ワンポイントアドバイス

扇子のデザインは描いた時と、仕上がりで大きく印象が変わります。それは、『折り』の加工によるものです。折りの行程によって、左右の大きさも変わりますし、陰影もできます。もちろん、自由に制作していただきたいので「絶対にこうしなければなりません」というものではないですが、知っていたら、より良いものができると思いますので、ここで紹介するポイントを参考にしてください。


描いたものが細くなる?

扇子は「折り」の加工が入るので、イメージが少し縦細りします。
例えば、「まる(正円)」などは特に顕著に現れますが、絵柄によって気になるものと気にならないものがあります。

one-point01.jpg


線が歪んで見える?

縦横に直線などを配置したイメージは「折り」によって下方向に反ったように見えます。
横に引いた線が下方向に湾曲して見えたり、縦に引いた線が角度によって「ハの字」のように歪んで見えることもあります。
できるだけ扇子の形に沿って絵を描いたり、イメージを配置することをオススメします。

one-point02.jpg



このようなイメージの扇子を作りたいと思ったら

one-point03.jpg

楽しんで製作していただきたいので、あくまでも参考に
1

ショッピング

キットの販売や追加のご注文は株式会社からふね屋が運営しております、GALLERY & SHOP 唐船屋にて行っております。会員登録はしなくてもご購入いただけます。