕様(DM)
判型:A4判
紙質:アラベール ホワイト 4/6判 110kg
印刷:オフセット印刷 4C(両面)

仕様(封筒)
判型:長3判マッペ
紙質:ハーフカラーホワイト 104.7g/㎡
印刷:オフセット印刷 1C(両面)

関連エントリー
【製作実績紹介】去風会だより
【製作実績紹介】茶道文化検定 ポスター・チラシ・広告
【製作実績紹介】日皮協ジャーナル
【製作実績紹介】新谷ダンス道場 謝恩祭プログラム・チケット
【製作実績紹介】東京ますいわ屋様夏のファミリーセールDM
【製作実績紹介】過去のあれこれ
【製作実績紹介】Monster Project 2012
【製作実績紹介】池田瓢阿 父子竹芸展
【製作実績紹介】東山堂様 剣道防具カタログ
【製作実績紹介】総本家河道屋様の復刻本と節分年越しそば
【制作実績紹介】「立春」色紙
【制作実績紹介】東京ますいわ屋様2011年版カレンダー
昭和7年の南座顔見世プログラムと芸事番組の弊社製作実例
【制作実績紹介】KAVC 1floor フライヤー&ポスター
【制作実績紹介】画集刊行記念「瀧下和之展」in 京都髙島屋
【制作実績紹介】第15回笠井季美個展「顔彩で描く心の彩」
【製作実績紹介】山岡多美子様 絵はがき 笠井季美個展「顔彩で描く心の彩」in 岡山
水墨わんこ展
【ゆあぶっく】第14回笠井季美個展「顔彩で描く心の彩」



にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

tm_yukata2014_01.jpg

梅雨入り間近だというのに、今日は降り注ぐ陽射しが真夏を思わせるような陽気になりましたが、いよいよ夏本番ももうすぐのこの季節、今年も、もはや恒例となりました東京ますいわ屋様ウェブサイト内のゆかたコレクション「ぶるじょわずがーるず」特設ページの更新を担当させていただきました。

例年どおり、クライアント様の方でモデル撮影された画像をご支給いただき、昨年に引き続き基本デザインはそのままで構成しています。

撮影は今年も京都で行われたようで、恵文社一乗寺店新風館などの人気スポットをロケーションに夏らしい大人の浴衣が映えています。

今年は祇園祭で150年ぶりに大船鉾が巡行に復帰し、後祭りでも山鉾巡行が復活するなど京都の夏の賑いがさらに彩りを増し、お出かけの機会もたくさんありそうです。。
ぜひこの機会に素敵な浴衣を誂えて、夏情緒を十分に楽しみましょう。

2014年東京ますいわ屋浴衣特設サイト「ぶるじょわずがーるず」

製作スタッフ
WEBデザイン・コーディング:中塚政裕(からふね屋)
画像・コンテンツ:クライアントご支給

また、同じく東京ますいわ屋様のふりそでコレクション「はなさき」特設ページもリニューアルしています。併せてご覧ください。

2014年東京ますいわ屋ふりそでコレクション「はなさき」

TM_furisode2014.jpg

製作スタッフ
WEBデザイン・コーディング:中塚政裕(からふね屋)
画像・コンテンツ:クライアントご支給

関連エントリー
ホームページ用サーバーの準備もお任せください!
【制作実績紹介】池田瓢阿ホームページ
【制作実績紹介】きもの百科イトカワ様ウェブサイト
【制作実績紹介】丸久小山園様ウェブサイト一部リニューアル
【製作実績紹介】東京ますいわ屋様2013年浴衣サイト
【制作実績紹介】東京ますいわ屋様ふりそでウェブサイト
【制作実績紹介】からふね屋ウェブサイト・リニューアル
【制作実績紹介】唐船屋ECサイト リニューアルオープン!
【製作実績紹介】東京ますいわ屋様ゆかたコレクションサイト
【制作実績】東京ますいわ屋様ウェブサイトリニューアル
東京ますいわ屋 NEW CONCEPT SHOP
ゆかたコレクション2010【東京ますいわ屋様】
ゆかたCollection2009【東京ますいわ屋様 WEB SITE】
【製作実績紹介】寺田薬泉工業株式会社様 ウェブサイト
ピアニスト 三木裕子様 ウェブサイト
新古御茶道具 青芳堂 ウェブサイト
受賞のお知らせ
ホームページ製作



にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

small-shikishi-02.jpg

今回の【制作実績紹介】は、寸松庵(すんしょうあん)サイズというミニサイズの色紙のオンデマンド印刷による複製作品をご紹介します。

ご依頼いただいた五条一馬様は、

"54歳で眼病で失明し、孤独と絶望の中で色々な人に支えられながら支えてもらう中で2頭の馬に出会い、生きる勇気と感動と喜びをもらい、自分自身のこれからの人生の中でこれからの自分の人生の学びとして障害者うまっこの会「心に花を咲かせようプロジェクト21」を設立"(五条一馬HPより引用)

そんな中、日々の生活の中、ふと感じた事を自分の言葉で 伝えられたらいいなと思い色紙を作られ、誰にでも分かりやすい 短い文で癒しや励まし、四季折々の言葉 ユーモアあふれる、など絵と共に表現されています。

そしてこれまでも

  • 五条一馬ことばのアート展(平成26年1月22日~26日)京都市中京区万華鏡ミュージアムにて
  • 平成26年4月26,27日 草津駅前 ギャラリー風の門にてご友人の作品展に特別参加

などで発表の機会をもたれてきたほか ご家庭やカフェ・旅館・ホテルなど様々な場所にインテリアとして好評を得られているそうです。

ことばの花工房:http://kazuma5.net/hana/

small-shikishi-03.jpg

この案件ももともと依頼主のお知り合いのデザイナーの方が弊社のホームページをご覧になりお問合わせをいただいたのがきっかけでいただいたご縁です。

実際にはご依頼主からお預かりした寸松庵サイズ(121×136mm)の原画色紙からスキャニングしたデータに色補正を施したのち、弊社のオンデマンド機で「竹ドーザ紙」という色紙で一般的な紙に印刷し、その後色紙仕立てを専門の業者さんにお願いして仕上げました。

仕様
サイズ:寸松庵(121×136mm)
紙:竹ドーサ紙
印刷:オンデマンド印刷 


製作
原画:五条一馬
印刷・色紙加工管理:株式会社からふね屋

small-shikishi-01.jpg

因みに寸松庵とは通常の色紙の1/4の大きさで、1/4色紙とかミニ色紙とも呼ばれていますが、もともと「寸松庵色紙」とは、『古今和歌集』四季の歌を抜き書きした粘葉装冊子を、分割して色紙形になったもので、織田信長の家臣で茶人の佐久間実勝の塔頭寸松庵の旧蔵にあったことからこの名があり、「継色紙」、「升色紙」とともに平安時代屈指の「かな書」の名筆(古筆)である三色紙のひとつに数えられています。

この他にも色紙のサイズには一番ポピュラーな大色紙をはじめ、小色紙、短冊並巾、短冊広巾など多様な大きさにも対応し、各種タトウ紙も既成品を併せて取り揃えていますので色紙制作をお考えの方はお気軽にご相談ください。

f0111623_15221954.gif
電話      075-761-1166  
FAX       075-771-8539


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

syutansochi.jpg

先週の金曜日、仕事を終えて、PCを落として帰り支度を始めようとして、ふっと気づくと社内の無線LANにアクセスしている自分のスマホがネットにつながらなくなっているのに気付きました。
そこでPCを見てみるとこちらもブラウザに「インターネットにつながりません」というダイアログが出ているではありませんか!

どうしたんだろうと思案しているところに電話がかかってきて、こんな時間(20:00ぐらい)にどこからかと出てみれば、ゼロックスさんのサービスセンターからで、弊社が契約しているbeatというセキュリティシステムで弊社のネット環境を24時間監視してもらっているので、接続異常を感知して連絡をもらったのでした。

電話からの指示にしたがってLANケーブルの接続不良や断線などの可能性をひとつひとつ潰していった結果、光回線を取り込んでいる終端装置の正常を示すパイロットランプが消えていることに気付き、どうやらこれが原因だと究明できました。

そこで、NTTさんに連絡して機器を交換してもらうことにしたのですが、ゼロックスさんから念のため一度装置のコンセントを抜いてしばらく放電してみることを先に進められていたので試しにやってみたら、なんと終端装置のランプが正常を示し、インターネットに接続できるようになりました!!

結局は、この光回線の終端装置もすでに13年以上も同じ機器を使っていたので寿命ではあろうと判断して、翌朝NTTさんに電話をして事情を説明したら、土曜にもかかわらず迅速に対応してもらい、午前中には無事新しい終端装置に交換してもらえました。

それにしてもつくづく思ったのが、インターネットはもはや本当に欠かすことのできないライフラインとなっていて、例えばもし金曜の夜にネット環境が回復していなければ、土曜の朝から営業するにあたって、まずメールやデータを送受信できない、ウェブから必要な情報やサービスを引き出せないなど、通常業務が著しく制限されてしまいます。

まさに「印刷屋を殺すにゃあ刃物はいらぬ、ネットが三日も止まればよい」とパロってみたくなるぐらいいつの間にかインターネットにつながっているということが必要不可欠になっていることを改めて強く認識させられた出来事でした。

でも考えてみたら、これって今や殆どの業種に当てはまりますよね?!


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

mumeisya.jpg

今年のゴールデンウィーク休みは、京都市内で開催中の第2回京都国際写真フェスティバル(KYOTO GRAPHIE)全15会場の完全制覇をめざして洛中を歩きまわっていました。

shimogamo02.jpg shimogamo01.jpg

まずは下鴨神社からスタート、細殿で展示されていた広川泰士氏が90年代初頭、象徴的な現代日本の風景として捉えた日本全国の原子力発電所の風景写真をみて、

Institut-francais01.jpg

Institut-francais02.jpg

次に昔は日仏会館と呼ばれていた京大近くのアンスティチュ・フランセ関西へ移動、フランス国立造形芸術センター(CNAP)所蔵の写真コレクションの生態学と哲学を組み合わせた新しい思想、「エコソフィ (Ecosophy)」をテーマにしたビジュアル作品を見るも、これは正直よくわからないので、早々に南禅寺近くの無鄰菴へ移動、

murinan02.jpg

murinan01.jpg

murinan03.jpg

murinan04.jpg

ここではフランス最優秀職人の称号を持つバカラの25人の職人の手を撮影したシリーズが展覧されていて、こちらも素敵な写真だったのですが、何よりも七代目小川治兵衛作のお庭が、天気も良かったこともあって本当に素晴らしかったです。

tomiyo.jpg

次に祇園へ移動、祇園を代表するお茶屋のひとつ富美代さんのギャラリー「ASPHODEL」へ、1960 -70 年代の日本の写真家とグラフィックデザイナーにより作られた伝説の写真集と、現代の写真家の写真集を対比されていて、私が訪れたときは川内倫子氏の300部限定の巻物形式の写真集が展示されていました。

kagizen.jpg

そのまま近くのくずきりの鍵善良房さんのギャラリー「鍵善寮」で、アニエスベープレゼンツの写真家J.D.オカイ・オジェイケレの作品を鑑賞、

murakamijyu.jpg

四条木屋町を下がって、お漬物の村上重本店さんのギャラリーで同じくアニエスベーがアンダーグラウンドの創作から発掘した若手アーティストの作品をみてから、もう一度北に移動、

kodokan.jpg

和菓子の老松さんの「有斐斎 弘道館」でフランスの雑誌『ル・モンド』が日本の現代写真家12名を選び、東京の自然を撮り下した企画『ネイチャー・イン・トーキョー』の出版と連動して展示をみたのですが、ここでも床の間に飾られていた村瀬貴昭さんの作品におもいっきり惹かれてしまいました。

toraya.jpg

またまた近所の虎屋さんのギャラリーで便利堂さんのコロタイプ印刷で和紙にプリントされた澁澤明子氏の作品を拝見し、今度は南に下がって、

ryudai01.jpg ryudai02.jpg

西本願寺の西南にある龍谷大学大宮学舎本館で伝説的なファッション写真家「リリアン・バスマンの仕事」を鑑賞、これが私の今回のフェスティバルの中でのイチオシで、戦後間もなしの頃からこんな斬新で自由なファッション写真を撮っていた女性がいたことは大変な驚きでした。

kyoto_st.jpg kyoto_st02.jpg

1日目の最後は京都駅ビル7階東広場で、西野壮平氏の京都を含めた世界中の都市風景のコラージュ的な俯瞰写真を楽しみました。

bunpaku.jpg

2日目は前日の晴天と打って変わってそぼ降る雨の中を京都文化博物館別館からスタート、アーティスト高谷史郎のインスタレーションによるNASAの調査衛星によって撮影された高解像度の火星の地表の写真をみて、

shimadai.jpg

御池通をわたって、嶋臺ギャラリーでは、ティム・フラック氏の7年以上の年月を費やし、じっくりと時間を掛け動物との距離を縮め、心を許した瞬間に現れる一瞬の表情を捉えた美しい動物のポートレート写真、

kondaya01.jpg kondaya02.jpg

室町通を下がって、呉服問屋の誉田屋源兵衛さんのお店の奥にある蔵を改築したギャラリーでは、世界中の紛争問題や環境問題など様々な瞬間を捉え、発表してきた報道写真家スタンリー・グリーン氏の作品、

geijyutsu_center.jpg

旧明倫小学校跡の京都芸術センターでは、再びフランス国立造形芸術センター(CNAP)所蔵の写真コレクションの生態学と哲学を組み合わせた新しい思想、「エコソフィ (Ecosophy)」をテーマにしたビジュアル作品をみて、

mumeisya.jpg

いよいよ15箇所目の無名舎で、報道写真家集団マグナムのメンバー・ワーナー・ビショフが約一年間を日本で滞在し、報道写真家としての鋭い視線と芸術家としての美意識を合わせ持ち撮影した戦後復興期の日本の姿を鑑賞して、無事第2回京都国際写真フェスティバルの公式プログラムの完全制覇達成しました。

なお、第2回京都国際写真フェスティバルは一部のプログラムを除いて明日5月11日(日)まで開催されています。


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

koyamaen_ebook10.jpg

2年前から弊社でサービスを開始した電子カタログ制作ですが、新たにHTML5版が正式に作成できるようになりました。

これまで弊社が採用していたシステムではFlashを使って表示していたため、FlashがインストールできないiOSやAndroidOSのスマートフォンやタブレット端末では無料専用アプリをインストールする必要があったのですが、HTML5版では、アプリをダウンロードせずにスピーディにブラウザのみで電子ブックを閲覧できるようになりました。

もちろん従来のFlash版やアプリ版に搭載されていたページめくり機能をはじめ、目次やサムネイル一覧、さらには検索機能などもこのHTML版に付随しています。

koyamaen_ebook11.jpg iPhoneでHTML5版を表示

koyamaen_ebook08.jpg 検索画面


また、アクセス分析機能も充実し、ページ毎の閲覧数、拡大数、検索を行った回数、リンクが押下された回数などの情報を視覚的に把握することができるようになりました。

さらには「ヒートマップ」型の解析結果表示を行う機能もあり、紙面の拡大数が多い部分(よく見られている部分)が赤色に、拡大回数が少ない部分が青色から無色に表現され、カタログやパンフレット等にある、どの商品に関心が高いかを視覚的に捉えることができます。

capt01.jpg

この電子カタログを導入すれば、ユーザーや顧客向けにカタログやパンフレットを公開する目的のほか、特にメーカーや問屋さんの営業マンの方々は、スマートフォンさえ持っていれば、重たい紙のカタログを常時かばんに入れておく必要がなくなり、いつでもどこでもカタログの閲覧が可能になります。

この電子カタログを実際にご覧になりたい方は、弊社クライアントの株式会社丸久小山園様の商品のご案内ページでこのシステムをお使いいただいていますので、是非ご参照ください。


http://www.marukyu-koyamaen.co.jp/products.html

koyamaen_ebook07.jpg

koyamaen_ebook04.jpg PC用のFlash版

koyamaen_ebook03.jpg PC用のHTML5版

koyamaen_ebook05.jpg HTML5版の検索機能

この電子カタログについてのお問合わせは、

f0111623_15221954.gif
電話      075-761-1166  
FAX       075-771-8539


までお願いいたします。

関連エントリー
【制作実績紹介】丸久小山園様ウェブサイト一部リニューアル
【製作実績紹介】淡交社様電子カタログ
【製作実績紹介】ちりめん山椒やよい様電子カタログ
【制作実績紹介】電子カタログ始めました!


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

karafuneya_HP_01.jpg

これまでも、このブログ「印刷見聞録」では、制作実績紹介を中心にホームページ制作をご案内してきましたが、遅ればせながら弊社のウェブサイト「印刷の悉皆屋」の中にホームページ制作に関する情報を掲載したページを増設しました。
「印刷の悉皆屋」TOPページの右上にメニューボタンが出来ましたので、ぜひ一度ポチッとクリックしてご覧ください。

ところで、これまでのお客様には、ホームページを開設するにあたって、運用サーバーはお客様自身でご用意いただくか、弊社がレンタルサーバー会社をご紹介して、その会社とお客様の間でご契約をお願いしていたのですが、どうしても契約の際に耳馴染みのない専門用語が出てきたりしてわかりにくかったり、内容が間違っていないか不安に感じたりと、お客様にはいろいろとご不便をお掛けしていました。

そこでこのたび、新たに弊社がサーバー会社と提携して、WEBサーバーとメールサーバーのレンタル取得とその維持管理について弊社がすべての手続きを代行してお客様にご提供できることになりました。

ということは、お客様サイドでは煩雑な契約書の記入や手続きなどが一切必要なくなり、ホームページのデザイン・制作からその公開、維持・管理までのご依頼をワンストップで、つまり弊社とのお取引のみで行うことができるようになったのです。

さらに、このサーバー提供と維持管理に併せて、ホームページの保守や更新、さらにはアクセス分析や運用アドバイスまでをワンパッケージにした月額5,000円(税別)の定額制「サーバー+ホームページ保守更新サービス」を始めました!

DM-posthing-2.jpg

詳しくは「ホームページ制作」サイトをご覧いただきたいのですが、このサービスの開始を記念して、これも今回はじめてご用意した「ホームページ制作ベーシックプラン」(キャンペーン価格税別125,000円)と「サーバー+ホームページ保守更新サービス」を同時にご契約いただいた方に、Googleが開発したAndroidOSを搭載した最新タブレット「NEXUS7 2013モデル」(16GB)を、なんともれなく先着10名様にプレゼントする太っ腹キャンペーン(2014年12月末日まで有効)を実施します!

Nexus-7-2013.jpg

ぜひこの機会に、ホームページの新規開設や、リニューアルをご検討中の方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問合わせください。

f0111623_15221954.gif
電話      075-761-1166  
FAX       075-771-8539


関連エントリー
【制作実績紹介】池田瓢阿ホームページ
【制作実績紹介】きもの百科イトカワ様ウェブサイト
【制作実績紹介】丸久小山園様ウェブサイト一部リニューアル
【製作実績紹介】東京ますいわ屋様2013年浴衣サイト
【制作実績紹介】東京ますいわ屋様ふりそでウェブサイト
【制作実績紹介】からふね屋ウェブサイト・リニューアル
【制作実績紹介】唐船屋ECサイト リニューアルオープン!
【製作実績紹介】東京ますいわ屋様ゆかたコレクションサイト
【制作実績】東京ますいわ屋様ウェブサイトリニューアル
東京ますいわ屋 NEW CONCEPT SHOP
ゆかたコレクション2010【東京ますいわ屋様】
ゆかたCollection2009【東京ますいわ屋様 WEB SITE】
【製作実績紹介】寺田薬泉工業株式会社様 ウェブサイト
ピアニスト 三木裕子様 ウェブサイト
新古御茶道具 青芳堂 ウェブサイト
受賞のお知らせ
ホームページ製作
【製作実績紹介】淡交社様電子カタログ
【製作実績紹介】ちりめん山椒やよい様電子カタログ
【制作実績紹介】電子カタログ始めました!


にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログ100選

前の10件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

からふね屋

株式会社からふね屋は大正10年創業の印刷会社です。

からふね屋が運営している「紙と印刷」製品のショップです。

からふね屋の自費出版部門です。

1本からオリジナル扇子をつくることができます

アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

堀尾武史
株式会社からふね屋 代表取締役

昭和36年生まれの丑年
京都生まれ京都育ちの印刷屋四代目社長。
小学1年から大学4年まで剣道にひたすら明け暮れ、一応各年代で全国大会には出場、入賞なども果たす。
同志社大学卒業と同時に親戚の印刷会社で修行、ここで大いにしごかれ現在に至る。
自社にあった活版印刷から写植、フィルム時代を経て現在のDTPまでひと通り印刷については経験、美しい印刷を愛す。
趣味はお酒とアート鑑賞、読書、音楽(JAZZ・ROCK・POP・REGGAE・CLASSICなどオールランド)、TV鑑賞(ガイアの夜明け・カンブリア宮殿・たけしアートビートなどがお気に入り)、ウォーキング。